Windows10 自動更新再起動を阻止する方法

Windows 10では、厄介な事にWindows Updateインストール後、ご丁寧に自動再起動してくれる機能があります。
8までは自動更新をオフにしてだましだまし使えていたのですが、10ではオフにする機能がUI上は存在せず、更新率を上げたいというMSの思惑がすけすけで
ユーザーの同意なくアイドル時に勝手に再起動するとは
もはやパーソナルコンピュータではなくMSの遠隔操作マシンではないかと思えてしまうほどです。

Chromeなどの異常終了時にタブを戻してくれるソフトウェアであれば良いのですが、
そうでないソフトウェアの場合は、作りかけのドキュメントがパーになってしまいます。
タイムラグのない作業環境を実現するために当方では常時PCをオンにしており、再起動されてデータが吹っ飛ぶのは一番困るわけです。(もっとも停電でも同じですが…)

UIとしては提供されていませんが、高度な知識を持つユーザー向けに方法が公開されていますので教授します。
なお、もともとこの設定は先ほど述べたように高度な設定である事から、この操作はWindows 10 Pro版でのみ実行できます。

「ファイル名を指定して実行」あるいは「検索」から
gpedit.msc
と打ち込む。

コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→Windows Update
と開く。

以下の設定は無効にします。
・Windows Updateの電源管理を有効にして、システムのスリープ状態が自動的に解除され、スケジュールされた更新がインストールされるようにする
・スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する
・自動更新を構成する
・自動更新を直ちにインストールすることを許可する
・推奨される更新の自動更新を有効にする
これらはとにかく「更新を自動的にぶっこむ」「スリープ状態を解除して更新を自動的にぶっこむ」「ぶっこんだら勝手に再起動する」といううざい機能の塊です。

以下の設定は有効にします。
・スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない
ログイン中で操作していても勝手に再起動するクソ機能です。こちらは表現が否定形になっているので有効にします。

そして再起動すると設定が反映されます。
目には見えませんが、自動再起動から解放されることと思います。
*1ヶ月に一度ほどは作業環境を終了して手動更新されることをおすすめします(その場合でもインストールするまでは再起動は要求されません)

追記ですが、Windows 10では既定の設定ではかなりのデータを自動送信するように設定されています。そのために圧縮などの作業がアイドル時に行われ、無駄な電力を消費します。
スタート→設定→フィードバックと診断から、
・フィードバックを求められる頻度「しない」
・デバイスのデータをMicrosoftに送信する「基本」を選択します。
また、「ストア」アプリの「設定」にて「アプリの自動更新」をオフにします。
この設定を行うと、通常時の作業も若干軽くなります。

劇的に音が変わる!WASAPI排他モード

Windowsでも音にこだわりたい!

Windowsでも音が良くなる方法がある。

OS標準ではソフトごとの音量が調整できて便利だが、
この機能のためにフィルターを通していて、そのため音が悪い。
こいつを通さずに直接出力すれば高音質、という理屈だ。
産地直送、的な。

Vista SP1以降、その産地直送を実現する
WASAPI
ワサピ
という機能が実装された。
ワサビ、で覚えましょう

Direct Sound、WASAPI(ワサピ)共有モード … オーディオエンジン(カーネルミキサー)を通すため音が劣化
WASAPI(ワサピ)排他モード … 他の音は鳴らせないがオーディオエンジンをバイパスできるので高音質  ←ここを目指したい

Windows Media Player ・・・ そもそもWASAPI非対応(論外)
iTunes ・・・ WASAPI共有モードまでは対応
なんと!
WASAPI排他モードを無料で再生できるソフトがある。

foobar2000

英語表記で味気ないプレーヤーだが、適当に音楽ファイルを放り込むと追加される。
プレーヤーのUIなどずっと見るものでもないし。

次に、標準状態ではWASAPIが入っていないのでWASAPIコンポーネントをインストールする

インストールしたら、foobar2000を再起動して、File→Preferencesで設定画面を立ち上げ、
Playback→OutputでDeviceからWASAPIと書いているデバイスを選択する
*eventとpushの違いは割愛
Networking→buffersizeは小さい方がいい、Advanced→Playback→buffering up toは1000000を推奨。

さらに音質重視!ということであれば
MPC-HC 32bit版をインストール、再生-出力から「MPC-HC Audio Renderer」で自動でWASAPIになる
デメリット ・・・ ノイズが乗ることが多く安定動作はしない
*同じWASAPIでもこちらの方が音質が良いという記事がある

Windowsのほうで「アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする」「排他モードのアプリケーションを優先する」を有効にしておく


ここまで設定して音楽を再生すると

こもっていた音達があふれだすような感覚になる。
女性ボーカルの透き通るような音、低音も響くようになり、全域で主張がでてくる。
もう元の音には戻れない。この違いを味わうには320kbps以上のソースがベスト。

OSがVista以上であれば0円で普段の音楽を高音質にできる!
もちろん良いソース(ビットレートは高い方がいい)、良いアンプ(サウンドカード)、良いスピーカーであればあるほど効果を実感できるのは言うまでもないが、ぜひお試しあれ!

Perfumeが歌ったコンピュータ社会

Perfumeの曲を見ていると「いずれコンピュータ社会になって人間の出番はなくなるぞ」と予告されているようでしょうがない。
「変なホテル」というロボットが接客するホテルもでき、そうなるのは時間の問題だろう。
車の自動運転や自動ブレーキの研究も進んでいる。セルフレジは実用化された。

「リニアモーターガール」「コンピュータシティ」「エレクトロ・ワールド」は2006年の作品だが、全然色あせることがない。
コンピュータのデジタル信号の中でもがき苦しむ様子を描いているようにも見える。
まだ世の中がそうなっていないから、だろう。

人間が命令をコンピュータにたたき込む。いわゆるプログラミング。
その結果生まれたソフトウェアは「コンピュータへの指示書」なんて呼ばれる。
正しくても間違っていてもその通りに動くので気持ちいいのだが、一度教え込めば忘れることがない。しかも理論上常に同じ結果を返す。
人間のように疲れないし、食事を与えなくても電源さえあれば動く。
デメリットはただ一つ、教え込ませるまでが大変。
いま人間がやってることは、絶対コンピュータで実現できる。不可能はない。

人間とコンピュータの間をうろうろしていると、
人間の曖昧さではコンピュータは扱えない
コンピュータの明確さでは人間とケンカになる
ことがわかった。
コンピュータになったり、人間世界に戻ったり・・・
最近はまるで磁石のような生活をしている。

何が言いたいかというと、コンピュータ社会になることで
人間がもっていた「曖昧さ」をなくしてしまうのではないかということ。
世の中が便利になるのはいいけど、方向性は間違えないようにしないと。