IS12S白ロム購入 メリットとデメリットは?

これまでIS12SHを使っていましたが、以下の理由により機種変を決意しました。
ただし機種変は上乗せマージンがあって価格が高いため、それらが少ない白ロムにしています。
安心サポートなどに加入できるかどうかなど怪しい点もありますが、それが安さ故の代償なのではないでしょうか。

今まで両機種を使ってきた中での、メリットデメリットを書いておきます。

IS12SHのメリット
・3D液晶、3D対応のカメラ(2個ある) →私には使い道がなかった
・独自のキャリアメール、新ゴフォント、留守録などガラケーユーザーへの配慮
・見やすい液晶 →白がはっきり白、黒がはっきり黒に見える
・イヤホンを直挿しできる
・ロック解除画面が横スライドではなく縦スライドに独自カスタマイズ(片手で操作するときに便利)

デメリット
・メールが遅延することがある(アップデートで修正されたが今も若干発生する)
・シングルコアのためAndroid 4.0が不透明(おそらく無理)
・タッチパネルの感度に難あり。机に置いて操作できないなど
・ROM、RAMともに力不足。RAM 512MBは2.3でも厳しい
→Google ナビなどを起動するとホームアプリが必ず落ちる
・他機種に変えて、シャープがカスタマイズしすぎていることに気づいた
・バッテリーが1,240mAhと少なめ
・起動に5分以上かかる(電池がいったん切れると充電が15%以上にならないと起動できない。
通話中に電池が切れたら、相手を10分程度待たせるハメに)
・カメラやワンセグは充電が10%前後になると起動できない(緊急時のことが考えられていない)
・GPSの位置情報特定に数分程度の時間がかかる(急いでいるときに測位失敗とかいわれると腹が立つ)
・受信メール2,000件の状態だと、キャリアメールの一覧から一件を選んで開くまでに5秒ぐらい待たされる
→人間が待てる限界は2秒といわれている。これを超えるといらいらするらしい
・プリインアプリが多い(特にラウンドホームという独自のホームアプリが消せないしメモリも電池も食っている)

2011年7月に「Androidとはなにか」「スマホを学ぶため」に購入しまして、シャープのガラケー向け機能にも若干助けられ、逆に性能が高くないこと、バッテリーがあまり持たないことに気づかされ、これらの効率のよい機種へ乗り換えることを決意。
まぁこの時点で初心者は卒業したことになりますかね。
探していたところ、偶然Xperia HDを発見し、これが一番妥当だろうと判断して白ロムを購入、今に至る。
quadrantスコアは1531→3176となり、2倍強向上しています。

IS12Sのメリット
・カメラがきれい(1,200万画素、裏面照射、高速起動)
シーンの認識、マクロ切替などを被写体に応じて自動で行う
・デュアルコアにより操作が速い(アプリの起動は0.5秒以下)
→厳密にはCPUよりGPUの影響が大きいかも
・バッテリーが1,840mAh(ただし取り外し不可)
→デュアルコアの省電力の影響もあって感覚的にも1.5倍程度長持ち
・大容量の内部ストレージ16GB(本体メモリは2GB)。写真や動画などを保存できる
→デバイス的には2GBの本体メモリ、16GBの内蔵ストレージ、SDカードといった感じ
・防水のためもれなくクレードル付き(これにより寿命が縮むといわれる充電中の操作の頻度が減らせる)
・解像度が12SHに比べアップ(960*540→1280*720)
・キャリアメールをWi-Fiでも受信できる
・起動が比較的速い(1分足らずで起動する)
・充電が10%を切ると赤LEDがぼわぁんぼわぁんと点灯を繰り返して危機的状況であることを知らせる
(この際の機能制限があるかどうかは不明)
・microSDやSIMが防水の都合上サイドにあるため、抜き差しが比較的楽(機種変や白ロムとしても最適)
・背面カバーが取り外せず存在しないことから、背面が既にマット加工されている。
よってケース購入不要!これは大きい 

デメリット
・留守録やサイレントマナーの設定などがない(でもこれは慣れればいい話)
・microSDが付属していない(まあこのご時世付属しない方がコスト減らせるからいいでしょう)
・通知が入るたびにLEDがぼわぁんと一時的に点灯する
・充電から抜くと「省エネのため充電器のコンセントも抜いてください」と表示される親切設計
・イヤホンを挿す際にキャップ?をあけないといけないのが手間
・電源ボタンが右の若干高い位置にある

とりあえず、IS12SはIS12SHの弱点を一通りおさえた上で、さらにスペックアップも果たしていると考えてよいと思います。
春機種ということで新生活を機に機種変などされる方が多いと思いますが、特に不具合といえる不具合もなくほとんどの操作が素早く行える(今までの機種でもっさりしていたかくついていた部分はほとんどなくなる)点でもよい機種かと思います。
LTE搭載となるとさらに電力消費も増え、かといってバッテリー容量を増やしてくる機種はそう多くはないと思います。LTEスマートフォン市場が成熟するまでのつなぎとして、LTEやWiMAXなどの高速回線非対応の機種をあえて選んでみるのもありかもしれません。

私は今後、スマートフォンを今まで以上に酷使しないであろう環境に移動しますが、それでも使うときは使う。ナビしてほしいときに測位ができない、写真を撮りたいときにバッテリー不足で撮れない、などIS12SHでいくつかチャンスを逃してきました。
やりたいときに、やりたいことができる。しかも普通にストレスなくできる。
当たり前のことですが、その当たり前のことこそが実に重要だったりするのです。というか一番重要です。
機能が多いのもいいかもしれませんが、スマホにはアプリがあります。
メーカーの皆さんには、ぜひとも最低限の部分だけアプリを作っていただいて、あとはその「やりたいことが当たり前にできる」ような機能のチューニング、ハードのチューニングなどに時間を割いてもらいたいものです。

この競争期にこそ、スペックも大事ですが使いやすさが求められているのです。
そういう意味ではソニーはほとんどユーザーニーズをおさえているのではないでしょうか。
初期XperiaはAndroidバージョンが古かったりしましたが、Androidウォークマンなどを通して経験値を積み、今こうして多くの製品を生み出しています。逆にシャープが苦境に立たされているような気も否めませんね。「バッテリーなんぞ1,000mAhでいい→そんなにバッテリーが重要とは思わなかった」「それより厚さ軽さが最優先」この姿勢からも、国産ならではの縦割り構造=上司が全部決める会社=昔のガラケーの考えを引っ張っている、部分があるのかもしれません。

WLI-UC-G300HPをVista 64bitで動かす

当方WLI-UC-G300HPという無線LANアダプタを運用しているのですが、パソコンをVista 64bitにしましてドライバが見つからない事態が発生。BUFFALOの公式ページで非対応といわれれば、インターネットにつながっていないのでWindows Updateから取得することもできず。7の64bitなら対応してるから7にしてね!といわれてもたったこれだけのために1万円も払って7にするのは時期尚早。納得がいかない。
というわけで、ネットのつながるMacBook Airで調べたところ、裏技を見つけましたのでメモしておきます。
時間の経過によってアドレスなどはつながらなくなる可能性がありますが、その場合はそのメーカーのトップサイトからDownloadなどとたどっていくと見つかるかと思います。(かなりメジャーなチップですので今後数年にわたって公開終了になることはないと思います)

BUFFALOさん。このようにドライバがあるのですから、Vistaの64bitを公式サポートしてください。なにがサポート外ですか。きちんとチップメーカーが公開しているじゃないですか。ただ仕事さぼってるだけなんじゃないですか?これでどれだけ多くのユーザーが困っているか想像つかないのですか。

と愚痴を言っていてもおそらく何も変わらないので、以下の方法をどうぞ。Windows Vista 64bitの当方で動作確認済みです。

方法
1.WLI-UC-G300HPをUSBに挿す。ドライバが見つからない旨の警告が出たら無視する。

2.http://www.ralinktech.com/en/04_support/support.php?sn=500から最上部「RT2870」の項目が含まれているドライバをダウンロード、実行、インストールプロセス中「インストールドライバのみ」にチェック
※ユーティリティ系を入れてしまうとBUFFALOのユーティリティと競合する可能性あり
もし間違ってユーティリティ系も入れた場合はインストール完了後コンパネから該当ユーティリティを削除する

3.隠しファイル表示をオフにしている場合は、オンにする
[方法] エクスプローラでAltキー → ツール → フォルダオプション → 表示タブ → ファイルとフォルダの表示 → 「すべてのファイルとフォルダを表示する」
※作業終了後、元に戻しておくことをおすすめします

4.C:\ProgramData\Ralink Driver\RT2870 Wireless LAN Card\Driverのフォルダを開き、そのなかにあるnetr28ux.inf(メモ帳と歯車が合体したアイコン)をデスクトップにコピー

5.デスクトップにコピーしたファイルをメモ帳なりで開いて、書き換える
  [基幹部分の変更]
  %BUFFALO_012E.DeviceDesc%=RTWLAN.ndi,USB/VID_0411&PID_012E
                     ↓
  %BUFFALO_0148.DeviceDesc%=RTWLANR.ndi,USB/VID_0411&PID_0148

  [ドライバ表示名の変更]  ※省略可だが、デバイスマネージャーの見た目がかっこ悪い
  数カ所あるので、一括で置き換えをかける
  BUFFALO_012E.DeviceDesc     = "802.11n USB Wireless Card"
                      ↓
  BUFFALO_0148.DeviceDesc     = "BUFFALO WLI-UC-G300HP Wireless LAN Adapter"

6.そのファイルを保存し、デスクトップにあるinfファイルをProgram Dataのほうにドラッグアンドドロップして上書きする。このときUACが許可を求めてくるので承諾する。

7.デバイスマネージャーに存在する「802.11 n WLAN」に「C:\ProgramData\Ralink Driver\RT2870 Wireless LAN Card\Driver」を直接フォルダ指定してドライバをインストール
  ※途中で警告が表示されたら「インストールする」をクリック
  ※インストールに失敗した場合は、もう一度7からやり直す

8.接続完了
  あとは当該デバイスのプロパティを開いて環境に合わせて「マルチメディア/ゲーミング環境」を有効にしてみたり、ローミング感度を最高にしてみたりする
  その他、エアナビゲータの付属ユーティリティ関係をインストールすることも可能
  (上級者オプションを利用して、ドライバ以外をインストールする)

これで公式ドライバと何ら変わりなくインターネットにつながります!
BUFFALOの公式ドライバは、おそらくこの標準ドライバに少し手を加えただけか、あるいはこの標準ドライバそのままな可能性があります。速度的に明らかに差が出ることはありません。32bitのときとほとんど変わりなく実用的です。(サーバーによっては10MB/秒をたたき出したりする)
公式の電話サポートなどは受けられないかもしれませんが、おそらくこの作業をした人はそのような電話サポートなど不要だという人なのではないでしょうか。
以上、7なら動くから7に移行してください!というBUFFALOのある意味ステマ的な呼びかけが嫌だったので反抗して独自でドライバを組み込んだ、という物語でした。

PC新調しました

内容は題名の通りです。PCを新調しましたのでご報告いたします。

今まで使っていたPV2325ARB(SOTEC)は薄型でこそあったものの、不安定でよく落ちて、おまけに性能もよくなく、昨年11月に買ったMacBook Airのほうが性能がいいという逆転状態が起きていました。
それを解消するために、このHDDが高騰している中うまく計画を立ててリプレースをしたのが今回の企画です。

まずは、新旧スペックの比較から。

  旧(SOTEC PV2325ARB) 新(自作PC) 満足度 価格(購入時)
CPU Pentium 4 3.40GHz(1コア2スレッド)
Socket 478 定格
Core i7 2600K 3.40GHz(4コア8スレッド)
Socket 1155
BIOSにてTB上限を3.8GHz→4.3GHzにOC
\23,099
M/B VIA P4M800 ASUS P8P67-M \7,980
メモリ 2GB(DDR1) 定格 8GB(DDR3) 定格 \3,080
HDD Seagate 500GB(IDE接続) Seagate 500GB(IDE接続) \0
DVD GSA-H58N(IDE接続) GSA-H58N(IDE接続) \0
グラフィックボード Radeon HD 4350(AGP LowProfile)
GPU 600MHz、メモリ1580MHzにOC
Geforce GTX 560Ti 448core(PCI Express x16)
GPU 732MHz、メモリ 3.8GHz 定格
\20,979
電源 160W 600W \3,680
OS Windows Vista Home Premium 32bit Windows Vista Home Premium 64bit \0
ディスプレイ LF17PR-01
(17インチ、1280*1024)
LG E2251VR-BN
(21.5インチ、1920*1080)
\12,328
ケース 付属 Z9 PLUS \4,750
その他 キーボード・マウス・スピーカーなどはそのまま移行 \0
合計 \75,896
HDD+DSP版OS購入(Home Premium \11,480+1TB \9,980)した場合 \97,356
同スペック(GPU:560,CPU:i7 2600)パソコン工房BTO+同型ディスプレイ \92,308
差額(BTOセット-合計) \16,412

まず、CPUはi7にしたかったというこだわりがありました。なぜなら、タスクマネージャーで8スレッドになるのを見たかったからです。また、当時のほぼ最高峰といわれているCPUを購入しておけば、今後数年は買い換えることがないだろうという前提の元に選んでみました。
現在の投資額に+5,000円程度払えばGeforce 570が買えて、でもさすがに2600Kとの価格差が大きすぎて2700Kを買う勇気はなく、若干のOCの衝動に駆られて2600ではなく2600Kを選び、でもi5でもいいかなあ、とも思いつつ、ゲームをすることも少ないから570でなくてもいいだろう、ということでこの構成に落ち着いたのですが、CPUとGPUどちらに重点を置くべきか、ということについては今でも少し悩んでたりします。
マザーボードについては、HDDが高騰している件を考慮してIDE接続できるマザーボードを探していたところ、運良くドスパラでセール品を発見。そしてグラボも偶然セール品を発見。この二つだけでも普通に買うと+10,000円ぐらいしていた予感がします。非常にラッキーでした。

今回の新調で目指した効果
①スペック向上による時短
②安定性向上による生産性の改善
③サブPC(MBA)のほうが性能がいいという矛盾の解消

①スペック向上による時短
まずもってびっくりしたのは、全体的な速度が明らかに高速化したことです。SSDではありませんが、体感的にはMBAとほぼ同じに感じます。スペックの低いコンピュータの待ち時間が、このように高スペックにすることで節約につながる、というのは非常に大きなメリットです。また、今までCPU使用率が100%になったことは一度もありません。今までだとWindows Media Playerで音楽を再生していると15%程度消費していたCPUが、今では0%~2%の間をうろちょろ。GPUが支援しているのか、YouTubeの1080p映像もかくつくことなく、視覚エフェクトをオンにしても今までだとさらに15%程度使用率が上がっていましたが、今では1~2%程度しか上がりません。
また、今まで休止状態で運用していましたが、スリープ機能が使えることを発見して、このおかげで完全に電源を落とすことはできなくなりましたがスリープによる快適な電源オフ・オンでこれも時短につながっています。

②安定性向上による生産性の改善
旧PCはもともとのスペックにマージンがあまりない上に若干無理のある増設(Celeron D 2.53GHz→Pentium 4 3.4GHzに交換、グラボも増設)をしたことで電源などに負荷がかかり、よくBSODが起きていました。これが書類の作成中となると大きな損害と時間の損失を生み出します。(今まで何度Officeの自動保存の回復にお世話になったか)今回の自作によって生産性の改善を目指しました。結果、今までBSODが起きたのはIntelのチップセットドライバを入れ間違えた初期作業時のみです。それ以外は常時稼働させた中でBSODは一度も起きていません。
ただし、スリープだけで運用しているとだんだんと不安定(ブラウザがかくついたりソフトが強制終了したりする)になってくるので、定期的な再起動をおすすめします。

③サブPC(MBA)のほうが性能がいいという矛盾の解消
さすがにSSDのMBAには叶いませんが、CPUやGPUが高性能なおかげで、体感性能的にはどちらも同じという結果になりました。これでSSDにするかHDDをSATAにするかすれば確実にこちらの方が体感性能も上回るとは思いますが、現在SSDもHDDも価格が高くなっていて、技術革新が見込める分野のためしばらくこれで運用します。

とりあえず今回は高騰しているHDDをあえて購入せず流用したことによって、ディスプレイ込みで75,000円という破格の自作を実現することができました。コストパフォーマンスとしてはそこそこ高い方なのではないでしょうか。
これからスペックアップしていくとすればHDD交換やSSD増設、メモリ増設、OSを8にする?など小さなところを変えていくことになるかとは思いますが、とにかく今回の初めての大がかりな自作としては成功かとふんでいます。
旧マシンよりもアイドル時、ピーク時ともにとても静かになったのは予想していなかった新調効果でした。電源が静音だからでしょうか。また、CPU・GPUともにアイドル時はクロックを落とす機能が入っていて、それが貢献しているのかもしれません。

自作を目指す皆さんに伝えたいことは、「自作は簡単。難しいと思うならまずやってみろ」
電源ケーブルは電源装置が全部サポートしてくれていますし、ネジ類はケースが全部サポートしてくれていますし、SATAケーブルなどはマザーボードが全部サポートしています。また、伝導シート付きのCPUクーラーもBOX品を買えばついてきます。作業手順がわからなければマニュアルもあります。どの製品のマニュアルもイラストがわかりやすいのでおそらく雰囲気で何とかなるでしょう。失敗から学べばいいのです。
つまり、その部品に関連しそうなアクセサリ的なものはすべてその製品に付属しているため、それらを活用すれば手持ちの細かいネジなどがなくてもパソコンを組みあげられます。

つまり、自作に必要なのは、各パーツとプラスドライバーとやる気と根気だけです。
小さなネジやSATAケーブルやCPUクーラーをわざわざ買ってくる必要はありません。(こだわりたい方は別ですよ)
それらがなくても、パソコンは組み立てられるのでご安心ください。

ということで、今後はこのパソコンで運用していきます。長々と読んでくださりありがとうございました。質問などありましたら、何なりとお寄せください。

<追記>
最新記事下に表示されていた広告ですが、運営が2月末より任意の場所に広告を表示できるタグを提供したため、当方では最下部にそのタグを入れています。そのためページ最下部に広告が表示されていますが、トップページを開いたときには特に邪魔になっていないためこちらについてもしばらくこれで運用しようかなと思います。