ビフォーアフターが放送終了した噂レベルの理由

本日、リフォーム番組の老舗である劇的ビフォーアフターが放送終了(今後は特番のみ継続)するというニュースが入りました。
そもそもなぜ終了することになったのか、背景をまとめてみます。

表向きは「東日本大震災やオリンピックで人手が減った」としていますが、

本当は
検索で「ビフォーアフター」と調べても失敗例しか出てこず、応募が減った、放送局への苦情が増えた

というのが大きいと思います。

具体的にどのような失敗例があったのか、一覧にしました。
・家族の意見はほとんど取り入れられず、打ち合わせも数回のみ。一方的に工事を進め、建物を初めて見せる
・匠のデザイン料を取っていないとはいえ他の費用は全て自腹であるのに、客はほとんど希望等を出せない。現状の問題さえ解決できれば何でもありというやり方。番組主導で工事が進められ、いわば匠のコンセプトハウスでしかない
・放送で出てくるリフォーム費は相場より高く、新築した方が安い
・2010年にリフォーム費が予想より高いなどとして裁判を起こされたことがある
・”家族のためを思った匠の技”などと銘打った「ギミック」「からくり」が実は家族から不評で、番組放映後に修正工事をしている
これらは前振りというか根拠・理由を付けて放映しているので、確認してみてください。例えば以下のようなものです。
1.毎日使うものだから、自動で開けるようにしました。(3日で飽きる。邪魔。壊れた時「匠」しか直せないのではないか)
2.力のないお年寄りのために、軽い力で開けられるようにしました。(後々部屋を変えて使わなくなったりする)
3.ご主人のために、ロフトを用意しました。(人によっては使わなさそう)
4.コスト削減のために、リフォーム前に発生した不要な物品を活用しました。(望んでいなければ諸悪の根源でしかない)
5.前の家を思い出してほしいという匠の考えで、前の柱を再利用。生まれ変わってこの通り。なんということでしょう!

 

要は、ビフォーアフターの対象となった物件は、テレビスタジオだと考えた方が良いでしょう。
テレビスタジオは、美術や照明等、技術を駆使してテレビの映りが良くなるように工夫しますが、それとやり方は同じ。
テレビで見せて視聴率が取れるような見せ方、話題になるような見せ方をしています。長期的な安定性や信頼性は考慮していません。いい絵が映ればそれで良いのです。
「なんということでしょう!」という煽り文句がまさにその通りなのですが、アフターのプレビューでの私物や品物もテレビ局側が用意したもの。
実際展示場等では何も置いていないことが多いのに、見栄えを良くして生活感を出すために勝手に用意して撮影しています。

 

現に番組の中では家族が満足しているシーンがほとんどですが、ごく稀に家族が不快に思っている場面が放送されたこともあります(いつかは忘れました)
否定的なコメントではなく「これちょっと分かりづらいな」「機会があれば使ってみたいと思います」というような深みを残したコメントが多いです。
また新しい建物に入って素直に喜ぶのではなく、「これ不満だ」という顔をしたまま玄関から動かないような場面、匠が客に話しかけてもスルー、という場面もありました。
番組の最後に予算が表示されますが、「これだけの難工事でも、なんとか予算内に収まりました」という感動の押しつけにもうんざり。だいたい予算を数万円残したり、1%残すようなことが多かったことから、予算を後から設定していたのではないかという話もあります。
そして弁護士同様、「匠」になれるのは建築士1級や2級の人たちですが、物件によってその出来のレベルが違っていたのは、やはり資格さえ持っていれば何でも良いという証拠。かたっぱしから「匠やりませんか」と営業電話を掛けまくっていたという話もあります。要は「匠」にふさわしくない建築士もテレビに出られていたと言うこと。根本的なところで家のリフォームごときで匠を名乗るのはどうなのかという意見もあります。

ビフォーアフターは地上アナログ放送が主役の時代によく見ており、建物をリフォームするということはどういうことなのか、悩みを解決する問題解決能力、発想の転換などいろいろなことを学べた番組ではありますが、裏側を調べるとかなりブラックである事が判明。プレビュー終了後の家族団らんでは笑顔の場面がよく放映されますが、希望とは異なる住宅で作られた笑顔ほど意味の無いものはありません。

自動車ユーザーがJAFに入るべきたくさんの理由

キーを閉じ込めたり、燃料切れと言ったことは、自動車ユーザーなら一度はあるのではないでしょうか。

私は5年ほど自動車を使っていますが、三度JAFにお世話になったことがあります。
一度目は、細い道から国道に抜けようとして削られていない段差に落ちてしまい脱輪
二度目は、高速道路上での燃料切れ(保険会社経由でJAF利用)
三度目は、一般道路でパンクしてしまい走行不能→近くの工場までレッカー輸送

 

 

ここに書いておいてアレなのですが、二度目までは非会員でした。
つまり、一回1万円ちょっとを払っていたわけです。(深夜、早朝は割増料金)
それでも年に一回あるかないかの事態だし、まあ良いかと。

ところが、会員費が圧倒的に安く、会員になると全てのサービス(油脂、ガソリン代は除く)が無料ということに気づき、すぐ入会しました。

入会費 2,000円
年会費 4,000円

つまり、年間4,000円さえ払っておけば、何を何回使っても無料なのです。まぁそれがJAFの思うツボなんでしょうけど。
よく何個買うと元が取れるとか言いますが、JAFの場合一回でも使うと非会員は損なのです。
自分は完璧だ、と思っていても知らない土地でずっこけたり、段差に落ちたり、ガソリンスタンドが見当たらなくて燃料切れになったり、ということは当然にあります。
毎日距離のある通勤をしている人や、毎週末は遠距離でどこかに出かけているような人は特に必要です。
そして人を良く乗せるとか、人の前で恥ずかしい思いをしたくないという保険の意味で入っている人も多いでしょう。

そしてJAFの最大の魅力は、自動車保険とは違い、「車ではなく人に紐付けされる」ということ。
つまり他人の車やレンタカー、会社の車であっても、会員が運転していたか同乗していれば会員価格で提供されます。
車での営業が当たり前のような人は、絶対に入るべきでしょう。

その他、会員限定の優待サービスや割引サービス等もあるのですが、まぁこれはたいしたことありません。
バーガーキング1割引とか、そういう程度のものです。
あくまでもメイン業務をロードサービスと捉え、決して優待サービス等に金をつぎ込んでいない点は評価できます。

 

 

ロードサービスということで気になる時間ですが、JAF公式ページには書かれていませんが、よっぽどの山岳地や山奥、特殊な場所を除けば「30分」が目安。
もし30分以内に友人の助けなどで解決できそうであれば、あえて呼ぶ必要はないでしょう。
電話口で住所を聞かれるのですが、知らない場所の住所なんて分かりません。「コンビニ○○店」だとか「国道○○号線のオートバックス」「カレー店○○」とか、曖昧な形で伝えるしかないのですが、オペレーターはパソコンで表示できる地図を持っているらしく、そのような言い方でも場所を特定し、派遣してくれます。また、安全な状態で車を保持させるために「ハザードは付けていますか?」や「車内は危険ですので外で待機してください」といった案内もしてくれます。
もし場所が特定できずうろうろしてしまった場合、JAFのドライバーから携帯に直接電話が入りますので、そこで細かい場所を伝えます。
その後、例えば修理工場に入庫となった場合でも、JAF案件は最優先で対応してくれます。いわば人間の救急車のようなもの。
私の場合、本来の営業時間の30分前だったのですが、JAFが交渉し、特別に店を開けてくれました。(常にこういうパターンになるとは限りません)

ロードサービス料金は、会員であれば無料ですが、非会員であれば、処置終了後にその場で請求されます。
いや、15,000円なんて現金持ってないんだけど。
そりゃそうですよね。
カードがある人はクレジットカード決済できますが、そうじゃない人も多いはず。
その場合は「支払われない場合は以下に連絡することに同意します」というような誓約書を書く・免許証の番号を控えるという条件で、2週間程度の猶予があるコンビニ支払書を発行してくれ、JAFは帰っていきます。
このようなプロセスなので安心して利用できるJAF。入会しておいて損はないでしょう。

「好調」コンビニに異変あり クロ現が取り上げなかったコンビニの裏側

他のテレビ局では絶対に言えないコンビニのタブーに、NHKの「クローズアップ現代」が切り込みました。
5回も放送延期して、ようやく本放送にこぎ着けました。

年間休日ゼロ
週に3日は徹夜勤務
年収290万円(月24万円)

この職業とは?!という切り込みで、実はコンビニオーナーなんです、という伝え方。
知らない人が見れば「えっ?」となるでしょうね。

前半では一般消費者にも伝わりやすいオーナーの現状の説明、後半では専門家を交えたスタジオトークや他のフランチャイズ被害の形です。
要は日本にもフランチャイズ規制法が必要だ、ということを唱えています。

コンビニ人間の作者を呼んでいますが、彼女は「コンビニ大好き」というような本を書いて受賞した作者。
なので、コンビニ批判の立場ではありません。
しかもアルバイトとして働いていただけでオーナー側の立場にはなく、FC契約の話は知らないんじゃないか、という話も出ています。
事実彼女も「オーナーさんは大変だと思います」「不慣れなオーナーは日々の業務に忙しそうで、長く続けているオーナーは店長を育てようとしていました」というような、表面的な受け答えしかしていません。

Q:「本当に丸一日休んだというのは?」
A:「ないです」

手取りがほとんど残らないこと、再契約は本部の自由な判断でできる、本部のシミュレーションはウソだった、ドミナント出店、労働委員会の決定、コンビニユニオンなど、一通りのことを取り上げてはいますが、真相には切り込んでいません(わざとでしょうね)
あくまでも一般受けするような内容にとどめています。
では、クロ現が取り上げなかった「コンビニの裏側」とは-

1.不透明な契約の実態
・売上金はオーナーのものなのに、本部に毎日全額送金
これは不適切な会計処理。しかも送金拒否すると契約解除
・レジ袋など消耗品の経費負担が、全てオーナー負担である事(月5~10万円程度)
本部の指示で商品を袋詰めしているのだから、その袋は当然本部のお金で購入できるはず
レシートや箸などの消耗品もホームセンターやネットで買った方が安いという噂も
・コーヒーマシン等本部提供什器が故障した場合、出張費や部品代を取るチェーンも
・原価のうちの本部利益など、詳細を開示しようとすると拒否される
・辞めようとするとチャージ数ヶ月分の違約金が必要なので辞めたくても辞められない
・大手チェーンでは24時間営業が契約書に組み込まれているため、勝手な変更ができない
「契約書」では7-23時でよいとされていても、「付属契約書」により24時間営業と書かれている
・本部から仕入れる原価が既に高く、スーパーから買った方が安い
原価に既にチャージが入っているのでは。チャージ二重取り疑惑
・コンビニは「現代のドカタ」「現代の3K」
低賃金で重労働。
日本人は集まらず、高校生等アルバイトのバックレ等が多く、即日退職も多く、アルバイトが定着しない現状
番組にあったように、オーナーが自ら出て人件費を抑制するパターンも
テスト期間、文化祭、年末年始、風邪、体調不良などといった事に対応できない
本部は「オーナーさんがシフトに入って下さい」しか言わず、人の手配はしない。本部社員は原則FC店のシフトには入らない
・そもそも契約期間が長期すぎること
・利益から廃棄原価が引かれる
これは本部からオーナーへの支払いを少なくするためのマジック
本来利益とは「原価」から「廃棄」を引き、それに基づきチャージが算出されるものであるが、コンビニ会計は違う
・本部からの圧力
やれ揚げ物やおにぎりの数が少ない、クモの巣を撤去しろ、テープ跡を撤去しろ、○○がほこりだから掃除しろ、トイレ換気扇の汚れを掃除しろ、床が汚い、プライスカードがない、傘立て出しっ放しなど、本質の業務と関係無い部分を指摘してくる
また同じ審査員でも機嫌が悪いとチェックが厳しくなったり、男店員よりも女店員の時の方が評価が高かったり、気に入らない店舗は極端に低い点数を付けて再契約を阻害するなどのひいきがある場合も
・新店舗物件紹介も本部に忠誠的なオーナーから優先的に紹介される
・SVがオーナーに恵方巻き等のノルマを課したり、発注提案書等で事実上の強要。ひどい場合は勝手に発注を入力する
労基法に無知なオーナーがバイトにもノルマやペナルティを課し、ツイッターで告発される例も頻発
本部は従来「加盟店の問題」として助け船は出してこなかったが、全国ニュースになりチェーンイメージが下がることを恐れ法令順守の方向に
・特に季節商品(クリスマスケーキ、クリスマスチキン、恵方巻き等)に関しては売れもしないのに「絶対売れる」などとオーナーを洗脳し、値引きしてもいいからと強気の発注を強要
毎週の新商品も「取ってないのはあなたの店だけです」などと脅し、特定商品の発注を強要

2.不衛生な実態
・トイレは24時間、一日何百回、何千回と使われる。清掃はほぼ皆無
・店外ゴミ箱は不衛生(最近設置しない店舗も増えてきている)
・店外に灰皿を設置しており、コンビニでの喫煙を推進している
・おでんは1日に1~2回しか取り替えていない
・揚げ物や中華まん、ドーナツ等のトングは1日1回しか洗わない(落とした場合等を除く)
・揚げ物を揚げる鍋、揚げ物を置く金属網やトレーは1日1回しか洗わない
・食洗機などは使用せず、全て店員が手洗い。洗剤は使用するが、スポンジは数ヶ月使い回し
・ハエが店内に入るのに、売上アップのためなどとして、おでん什器のふたを開ける不衛生な方法を本部が指導
・虫が店内に入っても、なるべく殺虫剤を使用しないよう本部が指導
・人員不足のため賞味期限チェックもままならず、おにぎりやパンはレジで弾かれるものの、菓子や調味料などは期限切れでもレジが通ってしまう
・揚げ物に使う油は、「2日に1回交換」などと定められているが、店によっては守っておらず、真っ黒の油で揚げている店もある
油の品質が担保されておらず、消費者が確認する方法もない
揚げ物は一度工場で揚げられた物が冷凍され店舗に届くが、工場で揚げた油の品質も不明
・揚げ物等店内調理品は7~8時間保温させ、その後は廃棄するのがマニュアルであるが、必ずしもその時間に廃棄されるとは限らない
従業員の裁量に任されており、忙しかったなどの理由で「揚げた時間」が書かれていない場合、廃棄することもできない
・トイレ掃除した手でたばこのカートンを補充し、小銭を触った手で商品を品出しするなど、ハンドソープで手を洗うとはいえ、人手不足の影響で役割分担ができておらず、衛生的とは言えない

単なるコンビニ批判ではなく、バランスを取った番組にしたかったんでしょうが、次回は徹底的にコンビニを叩いてほしいと願います。