miwaと西野カナは同じレコード会社だった!

最近ネットで重いだのなんだのと叩かれている西野カナであるが、西野カナが叩かれる時にいつも比べられ、持ち上げられるのがmiwa。
全体的に西野カナのように重くはなく、軽めの曲調。
「好き」や「会いたい」といった男にこび売るような直接的な歌詞もなく、カラオケで男女ともに歌いやすく人気である。
控えめな表現を好む関東のドンといった感じか。
レコード会社のことはテレビではタブーなのか報道されず、知らない人も多いのではないだろうか。
だからなに?といわれそうだが、レコード会社は曲調までも変えてしまうアーティストにとってすごくウェイトの大きいものなのだ。

今は知らない人はいないほどの国民的アーティストに成り上がったが、最初は「YUIの二番煎じか?」などと叩かれることも多かった。
1stシングルの「don’t cry anymore」も良い曲ではあるが、どこかパンチが足りなかったようで、全国的に流行ったのは2012年8月の「ヒカリへ」だろう。
今までのアーティストとは一線を画したPVが人気になり、そのまま紅白出場への階段を駆け上がる。
このときに歌だけではなく本人の顔・性格などいろいろなところが見られることになるが、歌詞にもあるような謙虚な性格、しかも現役女子大生(今は卒業)が更に活躍を後押ししたようだ。
その後は連続で紅白出場を果たし、以後の活躍は皆様の知るところであろう。

 

ギターの歌い語りも、どこか活動休止(後に再開)のYUIを思い起こさせるテイストがある。
実はYUIも、同じソニーミュージックである。

つまり、YUIの後輩を育てることが必要であり、新人の条件として歌が歌えてギターが弾ける子をよいしょしたい思惑があったのだろう。
なぜなら、歌がうまい子は世の中にたくさんいるわけで、歌+αができないと将来的な活躍が難しいのはYUIを見れば明らか。
たしかに歌だけ歌えればYouTubeで人気になるぐらいですからね。売り出すからには取り柄がないと。
YUIとテイストこそ異なるが、誰かの応援歌を作っているのも同じである。
恋愛前の片思いをmiwa、恋愛中(でもなぜか会えない)が西野カナというとわかりやすいか。
スマホ世代がmiwa、ガラケー世代が西野カナ。西野カナの歌詞には、普通にメールという言葉が出てくる。関東出身か、関西出身かも違いの一つである。

同じレコード会社の後輩として、負けてはいられないという面があるのだろう。
ただ最近残念なのは、本人の歌いたい曲から離れているのかな?数字取りにいってるのかな?という感じの曲調に変わってきているような気もする。
どのアーティストもここに葛藤し、最悪辞めていったりするわけであるが、これは有名税であり仕方のないこと。
有名になればなるほど、自分のやりたいことはできなくなり、ただ事務所の数字をとりにいくだけの音楽になってしまう。
そんなことない!というファンもいるだろうが、本当のファンならばこういうところも受け入れていかなければならない。

 

西野カナは次世代の宇多田ヒカルといわれてもおかしくないほどの、絶対的音感を持っている。メロディに関しては完璧。
まぁいわゆる天才ってやつですね。
これは気のせいかもしれないが、西野カナのサビ近辺は2秒ごとに高音を発している。「売れる曲」の法則にリズムが関係しているような気がする。
歌詞がもう少し上手いことやってくれれば良いんですが、なぜか重くなってしまうみたい。
今までのリリースで、一通りアーティストが網羅するメロディや曲のパターンは押さえたので、ネタ切れ気味という感じはするが。

 

さて、そこら辺のJKをかき集めたAKBが壊滅してしまった途端に、miwaや西野カナの曲のリリースが増えてる気がするのは気のせいだろうか。
(握手会襲撃事件から勢いが弱まった。絶頂期に事件が起きるのは誰でもそう)
秋元康の握手券ビジネスは間違ってはいないんだが、真面目に曲を作っている人の制作意欲を下げてしまった点でマイナスであるし、
曲として見ても、やはり焼き増し曲で中身がないなと感じてしまうのは私だけではないはず。

AKB登場前のような、純粋な曲で勝負してくれるアーティストが戻ってきてくれることを切に願う。

缶コーヒー・ゼロ飲料が病気になりやすい1つの理由

缶コーヒーって、おいしいですよね。

缶コーヒー

自販機やコンビニなど、どこでも買えて、手間暇かけずさっと飲める。ホットの商品もある。
ビジネスマンには必須の商品です。毎日飲んでいる人もいるでしょう。
しかし、容器の裏を見てください。コーヒーなのに、賞味期限が異常に長いですよね。ペットボトル飲料よりも長い。
1年先も持つとか、絶対に怪しい物質が入っている、と気づいた人はいるかもしれません。
ホットに関しては、何日加温されているか分からない。メーカーは14日を推奨していますが、本当にその通り管理されているかも分からない。
コーヒーにかかわらず、缶製品は基本的にあまり飲むべきではありません。

 

同様に、カロリーゼロ飲料も健康的だといって飲んでいる人は多いですが、実は甘みを人工的に表現する物質が入っていて、これが身体への負担になります。

なぜゼロを作ったか。それは健康に配慮しているという名目で特保を取るためです。「ゼロ」「特保」という宣伝文句は、非常に消費者に売り込みやすいのです。
取っていない飲料だとしても、ゼロといえば「痩せられる」という印象を与えることができます。実際かなり売れているようですが。
仮にゼロ飲料で健康的どころかガンになったとしても、後の祭り。メーカーは知らない振りをするでしょう。

 

これらは、病気の原因になると言われています。
理由は、身体によくない物質が入っているからです。
絶対に飲まないでください!

 

テレビ業界は缶コーヒー業界とズブズブなため、あのほんまでっかでも取り上げられていません。
こんなことを取り上げてしまうと、即飲料業界からスポンサー解除されてしまいます。スポンサーにとって都合の悪い情報は、テレビでは報道できないのです。

根拠となる情報を以下に述べます。

飲んではいけない添加物
http://amccrh.com/497.html
ほとんど微糖・ゼロの缶コーヒーには砂糖の代わりにスクラロースとアセルスファムK
が使用されています。安定剤のカラギナンが入っている缶コーヒーには注意が必要です。

 

「缶コーヒーには発がん物質」、愛知県がんセンターが減らす方法を発表
https://welq.jp/8159
缶コーヒーには発がん性物質のアクリルアミドが含まれている。

特に2番目の愛知県がんセンターが公表した情報は、ガンを研究している機関が発表していることから、信憑性が高いと思われます。
ちなみに私はコーヒーは好きですが、主に紙パック飲料のものを飲んでいます。

また、余談ですが、たばこの吸い過ぎ・酒の飲み過ぎ もよくありません。
私はたばこも吸わず、酒もほとんど飲みませんが。特にタバコは値上げする一方で、良いことは何一つありませんから、タバコを止めるだけでも生活費節約になると思います。
日本人はガンになりやすいと言われていますが、おそらく原因は「酒」「タバコ」「缶コーヒー」「ゼロ飲料」だと思います。
製品を批判しているわけではありませんが、本来身体にとってよくない物質は取らない方が、ガンにならない、ガンにならなければ結果としてそれにかかる治療費等を節約できる、という論理です。あくまでも商品を買う・買わないはあなた自身にあるわけですから、大量にCMを見たからといって信頼せず、メーカーに洗脳されないようにしてください。それだとメーカーの思うつぼです。
もしこの4つを摂取しているサラリーマンがいたら(ほとんどだと思いますが)、取る量を減らすだけでも身体にもよくなり、これらを購入する生活費も減らせるのではないでしょうか。

寝台特急サンライズ瀬戸 女子にピッタリ!綺麗な個室でゆっくり寛げる電車

2010年、ある旅でサンライズ瀬戸に乗車したのですが、そのときの写真が旧ブログにありましたので一部抜粋して掲載します。
2016年現在、いろいろな寝台列車が廃止に追い込まれ、サンライズ瀬戸は日本で唯一、毎日運行を行う寝台列車となってしまいました。悲しい限りですが、西日本・四国と東京の連絡需要は高く、飛行機や新幹線にはできない「夜出発・朝到着」ができるとして、ビジネスマンに重宝されています。利用者も多いと思われますので、当分は廃止されないかと思います。また高速バス事故がありましたが、鉄道の事故はバスよりも少なく、「あの新幹線を動かすJRなら」と比較的信頼されている部分もあると思います。

新幹線と比べてのメリット
・個室(ノビノビ座席を除く) コンセント充電が可能
・シャワーを浴びることができる
・深夜運行、朝到着なので日中行動できる

飛行機と比べてのメリット
・欠航リスクが低い
・荷物検査がない
・1分前でも乗車できる
・45日前、60日前でも大幅割引はないので計画が立てやすい

高速バスと比べてのメリット
・事故リスクが低い
・個室なので周囲を気にする必要はない
・バスはシートの質で競争しているが、所詮椅子。やはりベッドで横になれる点では圧倒的有利

 

さて、「二度と乗ることはないだろう」ということで高松~東京間を走るサンライズ瀬戸に乗車。
料金的には新幹線のグリーン車よりも高い。(B寝台の場合)
寝台列車なのでいくつか階級がありますが、今回はB寝台(A寝台の次のランク)を選択。
A寝台が最上級で、ビジネスホテルの一室並みのスペースがあるそうですが、まあそこまでは必要ないだろうということで、最低限の個室設備を持つB寝台で。
ちなみに、東京から札幌までを結ぶ全個室A寝台扱いの「カシオペア」と比べると食堂車がないなど、いろいろとしょぼいので注意。
その分若干寝台料金なども安めに設定されてはいますが。
サンライズの唯一の特徴として、牽引車がないこと。寝台列車としては珍しい特急列車レベルである130km/hで自走できます。(Wikipedia曰く日本最速)
というわけで「寝台列車」ではなく「寝台電車」と名乗ることができるわけです。

列車の写真は腐るほど多くの方がブログ等に上げていることでしょうから、私は内部の写真をお伝えしたいと思います。
一番興味を持っている人にとって、一番大事な情報は内部の情報でしょうから。


鍵関係については、中から閉めることもでき、「電子錠」という少し怖い名前だが、外から閉めることも出来ます。
この辺については後述します。
ちなみに、さらに向こう側にも何かあるように見えますが、あれは鏡で反射しているだけです。
個室については、ホテルの一室、家の一室を思わせるような何ともアットホームな雰囲気を演出しています。
テレビ番組のスタジオセットのようなわざと作られたものではなく、きちんと作り込んでいるんだなという印象を感じます。


B寝台の車内設備の核となるものが全てここに集約されています。
いわゆる「コントロールパネル」というやつですね。
まず、一番上から見ていきます。「禁煙」ということで、喫煙をすると検知器が作動して列車が止まることがあります。という何とも怖い文言が。
電車を止まらせてダイヤが遅れてJRから賠償金を請求されるのも嫌ですからね。
喫煙するのならもちろん喫煙できる個室もありますから、みどりの窓口などで購入する時に申しつけるのが一番です。
次に、非常用ボタン。まあこれはその名の通り緊急時以外は押さないで下さい。
ただ、最大で9時間程度乗客を拘束するわけですから、それなりに緊急事態が起こる確率も高くなります。

次に、NHK・FM。確かNHK総合のFMラジオを聞くことができます。
ちなみに、NHKのFMはTVと連動しているので、携帯のワンセグなどと2秒前後ずれていますが、携帯を持ち込んでワンセグを視聴すれば映像と同期した音声を楽しむことが出来ます。
その下にはヘッドホンがあります。普通の3.5mmジャックです。
次に、常備灯と室内灯。室内灯のスイッチをオフにすると、スイッチ類を照らすために代わりに一番上の緑のランプが光ります。
その一番下にあるのは「ヒーター」の調節。ヒーターと言うから暖房のことですね。
乗車したのが9月ですから、暑いも寒いも微妙ですが、試しにつけてみて少し暑く感じたのでオフにしておきました。
もしかするとホテルのように温度が集中管理された上でのヒーターなのかと思いましたが、確かに温度は集中管理されているような気はします。
その左は、これはまあどこにでもよくある形式の目覚ましですね。ホテルでは一般的です。
一番左の目覚ましマークで目覚まし機能のオンオフ、上下キーで目覚まし設定時間の調節が分単位で行えます。
ちなみに、目覚ましの設定時間になると、「ピピピピッピピピピッピピピピッ・・・」という音が鳴ります。
音量は隣の個室に配慮して少し抑えてあるのかと思いました。


なんと窓の大きいこと。マリンライナー並みに大きいです。
窓については、カーテンもついているのですが、別に中を他の人に見られて困るものもなかったため、ほとんど閉めずに一日を過ごしました。
ただしそんなこんなといいながらも、一部では閉める場面もありましたが。
やはり電車というものは明るいとそれなりに電車っぽく見えますから、というか明るくないと電車じゃない。ということで今回はほとんど閉めずに。
プライバシーだなんだという人はずっと閉めても良いかと思いますが、その場合は少なからず朝日は楽しめませんね。


次に鍵についてですが、「OPEN」「CLOSE」とあるものが、室内用の鍵です。
俗に言う論理的に開かないようにするデジタルとは対照的な、物理的に開かないようにするアナログ鍵です。
後で電子錠というものも出てきますから、ここで比較をしておきます。

アナログ錠・・・中から閉めることが出来る。中から電子錠の解除が出来る。
電子錠・・・外から閉めることが出来る。暗証番号を忘れると中に入れない。

ちなみに中にあるアナログ錠は、右斜め下にすればCLOSE、右斜め上にすればOPENとなります。
下のレバーを左向きにひねればドアを開けることが出来ます。
しかし、鍵が閉まっていると開けられないので、鍵はOPENにしておくこと。
一応特急列車ですから、車内改札があります。
車内改札時に各個室に車掌がまわってくるので、その時にはきちんと開けてあげて下さい。ノックはしてくれますので。
また、ドアに訪問者が誰か分かるような小さな穴がありますので、訪問者に敏感な方はそこから覗いてみるのもいいかもしれません。
また、「レバーを●の位置にして下さい」とあることから、現在の写真は閉まっている状態、ということが分かるかと思います。
で、右上にある「ボタンが点滅したら~」というのは、万が一外から他人が操作盤を操作してロックがかけられた場合に、中から開けることが出来るものです。
まあほとんどあり得ませんが、いたずらで操作されて出られない、となると大事です。
外から閉められている時にはボタンが点滅し、そのボタンを押すと解錠することが出来ます。
一瞬この張り紙の理由が分かりませんでしたが、最近になって分かりました。
なお、写真では一番右下、A寝台・B寝台には個室内にコンセントがついています。
カミソリ専用とか書いていますが、実際は使用機器を限定するものではなく、まあ要するに電気を食いまくる機器はダメと言うこと。
携帯やノートパソコンの充電ぐらいなら大丈夫。これは実証済みです。
カミソリ専用のコンセントに、ノートパソコンのアダプタ差し込んで充電成功しましたのでご心配なく。


その下には非常用の解錠コックもあります。
これも先ほどのランプの点滅と同じような気がしますが、非常用とあるためあまり操作しづらいのでしょう。
ということで、ランプの点滅で気軽に解錠できるようになったのだと思います。


鍵の開け方の説明です。外側にこのように掲示されていますので、シャワーに行ったり、自販機で何かを買うなど、部屋を離れる時は必ず施錠すること。
施錠しなかった場合、第三者が部屋に入って意地悪されても文句は言えません。


このように掲示の横に、部屋番号とともに操作盤がついています。
四桁の番号を押して#を押せばその暗証番号で施錠され、液晶画面に鍵マークが表示されます。
(暗証番号は画面には一切表示されず、確認画面も表示されないので暗証番号を脳内にきちんと記憶してから#を押すこと)
開ける時は四桁の番号をいきなり打ち込むだけで、暗証番号が最初に設定したものと合っていれば自動で解錠されます。
他の手続きは全く必要ありません。番号が間違っている場合は解錠されません。
また、解錠する時には内部から「ガチャッ」という音がします。
入力中に番号を打ち間違えた場合は*を押すだけでリセットされます。
なお、一度解錠すると暗証番号の情報はリセットされる(鍵マークが表示されている間だけ暗証番号情報を保持している)ので、再度外出する場合には再度設定する必要があります。
食堂車があるわけでもなく、まあ車内にあまり面白いものもありませんから、そんなに外出することもないかと思いますが。


外の廊下(?)とでも言うのでしょうか、の風景。
1とあるのは、号車のことです。つまり、1号車。


このように洗面台も普通にあります。手を洗うくらいは出来そうです。
石けんがあるかとか、鏡があるかとかは忘れましたが、確かなかったような。
これはおそらく自動で蛇口から一定量の水が出るタイプだと思われます。
ちなみに、A寝台だとアメニティとして石けんが付属しているようです。


これも技術的な人間が少し驚くであろう部分。手を触れてドアを開ける、というのは初めて見た。
自動ドアが主流な中で、手で触れてドアを開けるとは。これこそ半自動ってやつでしょうか。(列車の半自動と言えばボタン式が主流ですが)
Felicaの人間版か?といわんばかりの。これで個人の手が識別できれば、手で個人決済が利用できる時代が・・・とか深読みしてしまいそうです。
しかも近くにセンサーらしきものがないから(写真の両サイドにある黒いのはトイレの使用中を示す部分)、どうやって判別しているか全く意味不明。
ただ一つ不思議なところと言えば、手のマークの部分しか反応しないと言うこと。
タッチパネルで使われている静電方式かなにかでやっているのか?
ちなみに、触れるとドアが自動で開きますが、しばらくするとまた自動で閉まります。
これを繰り返していると、なにかバイオハザードのゲームをしているような感じになります。


トイレも洋式と和式を完備という、何とインターナショナルな設備なのでしょう。
まあ男女兼用というのは少しあれですが、電車という限られた設備ですから、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれない。


ゴミ箱もイメージ図でわかりやすく表現しています。
汚いというイメージを感じさせないスッキリしたものとなっています。
やはり、先ほどの鍵の画面でも日本語と英語表記がありましたから、外国人の利用も想定しているのかもしれません。


こちらは車いす対応のトイレ。
身障者用・おむつ交換台ということで、開閉スイッチもあります。
トイレ内には入りませんでしたが、おそらく洋式でかなり広いのではないかと思われます。
トイレの設備については、和式様式を明示するとともに、車いす対応まで設置するなど、1998年製造にしては50年先も通用するかなりバリアフリーに行き届いた列車となっています。
あらゆる人に優しい「ユニバーサルデザイン」を行き届かせること。
これがこの電車を設計した住宅会社ミサワホームの考えなのでしょう。


今度は2号車に来ました。こちらにもまた手で開けるタイプの自動ドアが。
消火器やらなんやらもあります。上の「ブザー音に~」というのはおそらく消火器のドアを開けた時に鳴るのではないかと勝手に推測。


車内の部屋配置の図。
やはり迷う人もいますから、こう言うのも必要だと思います。
いまいちよく分からないのは、上の部屋番号を示す図が椅子みたいになっていること。


こちら階段。
さすが住宅会社ミサワホームが設計しただけあって、最悪裸足でも歩こうと思えば歩けるような設計になっています。
アットホームな電車、それがサンライズエクスプレス。


先ほど言いましたとおり、施錠中(暗証番号を保持している間)は鍵のマークとともに、「閉」と表示されます。
この状態で、4けたの暗証番号を打ち込めば自動で解錠します。


全貌はこんな感じ。


廊下(?)はこんな感じ。狭いのがお分かり頂けるかと思いますが、人一人が歩けるギリギリのスペースぐらいしかありません。
向かい側から人が来た時は少し考えなければいけないかもしれません。
(この撮影もそれを恐れながらのドキドキでしたが、深夜ならではの安心感は多少あった)
フラッシュをたいたため逆に奥の方が暗くなってしまいましたが、ドアの部分に穴が空いていて(写真の左のドア部分)、外の訪問者を中から確認できるのが分かると思います。
人が行き来しているような状態で、堂々とフラッシュなどたくことは出来ませんからね。
そこは深夜撮影ならではのメリットだと思います。
サンライズを写真に収めたい方は、ぜひとも深夜帯の2時や3時にせっせと起きて、撮影に励むこと。これに限りますね。


スピーカーとアクエリアス。ちなみにアクエリアスは東京駅で買いました、と。
案外電車内の自販機は余計に値段が高かったりするので、事前に駅で買っておくのが賢明。
ホテルと違って冷蔵庫はありませんから冷やすことは出来ませんけど。
ちなみに、車内の自販機はなぜかポカリと爽健美茶とか軽いのしかありませんので要注意。
スピーカーからは、車内放送時に車掌の案内の声が聞こえてきます。
個室だけあって車内放送も個室毎のスピーカーから出てくるので特急や新幹線などに乗るよりは非常に聞き取りやすい。
新幹線はその分前面に液晶の表示がありますけどね。
ちなみに、車掌もずっと停車駅を案内するわけではなく、最初と最後の方だけ停車駅の案内(例:「まもなく熱海、まもなく熱海です」)をしますが、
それ以外で緊急時の場合を除けば基本的に無言。
さぼりか!と言いたくなりますが、寝ている人もいるから、という配慮からでしょう。
ちなみに車掌の案内の前には簡単なメロディが流れて、その後案内が始まります。

日本の和に立ち返り、全体的にウッドな感じでまとめているサンライズ瀬戸。
他のサイトでの評価も高く、理由はやはりリーズナブルな価格でゴージャスな内装とのこと。そりゃそうか。
周りの目を気にする女子にも人気とのことで、見た目や機能性などを重視する女子受けが良いのは当然のことである。しかもそれで飯を食っている住宅メーカーが設計しているわけですから当然ですね。
なぜかと言われると困るけど、「また機会があれば乗ってみたい」と思わせる特別な列車のように思います。