コンビニ代行収納もう限界 利益は1円?


「コンビニで自動車税が払えます」とコンビニ店頭でコマーシャルや宣伝を多くしているが、実は、収納代行(いわゆる公共料金)にほとんど利益はない。あったとしてもほとんど本部に取られ、店の取り分は1件1円などその程度だ。本部は「ちりも積もれば山になります」だとか「他の商品のついで買いも期待できますからね」とお花畑なセリフを並べるが、ボランティアではなく営利事業としてやっているのだからトータルでどうこうではなくそれ単体で黒字かどうかを議論すべきだろう。収納代行はバーコードスキャン、判子押し、おまけに切り離しまでしなければならず強盗や紛失リスクも高く、場合によっては印紙を貼るという作業もあり店側での事務作業もある。受付自体は10秒ほどで確かにそれだけを時給換算すれば赤字ではないのかもしれないが、店員の労力も計算に入れると一件100円ぐらいの手数料をもらわないと割に合わない。
もともと高給取りで生涯の雇用が保証された終身雇用、正社員でボーナスもある銀行員の仕事を最低賃金のコンビニ店員がやっているのは滑稽な現実である。何十万の代行収納を最低賃金の高校生が扱っているのもおかしな話だ。銀行員はしめしめと喜んでいるかもしれないが、コンビニ店員は苦しんでいるのが実態だ。1秒単位で仕事をしているコンビニにとって利益のない客はお帰りくださいが本音なのだ。

ここまでであれば一般的な代行収納の話であるが、自動車税となるとまた話は変わってくる。自動車税の徴収は都道府県や市などの自治体の仕事であり、本来は自治体が徴収作業をすべきである。にもかかわらず自治体は滞納者のみ徴収作業をし、それ以外の人の徴収票には「コンビニで支払い頂けます」とほぼ全てのコンビニのロゴが明記されている。なぜ自治体の仕事をコンビニがしなければいけないのか、コンビニは今最低賃金、人手不足で多忙で1秒単位で仕事をしているような状況で正社員やボーナスのあるような人間が楽したいからではないだろうか。

国は「コンビニはインフラである」というが、それは「自治体の仕事をやってくれているからインフラ」なのであり、だからこそなくなったら自分たちの仕事が増えるから困るというのが本音だろう。仮にそういう趣旨なのであれば国もたっぷりとコンビニに交付金を交付すべきである。例えば自動車税を受け付けたら一件1,000円の手数料を配るなど。最近コンビニ本部が人手不足などの問題で叩かれまくっているが、客としてもクレジットカードや引き落としにするなどコンビニに行かないことを徹底すれば店員の負担は軽減できる。代行収納機関も「コンビニで払えます」とするのではなく、クレジットカードや引き落としを基本的な支払い方法として、それでも落ちない人にコンビニ支払い票を送りコンビニでの支払いは最終手段とするようにフローを変更するなど、業界全体でコンビニ業界の負担軽減策を考えていく必要があるのではないだろうか。コンビニは最低賃金かつ社保もなければ交通費もなければボーナスもない、人手不足かつ多忙で1秒単位で仕事をしているのが実態であり、代行収納すら受け付けるのが困難になっているのが現状で、そのあり方を見直すべき時期に来ているのかもしれない。

Outlookを劇的に軽くする方法7つ 重い、遅い原因は?対策は?

Outlookは多機能ですが、メールの送受信程度にしか使っていない人が多く、また設定画面もスマホ世代には理解できない複雑怪奇かつ階層も深いのでほとんど標準のまま使っている人も多いと思います。Outlookを軽くする方法は既にたくさん公開されていますが、どれも実効性が薄いものですので、私が実際に試して効果のあった対策を7つ挙げたいと思います。2007での説明ですが、最新バージョンでも大きくは変わっていないと思います。

1.自動受信を辞める
ツール→オプション→メールセットアップ→送受信→「次の時間ごとに…」のチェックを外す
自動受信は便利ですが、パソコンのトラフィックや回線のトラフィックを食いつぶし、電気代が上がる要因になるので、一日にメールが数通程度であれば手動受信にしましょう。「送受信」のボタンを押すと手動で送受信できます。

2.アカウントは最小限に
本当に必要なメールアカウントのみを登録し、使っていないメールアカウントは削除しましょう。

3.IMAPに
POP3でメールを受信すると、コンピュータにメールを書き込む動作が発生しますのでコンピュータの負担になります。これには一度メールアカウントを削除し、登録時に「POP3」ではなく「IMAP」を選ぶ必要があります。IMAPはコンピュータにデータを残さずサーバーにメールを見に行く方式で全ての端末でメールを見ることができるので便利です。

4.アドインを止める
管理者権限で起動し、ツール→セキュリティーセンター→アドイン→設定
チェックを外すことで動作を軽くすることができます。ウイルス対策以外のアドインは全て止めてしまっても問題ないでしょう。管理者権限で起動していないとチェックを外すことができませんので、起動時のショートカットを右クリックして「管理者で実行」を選んで下さい。

5.古いメール、重いメールは消す
メールを消すと軽くなりますとよく言いますが、どういう基準で消していいのか分からないのが現実です。メルマガや宣伝など意味の無いメール、本文のないメール、スパムメール、添付ファイルのあるもので二度と開くことがないメールはどんどん削除しましょう。

6.スペルチェックを切る
ツール→オプション→スペルチェック
ワードのように文書を印刷して配布するわけではないので、厳密なスペルチェックは不要ですので切ってしまいましょう。

7.カスタマエクスペリエンスプログラムを切る
ツール→セキュリティーセンター→プライバシーオプション
メールソフトは一分一秒でも早くメールを見ることが目的なので、カスタマエクスペリエンスプログラムなどの余計な機能は外しましょう。翻訳オプション、リサーチオプションの中のチェックも全て外しましょう。

☆起動時のフォルダを変える方法
デフォルトでは「個人用フォルダ」が表示されていますが、IMAPのフォルダを起動時に表示したい人も多いと思います。そのような時はツール→オプション→その他→詳細オプション→一番上の「起動時のフォルダ」を変更します。

とにかくオプションオプションだらけで画面数も階層数も半端ないOutlookですが、反面細かく設定できるという事でもあります。Outlookは重くて使い物にならないという人はぜひ一度上記の設定を試してみて下さい。

軽でも白ナンバーを取得する方法 価格は?

最近街中を走っていて軽でも白いナンバーを付けている車が増えてきましたが、どういう仕組みになっているのかまとめました。

・目的
国がオリンピックの機運盛り上げのために、オリンピックの記念ナンバーを発表したためです。これの背景色は白になっていますが、同じものを軽自動車でも付けることができます。

・対象は?
新車、中古車、自家用、事業用など今車を持っている、あるいはこれから買う全ての人は形態を問わず申し込め、かつ番号は同じで、廃車まで使うことができます。

・申込期間
2019年11月末まで(予定)となっていますので、早めに申し込みましょう。

・価格
地域によって異なりますが、7,000円~8,000円程度です。

・どこで?
自分でウェブサイトで申請するか、それが面倒ならばお近くのディーラーや自動車販売店に申し込んで下さい。最近はディーラーの方から軽を検討している段階で「白いナンバーにできますがいかがですか?」「見積もりに組み込んでおきましたので」と声かけしてくれる例もあるようです。

この施策の本当の目的は軽の黄色いナンバーを白にしたいというニーズがあるのを承知の上で、国としてもお金がないので追加の収入を得たい、ディーラーなど自動車販売店も軽を売りやすくなるという両者の利害が一致した結果でしょう。普通車でマークを付けるだけの人はほとんどいないでしょうから、軽や事業用を申し込む人が多数だろうと国も考えているはずです。例えば高速道路などで普通車と軽で料金体系を分けているような場合どうするのか、円滑な交通に支障を来すなど賛否両論もありますが、「黄色はダサい」と考えている軽のユーザーからは概ね好評のようで「煽りが減った」「軽が道を譲ってくれた」など普通車を運転している気分になれますので、軽の人は交換を検討してみて下さい。