Windows Vistaは失敗作なのか 革新的な機能3つ

2007年1月30日、Windows Vistaが一般小売向けに発売された。私は予約して当日にパッケージを買った。
あのプラスチックのパッケージにドキドキワクワク、そして感動した覚えがある。
Beta2は当時無料で配布されたが、パッケージを持っている人は少ないだろう。2つのパッケージは今も大事に保管している。
もう11年前のOSになるが、改めて話をしてみたい。
 
華やかなデビューの一方、新機能を山盛りにし高いスペックが求められた影響で大きな批判を浴びた。一番大きいのはメモリだろう。XPでは128MB以上が推奨だが、Vista Premiumでは1GB以上が推奨されている。パソコン業界は新しいOSが出てこない限りは原則スペックアップをしない。特に日本製のパソコンはメモリやCPUなどをケチり、画面の美しさやテレビが見れるなどを売りにしてきた。このような業界構造があるので、2001年から2007年の間に劇的なブレークスルーがあったとはいえず、このメモリ要件の差が大きな批判につながった可能性は高い。

また、私はウインドウが透明になるという点も感動した。Windows Aeroはマイクロソフトとしては開発者の作りたいものをそのまま形にしたという点では素晴らしいのかもしれないが、一般消費者としてはあまり受けなかったようだ。ウインドウが透明になろうが3Dフリップで表示されようが、まずは旧OS同様サクサク動くか。今のアプリがちゃんと動くか。テレビが見れるか、録画できるかという点で、OSが変わるのでテレビチューナーのドライバが非対応、またAeroのためにオーバーレイ表示をしていたテレビ視聴ソフトが動かないという点にユーザーは不便だと思ったようだ。

それからよく批判になるのがユーザーアカウント制御(UAC)のために使いたいソフトがインストールできなかったり管理者権限云々といわれてアプリが使えなかったりする点だ。Vistaからは管理者権限を必要とするすべての操作に確認画面を導入することで不正なソフト等の実行を阻止しようと考えたが、ユーザーにとっては使いづらい結果となった。企業のパソコンでは管理者権限が与えられないケースも多い。管理者権限があるのは自宅で使うパソコンぐらいだ。これらの批判を受け7からは感度を調整できるようになったが、UACは最新版の10でも残っている。

また地味すぎて皆さん気づいていない機能が、検索のインデックスを作成して検索結果を素早く表示する機能だ。Vistaから導入されているが、これも現在の10まで脈々と引き継がれている。もちろんユーザー側でオフにすることも可能であるが、これはVista開発前は瞬時にすべてのファイルを検索できる新しいファイルシステムを作ると豪語していたがファイルシステムはNTFS継続で、後付けに縮小になった経緯がある。

このようにVistaは重いとか失敗作と批判されているが、現在の最新版の10につながる機能を搭載していた点で私は失敗作ではないと考える。ただ時代を先取りしすぎたのは事実。どの製品も時代を先取りしすぎると失敗する。Vistaが音頭を取ったおかげで今のパソコンがハイスペックになっているのかもしれないが、Vistaはそのために犠牲になったといっても過言ではない。
日本市場で売るには日本市場の現状を徹底的にリサーチする必要があるだろう。日本のパソコンを買うユーザーは決してパソコン知識が高いわけではないので世界の市場とは違う変わったニーズがある(例えばパソコンは会社で使うものであって家では使わない。家のパソコンはゲームと年賀状とテレビのために使うぐらい)ということだ。

サマータイム導入されたら電波時計はどうなる?カシオに聞いてみた

電波時計といえばカシオが有名ですが、電波時計に関する質問を3つカシオにぶつけてみました。
質問翌日にとても丁寧な回答をくれる点は優良な企業だといえますね。

・サマータイムが導入された場合、電波時計はどうなるのでしょうか。

もしも日本国内にてサマータイムが導入された場合、標準電波送信局の電波フォーマットについては、運営をされております情報通信研究機構様が決定していないため、現段階でどのようになるのかは明確にお答えができない状況でございます。
せっかくお問合せいただきましたのに、このようなご案内となりますこと、誠に申し訳ございません。
しかしながら、弊社の電波腕時計につきましては、ホームタイム都市を変更や手動での時刻合わせなど、ボタン操作にて時刻合わせを行うことは可能でございます。時計が全くご使用いただけなることはございませんので、その点につきましては、どうぞご安心くださいませ。

・うるう秒が挿入された場合、電波時計はどうなるのでしょうか。

うるう秒の挿入が実施される場合、うるう秒が挿入されたあとは、次の電波受信が成功するまでは1秒進んだ状態になります。時計の機種により自動受信を開始する時間は異なりますが、弊社電波時計は自動受信を行っておりますので、自動受信が成功した時点で正しい時刻に調整されます。そのため、特にご自身での操作は必要ございません。なお、次回のうるう秒の挿入はございませんので、詳細は独立行政法人情報通信研究機構のホームページをご参照くださいませ。

・電波時計は全国どこでも受信できるのでしょうか。
・屋内で上手く受信できない場合がありますが、対策はありますか。

日本の標準電波は、福島県にございます「おおたかどや山標準電波送信所(40kHz)」と、佐賀県にございます「はがね山標準電波送信所(60kHz)」がございます。 基本的には、日本国内は受信可能地域でございますが、電波受信は、天候や時間帯によりましては、受信成功しない場合がございます。特に、日中よりも夜間の方が電波受信が成功しやすい環境でございます。

結局サマータイムに関しては不明瞭な回答になってしまいましたが、電波にて正しい時刻が配信されないようであれば手動で変更するしかないようです。サマータイムを導入するためにオリンピックをしようとしているのではないかという話も一部ありますが、私の考えとしてはオリンピックタイムというようなオリンピックの中だけの時間を作ればいい話で、サマータイムなどと銘打ってオリンピック関係者以外の一般国民まで巻き込んで時刻を変更するのは意味がないし無駄が多い、混乱の元になると思うのでぜひ辞めて頂きたい所です。

みんな知らない?! 歯磨きで磨き忘れの多い場所とは

歯周病と言えば日本人のほとんどがなっていると言われていますが、それは毎日の歯磨きの場所に原因があります。朝忙しいので表面しか磨かない人が多いと思いますが、歯の裏側・特に歯肉付近まで磨いている人はほとんど少ないのではないでしょうか。飲み物を飲む、特に最近コーヒーチェーンやコンビニでコーヒーを飲む人も多いですが、ストローで吸うタイプの場合は歯の裏側に歯垢がたまりやすいです。
親不知のあたりや歯と歯が重なっている部分も磨きづらいですが、これらはブラシが届かず虫歯になりやすいです。

歯垢はやがて歯石になり、歯ブラシでは取れなくなります。そもそも歯ブラシはブラシなのでそれほど強い力を掛けることができません。
歯医者ほど歯石が取れるわけではありませんが、身近なもので使えるとしたら爪楊枝です。これの尖った方でカリカリやると半分ほどの歯石を取ることができます。この状態で歯医者に行くと嫌がられずに済むかもしれません。
例えば歯医者が使っているような以下のようなピックもお勧めですが、先がかなり鋭利なため慎重に使いましょう。

歯周病は進行すると最終的に歯が抜け落ちる恐ろしい病気ですので、まずはどんなに忙しくても毎日歯磨き「歯の裏側までしっかり磨く」という習慣を付け、それでも落ちない歯垢や歯石は歯医者に行って取ってもらう、仕事が忙しくても休んででも歯医者に行くなど、歯は生きる上で基本中の基本ですので早めの対策対応を怠らないようにしましょう。