高速道路の裏側!NEXCOコミュニケーションプラザ川崎に行ってみた

全国に張り巡らされている高速道路。その裏側を知っている人はほとんどいないと思います。
その中でも全国で唯一、高速道路の道路管制センターを一般向けに公開し、高速の裏側を全国に発信しているネクスコ中日本。
今回はその施設にお邪魔し高速の裏側に迫ってみました。

概要
NEXCOコミュニケーションプラザ川崎
〒216-0024 神奈川県川崎市宮前区南平台1-1
10:00~17:00(年末年始を除く)
電話 044-866-8730
入場無料・予約不要(要身分証)所要時間1時間程度。団体10名以上は予約が必要
写真撮影OK トイレ、自販機あり
土日もやっていますのでお子さん連れの親子も多い印象です。

 
駐車場には警備員が待機。万全のセキュリティです。まず駐車場から建物まで階段を上る必要があります。
車いすの方などは連絡すれば何らかの補助があると思います。


普通の企業にお邪魔しているような感じになりますので、インターホンがありロックがかかっていて入れないようになっています。
インターホンにて見学の旨を告げると受付できます。受付では予約をされていない場合は名前の分かる身分証の提示が必要です。既に1組来場されていました。ピンポンを押しても応答がない時は5分ぐらい待ってみて下さい。


展示室内には記念撮影もできるブースも用意されていました。


川崎道路管制センターは東京、神奈川、山梨、静岡、長野、愛知の529.1kmを所轄しています。
プログラムとしてはまず構内を自由に見学し、「THE PROFESSIONALS」(約10分)を見て、管制室横にてビデオを観覧後管制室を見学、その後屋上から東京料金所を眺めるという感じです。それぞれの時間になれば係員から声がかかります。子どもでも楽しめるお絵かきブース(2018年春新設)や大人でも楽しめるお堅い系の資料もあります。


管制センターは専用のICカードがないと入室できません。今回はネクスコ社員がICカード通して入室できました。
管制センターはアクリル板越しからの見学・撮影になりますが、撮影に関するご配慮ということで管制室の警察官は写すなと指示がありました。
まるでテレビ局のように大型モニターがずらずらと並んでいる光景は圧巻。
見学中にも事故が一件入り「あ、いま事故が入りましたね」とネクスコの方が一言。
素人には何が何やらさっぱり分かりませんが、毎日見ていると分かるそうです。見方も簡単に教えてくれます。
双眼鏡があると見やすいかもしれません。
事故があるとこのモニターに大写し、恥さらしになりますのでお世話になることがないように高速では安全運転を心がけたいですね。
皆さんが良く聞いているラジオの道路交通情報センターのブースもあり、ここから最新の情報を届けています。
Q:左下と右下ではなぜか競馬。サボってるの?
A:サボっているわけではありません(笑) 緊急地震速報などの収集のために一般のテレビも放映しています


最後にウッドデッキのような屋上から東京料金所を見学。職員の出勤や休憩、退勤は地下で出入り。「引かれますからね」言われてみれば確かに!
普段は通り過ぎるだけの料金所を改めて見ると多くの気づきがあります。
警察も待機していますがここから出動することは滅多になく帰ってくることが多いそうです。


最後に消火栓(見本)を触らせて頂く事ができました。見本ですのでもちろん何も出てきませんが、かなり重いです。

帰り際にはノベルティやスタンプももらえました。ノベルティの中にはノート・ボールペンの他、パワーポイントの写真入りのカラーの資料が同封されており、こんな事が記載されていました。
・情報収集 非常電話(1kmおき)、監視カメラ(1kmおき)、交通管理隊、車両検知器(2kmおき)、気象観測設備
・道路管制システムからお客様への情報提供 高速道路IC出口手前、図形情報板、所要時間情報板、休憩施設混雑情報板
ハイウェイラジオ(5分おきに更新)、ハイウェイ情報ターミナル、ハイウェイテレホン、VICS(カーナビ)
・道路管制センターの主な年間統計データ(平成29年度東京支社管内)
事故件数 3,542件
死傷事故件数 454件
死亡者数 14人
通行止め件数 62件
落下物処理件数 24,053件
道路緊急ダイヤル受信件数 20,236回
非常電話受信回数 2,962回
逆走車の件数 28件

もう一つのコミュニケーションプラザ富士もあるようですが、あちらはスクリーンのみで映像資料だけです。
通常管制センターは通常報道陣にしか公開されないレベルの施設。それを身分証の提示が必要だったり二重三重のセキュリティをくぐらないといけないという条件付きではありますが、一般人にも公開するという点でネクスコ中日本は大変素晴らしいです。
高速道路と言えばお堅い感じもしますがコミュニケーションプラザ川崎のキャッチコピーは「あそびにおいでよ!」ですので遊び感覚でぜひ。
ネクスコ中日本はネクスコ各社の中でもお客様対応を第一に掲げ、当サイトの猪瀬ポールの件でも柔軟な対応を発揮し今年8月には猪瀬ポール撤去を発表するなどとてもフットワークの良い企業で有名です。子どもの社会科見学、自由研究、ネクスコ・高速好きはもちろんネクスコ中日本に就職予定の若者にもぜひ訪れて頂きたい場所です。

コストコガソリンスタンドの価格・給油方法・使い方は?

コストコ会員の方は、ガソリンスタンドも使えます。(併設している店舗のみ)
価格ですが通常のスタンドに比べて約10円安いです。ガソリンが高くなっている昨今、ガソリン目的で会員になるのもありかもしれません。
一ヶ月30ℓ使うとすれば年間360ℓですので3,600円。十分会費の元が取れます。

コストコメンバーズカードが必須です。これがないと給油できません。
また支払い方法も電子マネーや現金等は非対応で、Masterカードとガソリンプリペイドカードのみです。
まさかの現金非対応という点に注意して下さいね。でもプリペイドカードは店で作れるのでそれほど苦労はしないでしょう。

それでは給油手順を簡単に説明します。

まずは給油場に向かいましょう。非会員でも入場はできますが、機械で跳ねられるので給油はできません。間違えて入る人が多いのか何度も大きく「会員専用」と表示がありました。車の給油口と反対側のレーンでもノズルが伸びるので給油可能です。
通常のガソリンスタンドより少し大きめの10レーンほどを配備しておりその風景はさながら高速の料金所のようです。


パッと見た感じは良くあるセルフ式のスタンドをコストコ専用に改造したようなもの。支払い方法はクレジットとプリペイドしかありません。


まずはコストコ会員カードを挿入・認証、取り出して、その後プリペイドカードならそれを挿入・認証、取り出します。
クレジットカードで決済の場合も挿入・認証、取り出します。
今まではプリペイドカードの場合はそれが店内で作れるという性善説に基づいてコストコカード不要だったようですが、メルカリ等での転売対策のためにコストコ会員カードの認証が最近追加されたそうです。


無事に会員カードと決済カードの認証が完了すると、給油画面に移行します。
ここはセルフの機械を使ったことがある人なら分かると思いますが、油種や数量を選択します。


指示に従ってレギュラーならば赤いノズルを取って給油すれば完了です。
おそらく私の予想ですが、決済方法を限定することで余計なトラブルを防止し、店員のオペレーションを最小限にする工夫をしているのではないでしょうか。特にセルフで現金を扱うと金詰まりや過不足、もらった・もらっていないなどトラブル発生要因が増えることになります。
コストコ会員でない方は会員になって10円安く給油すれば日々の気持ちにゆとりを持てるかもしれません。

Windows 10 余計なサービス117個を無効にしてサクサクに!

Windows 10を一番サクサクにする方法は、余計なサービスを止めることです。
サービスは実行中でなくても、手動や手動(トリガー開始)であっても常駐しており、余計なリソースを消費しています。

コントロールパネル→管理ツール→サービスを開くとサービスの画面が出てきます。
無効にしたい場合、そのサービスをダブルクリックしてプロパティ画面を開き無効にします。

業務用のコンピュータなど、Windowsベースで動くあらゆるコンピュータをサクサクにできます。
初心者でもマウスをポチポチするだけなので簡単に実行できますが、もちろんリスクもあります。
今回は「ホームネットワークに参加しない単独のPC・Bluetoothなし・プリンタあり・バックアップや復元は使わない」を想定していますが、必ず画面に出てくる解説を読んでヤバそうだなと思う項目は無効にしないようにして下さい。例のごとく自己責任でお願いします。
※Windows 10 1803時点の情報です
※一覧の中には既に無効になっているサービスもあるかもしれません
※iPodを接続して使う方はApple系、iPod系は止めない方が良いです

このリストは他のサイトの一覧とは異なりUIで無効にできないサービスは除外しているのでご安心下さい。

ActiveX Installer (AxInstSV)
Adobe Acrobat Update Service
AllJoyn Router Service
Apple Mobile Device Service
Application Layer Gateway Service
BitLocker Drive Encryption Service
Bluetooth オーディオ ゲートウェイ サービス
Bluetooth サポート サービス
Certificate Propagation
COM+ System Application
Connected Devices Platform Service
Connected User Experiences and Telemetry
Data Sharing Service
Delivery Optimization
Distributed Link Tracking Client
Distributed Transaction Coordinator
Downloaded Maps Manager
File History Service
Futuremark SystemInfo Service
Geolocation Service
Google Update サービス (gupdate)
Google Update サービス (gupdatem)
GraphicsPerfSvc
Human Interface Device Service
HV ホスト サービス
Hyper-V Data Exchange Service
Hyper-V Guest Service Interface
Hyper-V Guest Shutdown Service
Hyper-V Heartbeat Service
Hyper-V PowerShell Direct Service
Hyper-V Time Synchronization Service
Hyper-V ボリューム シャドウ コピー リクエスター
Hyper-V リモート デスクトップ仮想化サービス
Infrared monitor service
IP 変換構成サービス
iPod サービス
KtmRm for Distributed Transaction Coordinator
Link-Layer Topology Discovery Mapper
Machine Debug Manager
Microsoft (R) 診断ハブ標準コレクター サービス
Microsoft App-V Client
Microsoft iSCSI Initiator Service
Microsoft Office Diagnostics Service
Microsoft Software Shadow Copy Provider
Microsoft Windows SMS ルーター サービス。
Net.Tcp Port Sharing Service
Network Connected Devices Auto-Setup
Network Connection Broker
Network Connections
Offline Files
OpenSSH Authentication Agent
Peer Name Resolution Protocol
Peer Networking Grouping
Peer Networking Identity Manager
Performance Logs & Alerts
Phone Service
Portable Device Enumerator Service
Problem Reports and Solutions Control Panel Support
Program Compatibility Assistant Service
Remote Access Auto Connection Manager
Remote Access Connection Manager
Remote Desktop Configuration
Remote Desktop Services
Remote Desktop Services UserMode Port Redirector
Remote Procedure Call (RPC) Locator
Remote Registry
Routing and Remote Access
Sensor Data Service
Sensor Monitoring Service
Sensor Service
Shared PC Account Manager
Smart Card
Smart Card Device Enumeration Service
Smart Card Removal Policy
SNMP Trap
SSDP Discovery
Still Image Acquisition Events
Telephony
Themes
Touch Keyboard and Handwriting Panel Service
WalletService
Web アカウント マネージャー
Wi-Fi Direct サービスの接続マネージャー サービス
Windows Biometric Service
Windows Connect Now – Config Registrar
Windows Encryption Provider Host Service
Windows Error Reporting Service
Windows Event Collector
Windows Image Acquisition (WIA)
Windows Insider サービス
Windows Media Player Network Sharing Service
Windows PushToInstall サービス
Windows Remote Management (WS-Management)
Windows Search
Windows カメラ フレーム サーバー
Windows バックアップ
Windows プッシュ通知システム サービス
Windows モバイル ホットスポット サービス
Windows 認識サービス
Workstation
WWAN AutoConfig
Xbox Accessory Management Service
Xbox Live Auth Manager
Xbox Live セーブ データ
Xbox Live ネットワーキング サービス
タイム ゾーンの自動更新機能
データ使用状況
デバイス管理登録サービス
ユーザー エクスペリエンス仮想化サービス
機能アクセス マネージャー サービス
空間データ サービス
言語エクスペリエンス サービス
市販デモ サービス
支払いおよび NFC/SE マネージャー
自然認証
保護者による制限
無線管理サービス
容積オーディオ コンポジター サービス

これらのサービスを無効にするとソフトの立ち上がりやマウスポインタの動きが素早くなったのがお分かり頂けるでしょうか。それだけ今まで余計なサービスが裏で動きPCのスペックを横取りしていたと言うことなのです。
仕事でEmbeddedやWindows Serverのサービス一覧画面も見ることがありますが、Embeddedなんかサービス30もないです。家庭用のOSはものすごくサービスが多く、Vistaや7、8、10とバージョンが上がるほどサービスが増えている印象です。家庭用PCをあえて重くさせてスペックの高い物を買わせるMSの策略かもしれません。MSさん、無駄なサービスの増殖はユーザーの不信を買い結局はPC市場衰退に繋がると思います。10の次のバージョンでは「サービス半減」を謳って欲しいですね。