クリンリネスはもう古い?! コンビニで売上上げるコツ

コンビニ本部は売上を上げるアドバイスとして「雑草」「ATMのホコリ」「クモの巣」「棚の汚れ」「前出し顔出し」「お辞儀」「挨拶」「棚がスカスカ」などを言ってくるが、重箱の隅をつつくような改善で売上が上がることはほぼない。棚に関してもウォークイン・国産タバコと中食さえあればOKで、菓子や食品、日用品はガラガラで問題ない。店の点数付けで満点を取らせないようにこのような項目が存在しているだけで、いわば塾で優秀な生徒に筆箱や靴下の色がどうだと言っているのと同じレベル。筆箱や靴下の色が変わっても生徒の成績にほとんど影響ないだろう。

古い考えの人間が口酸っぱく言ってくるクリンリネスだが、最近の店は維持管理の手間が減り何もしなくても最低限のクリンリネスは維持できる仕様になっている。よって重視すべきは店員と考える。
朝にはテキパキレジができる人を、夕方には女子高生を、夜勤には若い男を、などとニーズに合わせた店員を配置することが望ましいだろう。またおじさんおばさんを雇っていると売上が頭打ちになってしまう。若さはパワー(武器)であり、吸収が早く柔軟な対応ができ体力もある若い人材が今コンビニにも求められている。若くて活気のある店に客も集まるのだ。もっといえばスタバで採用するような若くてコミュ力もある、いわゆるレベルの高い店員が必要だ。外国人を雇っている店も多いが日本語のやりとりができないと客が離れてしまうので売上を上げるという点から見れば御法度なのである。
コンビニ自体は、チェーン店であるため全国どこの店でも同じ商品が買える。店舗フォーマットも同じだ。そうなると「誰から買うか」という問題になってくる。車と同じでいい営業を見つけたらその営業から買うわけで、その店のクモの巣がどうこうなど気にする客はほとんどいないだろう。清潔感のある店員、若い店員から揚げ物を買えば少し美味しく見えるわけで、そのようなスタッフをいかに獲得して運営していくかはオーナーの腕次第なのである。
元気で威勢の良い人、面白い人などを見かけると客から世間話をしてくることが多い。
そのような時に本部の接客マニュアルにはない「Sチェーンの弁当の方が美味しいですよね。分かります」「コンビニって日用品高いですよね。スーパーの方がいいですよ」など自虐ネタを言っていると更なるツッコミやボケを求めて客が毎日やってくるのである。常連が毎日1,000円買ってくれれば一ヶ月で3万円、まさにちりも積もれば山であり正直クリンリネスより常連獲得に力を入れた方がよっぽど効率よく売上を上げられるのである。

売上に興味は無い、むしろ下がって欲しいというのであれば誰を雇っても良いと思うが、「1円でも売上を上げたい」というのであればスタッフの質についても考えてみる必要があるだろう。よくあるコンビニ店員ではなく、スタバの店員のような高品質なスタッフを客は求めている。

荷物をコンビニで受け取れない時の確認事項4つ

便利なコンビニ受取。しかしトラブルも多発しています。
荷物をコンビニ宛てに発送したのに「身分証ではダメだ」「荷物がない」などと言われた経験ありませんか。
コンビニではヤマト直営店と異なり、店員が直接荷物をやりとりすることは本部の指導で許されていません。必ず所定の機械(ファミポートなどのサービス端末)を通す必要があります。例え料金のない0円の荷物だったとしても同様です。

なのでコンビニに来て荷物が受け取れない時は以下のことを確認して下さい。
①お問い合わせ番号と確認番号を受け取っているか
ヤマトの営業所では身分証さえ出せば受け取れますが、コンビニではダメです。例えばアマゾン等でコンビニ受け取りを選択すると、お問い合わせ番号と確認番号がメールで送られ、端末に打ち込んで下さいねと言う旨のメールが届くかと思います。この番号が分からない場合は荷物の受け取りはできません。身分証の提示を省略する代わりにこの番号の認証を持って本人確認をしています。メールが届かない場合はアマゾンなどのサービス提供元に問い合わせて再発行してもらって下さい。
②住所を手打ちした場合
「この場所で受け取れます」などの一覧からコンビニを選択するのではなく、指定の場所に配送という欄でコピーペーストなどでコンビニの住所を指定した場合、機械にデータが登録されていないためコンビニでは受け取れません。店長と相談すれば受け取れることもあるかもしれませんが、基本的に一旦サービス提供元に連絡・返却し再度正しい手順で発送という形になります。
③5日以上経っていないか
5~7日程度経つと「客が受け取る気が無い」と判断され、アマゾン等に返されてしまいます。これはコンビニでの長期間の荷物の滞留を防止し無用なトラブルを防ぐためです。なるべくコンビニ受け取りの場合は3日以内に受け取るようにしましょう。もし旅や出張などで受け取れない場合は早めにアマゾンなどサービス提供元に連絡して対応を仰いで下さい。
④店長等と連絡を取る
アルバイトが「荷物がない」という場合、単なる見落としの可能性が高いので名前と連絡先を渡し後日店長と連絡を取ってみて下さい。もしかしたら見つかるかもしれません。

コンビニ側としてはあくまで荷物の受け取りは副業のようなもので、ヤマトのように専業ではありません。イレギュラーなトラブルが起きると全て店長対応になり時間がかかりますので、絶対今すぐ欲しい、速く欲しい、確実に欲しい荷物の場合は営業所止めにするか自分の家まで配達してもらうようにしましょう。

牛丼屋に女子が少ない理由6個

牛丼屋と言えば男性が多いイメージがあり、女性は少ないイメージがある。
工事現場のトラックのおっちゃんが牛丼をかき込むというイメージの一方「一人で行ってますけど」という女性も多いが、全体的に女性客が少ない傾向なのはなぜなのか。予想ではあるが理由をまとめてみた。

・男性客が多いので怖い(入りづらい)
…確かにメインの客層は40~50代の男性ではあるが、一人が怖いなら複数人で行くと良いだろう。
・隣の席との距離が近くて嫌だ
…いわゆるカウンター席が多いのが特徴。少し広い店だとテーブル席もあるので色々な店を当たってみると良い
・カロリーの多いメニューばかりで女性に配慮したメニューがない
…牛丼、肉というのは昔のイメージで最近はカレーや定食、野菜なども取り扱っている
・そもそも女性は自分でご飯を作るので外食に行かない
・女性でも楽しみやすい野菜の取り放題やスープ、ドリンクバーがない
・汚いイメージがあり、スタバやファミレスなどのように清潔感の配慮がない
…実際に汚いわけではなく汚い”イメージ”なのである。

数人の女性に聞いた所、以下のような点が挙がった。
「持ち帰りしてんじゃない?」「さっと食べる場所で長居できないから」「ガッツリ系だから」「なんとなく」

女子はスタバなど「場所」にお金を払うという点で男とは価値観が異なるようだ。
とはいえ牛丼屋に女性が入ってはいけないという決まりは何一つないので、もし他に店がないならば牛丼屋という選択肢もありだろう。一度時間帯を工夫して入れば慣れるはずなので、ぜひ入ってみて欲しい。
もっとも牛丼屋本部は世の中の半分は女性なので、床もテーブルも真っ白な試験店を出すなど女性客を増やす戦略も考えるべきだろう。