1万で泊まれるスイート!キングアンバサダーホテル熊谷

なんと1泊1万円で泊まれるスイートが埼玉にある。ふっこう割を使って、キングアンバサダーホテル熊谷に宿泊した。熊谷駅から直線で徒歩5分と立地も抜群。アンバサダールームとスイートルームの2種類があり、スイートルームは60平米を中心とした普通の部屋の2倍近い広さとなっている。朝食なしの30時間ロングステイプランで、11,900円のところ、ふっこう割使用で6,900円で泊まる事が出来た。

結婚式の会場なども備えているためか、かなりフロントは立派な作りだ。チェックイン時に前払い制で支払う。ホテルの駐車場は一泊500円でホテル代金に組み込むことができる。ただし立体駐車場で5ナンバー、軽のみなので注意。それ以上の大きさの車は周辺のコインパーキングに止める事になる。

早速部屋に入ってみた。カードキーとなっており荷物がかさばっていても安心だ。こちらがスイートルーム。金色の部分も多少はあるがビジネスライクにも使えそうな印象を受けた。

全体を見通すとこのような感じで、かなり広いのが分かるだろう。冷蔵庫は扉の中にあり、冷蔵庫の稼働音が外に漏れないようになっている。デフォルトではオフになっていたので、使う人は各自でオンにするとよいだろう。

風呂、トイレは別室となっており、高級客室の風格を感じる。ちなみにトイレは自動で蓋が開き、自動で流れる方式となっていた。風呂も足を伸ばせるぐらい広く、蛇口やシャワーは最新の設備となっていた。風呂椅子などはフロントで貸し出してくれるらしい。

風呂やシャワーの水圧は十分で、10分ほどで浴槽を満杯にする事ができた。ホテルと言えば水圧が弱いホテルもありレビューに書かれる事が多いが、この部屋は家庭用とほとんど変わらない。

洗面台はこのようになっており、洗面台からお湯が出る客室もそれほど多くはないだろう。ベッド側の部屋はこのようになっていた。

スイートルームという事もありテレビは2台設置され、1台のリモコンでそれぞれを操作する形となっている。シャープ製の空気清浄機も設置されていた。埼玉のホテルはどこもテレビが小さめなのが要改善と言ったところだろうか。

ベッドはこのような感じ。ダブルサイズぐらいのベッドであるが、1名利用も可能だ。柔らかめであるが、最近他社が売りにしているような高級ベッドではないのでそこは惜しいところ。

熊谷駅まで徒歩5分程度、走れば3分程度という好立地であるのでアクセスも良好だ。複雑な道を覚える必要もなく直線で歩くだけなのも素晴らしい。駅前にはファミマとローソンがあり、その他飲食店も多数あったので飲み食いに困る事はないだろう。

駅ナカにあったケーキ屋でケーキを買い、駅の外にあった吉野家をテイクアウトして部屋で食べてみた。スイートで食べるご飯はいつもより上質に感じられるかもしれない。

こちらがブッフェ形式の朝食。熊谷では一番と言われるぐらい人気が高い。定価は1,500円のようだが、宿泊者は1,400円となる。今回のプランは朝食がついていなかったので追加で購入した。「部屋付け」としてチェックアウト時に支払うのがデフォルトらしい。評価の緩い(?)埼玉県民がおすすめというので行ってみたが、ロイヤルパインズほどのインパクトはないが、庶民的な味、家庭の味を多くの種類楽しめるのはポイントが高い。朝食のレベルでは埼玉一、二位を争うとまで言われているが、確かに朝食のランクは高いといっても過言ではないだろう。パンやサラダなど取り切れなかったものもたくさんあったが、そこはご愛嬌という事で。
少しでも広い部屋がいい、朝食もいいものが食べたいという人はぜひこのホテルを選んでみるのがよいだろう。おそらく熊谷でトップレベルであることには間違いない。

超サクサク?! Chromiumベースの新Edge使ってみた

マイクロソフトがついにブラウザ開発に白旗か、というニュースが飛び込んできた。最新のMicrosoft Edgeはマイクロソフト独自のレンダリングエンジンではなくChromiumベースを採用したという。つまり、マイクロソフトが独自のエンジンを捨てて白旗を挙げ、グーグルのエンジンをお借りしたというわけだ。2018年頃からChromium搭載のベータ版開発が進められ、2020年ようやく正式版が公開された。厳密にはGoogle Chromeのエンジン部分がChromiumであり、Chromiumはオープンソースで誰でも自由に使えるようになっている。最近ではOperaも採用するなどブラウザエンジンのデファクトスタンダードとなりつつあり、流行に乗るのが一番と判断したのだろう。IE6や7ではスタイルが崩れて散々な目にあったサイト運営者も多いと思うが、過去の過ちを反省しweb標準に準拠したいという姿勢を強く感じる。実際にインストールしたので参考にして頂きたい。

こちらは古いEdgeの画面である。MSとしてはIEを打倒すべくEdgeを開発したらしいが、従来のEdgeは機能が少なく設定項目も少なく、単にページを見るだけ、初心者向けブラウザーという印象だった。新しいEdgeはこちらからダウンロードできる。現在のEdgeを置き換える形となり、原則として古いバージョンには戻せないので注意。

ダウンロードボタンを押すとインストールが開始され、約5分ほどでインストールが完了して自動的に新Edgeが立ち上がる。現在のChromeからブックマーク等をインポートする機能や、グーグルアカウントへのログイン機能も搭載されている。このサクサク感はChromeと同等で、下手すればChromeよりサクサクな可能性もあり、一気にメインブラウザに昇格しそうな予感だ。

設定画面も左が旧Edgeで分かりづらかったが、新EdgeになりChromeを使っている人には違和感なく、また初めて使う人でも親しみやすい設定画面になった。図やアイコンが入る事でかなり分かりやすくなった印象だ。


もちろんChromeにある開発者向けツールも丸ごと使用できる。Web開発者には欠かせないCSSリアルタイム編集機能や、chrome://flagsも健在だ。なお、chrome://flagsと打つとedge://flagsに飛ばされるあたり、「うちはEdgeでっせ間違えるなよ」と言わんとしているかのようだ。今現在chromeを使っている人はほぼ違和感なく使用できるので、MS製のchromeと思って一度試してみるのが良いだろう。

全世界のGalaxyに端末リモート追跡から「1」通知、ミスと判明

全世界のGalaxy端末に対して、「端末リモート追跡」というアプリから「1」という通知が20日昼頃に一斉送信され、話題となっていたが、カスタマーサービス(公式)が「テスト用文字列を誤って送信した」などと不具合をお詫びしている。

まず端末リモート追跡というだけでも怖いのに、さらに内容が「1」しか書かれていないのだからなおさら怖いと思った人も多いはずだ。プログラムを組む時にはとりあえず内容を適当に埋めるために0とか1とかいうテスト用文字列をよく使うが、ある程度プログラムに慣れている人であれば「テストだな」と思える余裕があるが、そうでない人はウイルスではないか、不具合ではないか、壊れたのではないかとパニックになる人も多いだろう。プログラミング言語においては0はfalse、1はtrueを表し、何らかの条件分岐において両方trueになったから送信されたのではないかという解釈もできる。現に私の端末にも通知が届いたが、「なんだこれ、まぁテストだろうなぁ」と思ってスルーしていた。そしてタップしても何か表示されるわけではなく通知が消えるだけでなおさら謎であり、アプリの無効化も何もできないのでプリインストールアプリであることは明らかだ。
今後は内部で開発する場合においても公開範囲を社内に限定するなどして、全世界の端末に通知を送らないように再発防止を徹底してもらいたい。