草抜きを命令?コンビニのスーパーバイザーの実態

各コンビニ店舗にはスーパーバイザーという本部社員が配属されていて会社によってSVだのOFCだのと名前は変わるがやっていることは一緒である。仕事としては普段は営業所に詰めて事務作業や会議だが、新規開店時はレジ打ちの応援、それ以外は週1~2日程度持ち店舗を巡回してオーナーと会話し、新商品や施策の説明、販促物のチェックなどをして回るのである。今回は多くが語られないスーパーバイザーの実態について暴露していくことにしよう。

・草抜きを命令
店舗は美しくなければいけないという謎の観念に駆られているので、アイスケースのホコリやレジのホコリ、ATMのホコリ、コピー機のホコリ、軒下のクモの巣、晴れなのに傘立てが立っている、等どうでもいいことを指摘してくる。中には自分で掃除する優秀な人もいるが、ほとんどは店長や店長クラスの主婦に命令して帰っていくだけだ。棚掃除しろとか訳の分からないことを言う人もいるが、コンビニの限られた人員でそれをやるのは無茶だ。専門の業者を雇ってやらせればいい。それをやって売上が上がるならやるが上がった例しがない。
・新商品や施策の説明はウソ、実態は営業
スーパーバイザーはコンサルタントで本部との橋渡しとなって新商品や施策を説明しますとあるが、実際は口癖のように「新商品ですから○個取ってください」「セール中ですから初回最低10個は取ってください」「今回はSNSで話題です」と何かに納得しそうな理由を付けて取れ取れと言ってくるだけだ。何個取らせたかがSVの成績になるのでやたらとうるさいのだ。もちろんたくさん取って廃棄になっても廃棄金額を被るのは店であり本部社員は関係無い。本部の端末から店舗の発注状況を監視し、入っていなければ店舗に電話を掛けてきて入れろと指示することも多い。
・深夜に発注を入れていくことも
上記のように発注至上主義であるため、発注が入っていなければ深夜など店長や管理者のいない時間を見計らって店舗に来てコンピュータを操作して発注することも多い。一部のオーナーは窃盗だなどといっているが、こういうことをする人としない人がいるので不満ならば交代させるしかないだろう。また発注提案書という文書を持ってくることも多い。前年比150%などと設定されていて具体的にこの商品はいくつ入れろと指示されている文書だ。どういう数式、方程式を使えばその数になるのかが全くもって不明で機械的に弾きだしたふりをして実は手打ちなのではと勘ぐってしまう。
・早朝に出てきて仕込み状況をチェック
セール等の実施時は、その仕込み状況を写真に撮影しに来る場合もある。例えば揚げ物のセール時は朝5時から展開できているかなどを抜き打ちでチェックしに来る。5時から揚げても売れないのが現実である。このような考え方が廃棄を増やし地球環境を悪くしているのだ。
・前職はパチ屋?
SVといえばさぞかしレジ打ちが速くてオーナーより知識が深いと思うかもしれないが、そうではない。以前は高卒や中途も取っていたが現在は大卒の新卒しか取らないチェーンであっても、過去の人間をクビにする訳にはいかないので発注至上主義、ホコリのかけらも取れというような昔の考え方の体育会系SVがいるのも現実だ。中途の中には前職はパチ屋というSVもいた。コンビニ経験、小売経験がない違う業界から素人の状態でチョコッとトレーニングされただけの状態で現場に投入されている状態なのだ。なので直営店のシフトインはものすごく嫌がるし、いざレジとなったら固まるし宅急便とか言われると「??」となるのである。まだ高校生バイトの方がレジの操作は素早い。

そういう事でスーパーバイザーは基本的に本部の文書を持ってくるだけの人間で、聞こえはいいが単なる営業だ。将来不要になる可能性が高い役職である。これでも本部社員なので安定した立場であり年2回のボーナスがキッチリ出る。加盟店とは真逆の立場であるので、加盟店に対して見下すSVがいてもおかしくない。ただスーパーバイザーも普通のサラリーマンであるので、一攫千金を目指してSVからオーナーになる例もたまにある。将来そういう立場になりたいというのであれば登竜門としてはいいのかもしれないが、離職率も高く担当がコロコロ変わるのがSVの特徴なので加盟店はあまり当てにしていないのが本音だ。

密着コンビニ店主24時 クロ現で本音は語られず?

NHKのクロ現がまたやってくれました。前回よりパンチは弱いですが、相変わらずスポンサーのしがらみがないNHKなので民放では言えない内容をグサグサと報道しています。特に本部社員が出てきて「我々は店利益よりもロイヤリティを優先する」と断言していたのは衝撃でしたね。セブンが会見で唱えている「コミュニケーション」も意味不明で理解できないというような取り上げ方です。彼らがやっているコミュニケーションは上から下の一方的な、いい意味ではなく悪い意味です。ましてやSV(OFC)は本部からの販促書類を持ってくるだけで何もしません。コンビニの株価が下がり気味であることからそれに配慮してかなりカットされたVTRもあるのではないでしょうか。

特にファミリーマートの店舗にカメラを24時間設置して店員目線、オーナー目線で店の現実をテレビで報道するというのは素晴らしい試みだと思います。トイレのマナーの悪さ、大量に持ち込まれる宅急便、アルバイトが突然帰るのは日常茶飯事です。セブンとローソンでは断られると思いますが、今後も継続してこのような取り組みを実施してほしいと思います。(取材した映像をねつ造したりしなければうるさくは言われないでしょう)

でも中労委の結論が出たからか、どこかやんわりとした感じで本音は語られていないように感じます。東大阪の乱は賛否両論ありますが、オーナーがマスコミに収益を提示したことによってチャージ率が57%=脱サラモデルである事が判明し「サラリーマンの調子で24時間辞めたいというのは甘えだ」という意見も一部にあります。しかしいずれこうなることは予想できたわけでどこかでストップをかけなければいけないのは時間の問題だったはずです。賞味期限の前日や当日に廃棄すればいいものを、本部は独自に「販売期限」というものを設定しこれを超過したものは廃棄せよと指導します。販売期限とは何でしょうか。菓子は賞味期限30日前に下げろという本部指導、デザートやチルド飲料は5日前や3日前などのチェーンもありこれらが廃棄を増やしている要因です。毎週・毎月のシフトをどう決めているか、従業員に連絡を取りまくる姿、チャージが非常に高すぎる問題(他のフランチャイズのチャージはいくら?)、コンビニの仕入れよりスーパーで買ったほうが安い、仕入伝票の開示拒否、また廃棄も本部はほとんど負担せず店が負担しているという問題、インフラと謳っておきながら外国人で回している問題、近年増えている日雇い派遣の問題などコンビニの闇はたくさんあります。一般受けするかどうかは別ですが。
一発目がかなり衝撃的だっただけに二発目は控えめにしたのでしょうが、三発目はどういう視点で攻めてくるか見ものです。とはいえ全国放送でこの内容が流れただけでも十分有益なのは間違いないでしょう。安易な動機で加盟する人を減らすためにも定期的に放送して頂きたいものです。

au PAY開始!使えるお店・使い方・設定方法は?

auユーザー待望の決済サービス「au PAY」が9日から始まりましたが、クレジットカード扱いのau WALLETとは異なりスマホ上でバーコード表示して決済ができるサービスです。基本的にクレジットカードのような後払いではなく、チャージして使うサービスで、au WALLETと残高は共有で残高の範囲内で使うことができます。この残高はauショップとローソン店頭でのチャージの他、クレジットカード、ポイントチャージ、かんたん決済でのチャージに対応します。au WALLETカードは物理カードなのでスキミング、番号を読まれた、財布がかさばる、落とした、無くした、磁気が飛んだ、残高が分からないなどがありますが、スマホであればこれらの問題を解決できますしクレジット決済端末のない店でもできるのでより多くの店で利用できることが予想されます。運営会社は宙に浮いているポイントを使ってほしいとしているようです。

ただ多くのサイトで言われていないことですが、あくまでau PAYはau WALLETプリペイドカードのバーコード版、すなわちバーコード決済という方法を増やしましたよと後付け形式なので、au WALLETプリペイドカードがない人は先に作る必要があります。このカードがない人はau PAYは使えません。なのでauユーザー全てが9日から使えるという意味ではないので注意が必要です。

○使えるお店は?
現時点でローソン、ミニストップ、セイコーマート、松屋、魚民、ウエルシア、ケーズデンキ、ヤマダ電機、ビックカメラやゲオなどがあります。セブン、ファミマは現時点では使えません。将来的にはスシローやはなまるうどんにも対応予定です。詳しくは公式サイトをご覧ください。
一日の支払限度額に制限はありませんが、一回あたりの支払限度額は5万円までです。高額商品の購入時は注意して下さい。

○ポイントたまるの?
200円で1ポイント貯まります。スマートパス会員の場合は200円で3ポイントになります。

○使い方は?
1.まずau WALLETアプリを起動します。(入れていない人や消した人、無効化した人はau marketからダウンロードします)
2.コード支払いをタップします。

3.利用規約等が表示されるので同意します。

4.自動で画面の明るさが最大になりバーコードが表示されます。表示されるコードは5分間限定です。バーコードの画面はキャプチャできませんでしたので省略します。支払い完了後は音は鳴らず、完了画面になります。

画面を閉じると元の明るさに戻ります。
au WALLETを開いてからバーコード表示までは10秒ほどかかりますが、「コード支払い」というショートカットをホーム画面に追加する機能があります。このショートカットから起動すると5秒程度でコードの画面が表示されるので急いでいる時、コンビニ等でもさっと立ち上げて支払いできるのは非常に便利です。言うまでもありませんが決済の度に通信環境が必要なのはコード決済のネックな所ですね。
ただローソンで外国人の店員にエーユーペイというとエディ?と聞き間違えられました。同じエから始まるので聞き間違いされやすいですね。通じない時はスマホ画面を見せましょう。

○設定方法は?
特に難しい設定などはなく、既にWALLETカードを持っているユーザーであれば数タップで1分もかからず入力項目もなしでかんたんに始めることができます。色々な会社から色々なバーコード決済が出ていますがリアル店舗でサポートしてくれる決済がいい、設定が難しい会社は嫌だ、個人情報を送りたくない、一社に絞りたいという人でもauから出たということで一つの候補になるのではないでしょうか。まだバーコード決済をしたことがない人は是非試してみて下さい。