たった2,500円でシャークフィンアンテナを取り付ける方法

車の天井に付いている黒いアンテナは、実は簡単に取り外せます。
くるくる回すだけで、取り外しできます。幼稚園児でもできますね。

この黒いアンテナは、実はかなり空気抵抗になっています。寝かしたり立てらせたりできますが、これのデメリット
・立体駐車場や洗車機に入れる時に折りたたまなければならない
・見た目がごつい、ださい
・その割にはラジオの受信にしか使っていない(一部車種)
・他の車もつけているので差別化できない

これを、シャークフィン(別名ドルフィンアンテナ、フカヒレ)に交換します。
特に安い車の場合はディーラーオプションでも用意されておらず、入手できません。
もしオプションがあったとしても、1万円以上の出費は確実。車種によって2~4万円なんてことも。
そこで、市販品を取り付けます。(※取り付けても数年後には取り外し可能ですし、査定にもほぼ影響しません)
例えばアマゾンにある数千円の商品。
車種別のカラーに塗色した商品も出ていますが、そうなると8,000円以上かかってしまいます。とりあえずつければいいという人は安いものでいいでしょう。

取り付けも簡単で、付属のネジでアンテナを接続して両面テープで固定するだけです。
走行中に外れるのではないかと不安かもしれませんが、そういう方は一応以下の商品の購入もお勧めします。
これは接着促進剤で両面テープの接着力をより強力にするものです。強力すぎて臭いが強かったり皮膚に影響があるほどの業務用製品です。
あらかじめ接着場所に塗る形で使用します。※接着場所以外に塗ると塗装ハゲの原因になるので注意

この形状のアンテナを着けると、以下のメリットがあります。
・受信感度は大きく変わらない
・立体駐車場で悩まない
・他の車と差別化できるので駐車場で見つけやすい
・直進安定性が向上する =これはハンドル修正が減り、走行中の疲れが減ることを意味します
・加速がよくなる
・風切り音が減る
・燃費がよくなる =3,000円程度のアンテナなら1年以内に元取れるかも

取り付けの仕方ですが、厳密にまっすぐでなくても構いません。
大体まっすぐになっていればOKです。

じゃあなぜこんないいものを、低価格の車にはつけないか。
それはコストの関係だからです。低価格の車のユーザーは風切り音や見た目は気にせず、単にラジオが聴ければ良いとしか思っていないからです。
一方、燃費を追求するアクアでは既に標準装備ということからも、空力に影響があるのは間違いないです。
もしまだ黒いアンテナだ、という人はぜひシャークフィンをご検討ください。DIYで誰にも頼まず10分ほどでサクッとできます。

ヤフーニュースが「訳」と書く訳

ヤフーニュースは10年ぐらいほぼ毎日見てきているが、2017年に入ってから、取り上げるニュースに違和感を感じてきている。
その違和感とは、質が下がったように感じることである。

ヤフーニュースは、基本的に自社ではニュースを作らず、提携社のニュースを配信する形式を取っていて
膨大なニュースの中からトップページに掲載する物を担当者が選んでいるようだが、それにしても最近はおかしい。

昔は政治や経済のニュースがトップページに出てくることが多かったが、
最近は教養や無駄な知識、当たり前のことを今更?みたいなPV取りに舵を切った感は否めない。
「人がパスワードを入力する時視線を外すのは常識?」って、そりゃ常識でしょ、としかいいようがない。キロポストの意味、中古車選びで水没車に注意、トイレットペーパーのシングルやダブルなんて、教わらなくてもわかる。
ある意味常識が通用しなくなった世の中だから私が教えてあげますよ、ってそんな感じも否めない。
だいたい疑問符がついているニュースなど、ニュースではない。

例えば以下のようなタイトルになっていることが多い。
○○の訳
○○はなぜ○○か?
○○はなぜ起きる?
○○はもう古い?
○○のメリットは?
○○の対策は
○○の実態は
○○の背景は
○○の狙い
○○の意味は

個人ブログや個人サイトで取り上げるのは結構だとしても、国内トップクラスで大きな金も動いているサイトである。
ニュースだから何でも良いだろといわれればそこまでだが、やはり新聞と同じような質を求めるユーザーは多いので、
昔のように政治や経済を中心とした構成に戻すべきである。
写真を見ると一つのカテゴリは8つで構成されているが、この日は4つ、つまり半分が個人ブログの内容のタイトルである。アクセス数稼ぎの”釣り餌”はせめてカテゴリあたり1~2つにすべきだろう。

そのようなニュースではアクセス数が取りづらくなっている世の中である事も認めるが、だからといって質の低いニュースを質の低い見出しでトップページに掲載するのはいかがなものかと思う。新聞だって1面は真面目だ。
提携配信という形を取っている以上、提携先の記事の質が下がればそうならざるを得ないのかもしれないが、それなら質の低い記事とは契約を解除するなど、「サイトの質」が問われている時代にサイトの質を考えないのは改めるべきであろう。
今後の改善に期待したい。

公式サイトより詳しい!ホンダセンシング使い方・条件まとめ

「作動には一定の条件があります」というホンダセンシングですが、どういう条件なのか、具体的なシチュエーションをまとめてみました。歩行者ももちろん認識します。
例外・・・速度以外で、その条件下ではその機能は動作しないことを示します。
条件・・・速度以外の追加条件を示します。
※ホンダは「自動運転」という言葉は使わないようです

衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)
5km/h以上
※対向車、歩行者に関しては80km/h以下
歩行者も認識。他社では速度上限があるが、速度上限がないのは良心的。国のテストの結果を見ると50km/h程度減速している様子。ドライバーが警報時にブレーキを踏めばさらに減速できる可能性。

誤発進抑制機能
10km/h以下
停止時からの前車、コンビニガラス、塀、建物等への誤発進を抑制する機能。

歩行者事故低減ステアリング
10km/h~40km/h
例外:加速、ブレーキ操作、急なステアリング操作、ウインカー作動中
主に繁華街、駅前、都心、市街地等での密集地における居眠りが原因の歩行者への飛び込み防止を想定していると思われます。
高規格道路では速度条件を超えるため、機能しません。独立した機能として宣伝されていますが、歩行者を見つけたらよける機能も搭載してますよ程度の解釈で。あまり効きすぎないようになっているようです。ウインカー作動中は動作しないため、右左折時の事故は防げません。

路外逸脱抑制機能
60km/h~100km/h
条件:路外逸脱抑制ボタンがオンで、カメラが車線を認識している状況(デフォルトはオン)
これはLKASとは独立して機能します。LKASとは異なり常時ハンドルの制御はせず、条件に当てはまる場合で車線逸脱の可能性がある時のみドライバーに警告し、ハンドルを戻す力を出します。ドライバーによる宣言ボタンの押下は不要です。
わざとずらした場合は警告しません。居眠り等、なめらかに逸脱が認められる場合に警告します。
これに関して、独立した機能である事をメーカーはあまり説明をしていません。
速度条件の範囲になった時点で自動的に車線を読み、路外逸脱抑制機能が開始されます。
※一部サイトで「ホンダセンシングの自動ステアリングは車線逸脱時にステアリングの微修正しかしない」とありますが、それはこの機能だけのことを言っていてウソです。きちんと車線もトレースします。詳しくは以下のLKASを参照



ホンダセンシングの目玉は、以下のACCとLKASです。

ACC(追従機能付オートクルーズ)
30km/h~100km/h
例外:ブレーキ操作
条件:ドライバーがMAINボタン+SETボタンを押下し、前の車を認識している状況で、希望車速を設定すること(設定済みの場合はRESボタン押下で省略可能)
速度を設定すると、その速度でドライバーがアクセル等の操作をしなくても走り続けます。
ドライバーがSETボタンを押下し、最大希望車速を1km/h単位で設定することでその希望車速の範囲内で追従します。車間距離は専用のボタンで三段階で設定可能。
途中で車両が割り込んだ場合:その車両に合わせて追従
途中で車両が離れた場合:設定速度まで加速
※停止等、極端に速度差がある前車は追従できません。そのまま放置していると自動ブレーキ作動となります
支援車速範囲ですが一般型の30~100と、全車速対応(渋滞対応)の0~100のものがありますが、ここでは一般型について話をします。全車速対応のホンダセンシングは上位車にしか現在導入されていません。
前車を見つけるor見失うとピッと音が鳴ります。
0~30は支援されませんので、ドライバーによる手動減速および手動加速が必要になります。実際には減速の際は20程度までブレーキがかかります。
手動減速は自動ブレーキが効くからしなくても良いのではという意見もあるかもしれませんが、一応自動ブレーキは効きますが、自動ブレーキによって必ずしも停止できる保証はありません。一般道で使う場合は必ず信号を確認してください。前車がいない状況で赤信号での手動減速を怠った場合、事故の危険性があります。
また、急な割り込みや一度見失った場合は、前車を見つけない場合もありますのでディスプレイの確認および手動ブレーキが重要です。
実際は遠くに前車がいるのに車が認識しない場合は、クルコン扱いとなり希望車速まで加速するので注意が必要です。加速が足りないと思う場合はドライバーが手動でアクセルを踏み加速させます。ドライバーがアクセルを踏み希望車速を超えている状況では、ドライバーの制御を優先します。

LKAS(車線を読取りハンドルを自動制御)
65km/h~100km/h
例外:30秒程度ハンドルから手を離した時、急なハンドル操作をした場合、ウインカー作動中、ワイパー3段目以上
条件:ドライバーがMAINボタンを押し、車線維持ボタンを押すこと(設定済みの場合はRESボタン押下で省略可能)
ドライバーが宣言ボタン(車線)を押下することで開始されます。実際は63km/hから開始で、60km/hを切ると終了します。
若干右よりの運転になることを確認しています。
制御が終了した時、ピーと音が鳴りますのでディスプレイ表示を確認してください。
支援機能なので完全にハンドルの制御が取られるわけではなく多少の修正が可能で、ウインカー無しで隣の車線に移ろうと思えば強い力を加えると強引に制御を剥奪することも可能です(急に死骸等をよける場合など)。
薄い車線や車線が無い場合、特殊な車線等は読み取れずに制御が一時的に途切れることがあります。常に補正してくれるわけではありません。
必ずしも車線が一定以上の基準で引かれているとは限らない一般道では、使うのは難しいと考えた方がよいでしょう。
雨が降っていても読みますが、台風等でワイパー3段目や最速にした場合は解除となり手動運転となります。
LKAS動作中に隣の車線が線ギリギリで運転してきたらひやっとすることも。危険を感じた場合は手動操作で。
一度設定していれば、下り坂で加速した場合でも速度が条件の範囲内になると作動します。
メーカー曰くユーザーによる補正機能を搭載しているとのことで、100km程度走ると左寄り・中央・右寄りなど自動でユーザーの好みを学習するそうです。設定画面での設定はできません。
このページは分割されています。続きを読む