なぜ「情報」は高校で邪魔者扱いされるのか

2003年に高校の必修科目となった「情報」であるが、進学校の一部では模試などの時間に振替えられ、教科書が期待する指導をしないまま卒業する高校生も多い。
一方、大学や専門学校に入った途端一気に専門的な内容を学習するため、ついてこれない学生も多い。
原因として、高校の情報を指導する指導者が少ない事はもちろんのこと、情報の専門知識を持つ者が少ないという側面もある。
また、日本ではコンピュータは簡単に使える物という考えが浸透し(MS-DOSはサラリーマンの殆どが使いこなせず投げ出したと言われた)、その裏側を指導する情報は嫌悪され、「情報が得意」という学生は少なく、嫌いだ面白くないと言われたらじゃあ自習にしよう、というのは避けられない。
その結果、ワードやエクセルの簡単操作で合格とする学校もあるなど、情報モラルの低下が懸念されている。

特に近年多いTwitterでの炎上事例は、情報モラルの低下そのものである。LINEと同じように使ってしまったら、痛い目に合ったというが、それはクローズドかオープンかという仕組みを分かっていないからである。

平成25年度から新設された2科目は、「社会と情報」が情報の表側、「情報の科学」がいわゆる情報の裏側となっており、それぞれ指導内容を定めているが、本来情報というものは毎日状況が変化する中で、現代において指導内容を定めること自体が時代にそぐわない。
現代の指導内容が、スマートフォンにおいついていないというのはもっともである。
そして私はプログラミングこそ情報の真骨頂であり、若いプログラマーを育てるためにもドンドンやって欲しいと思っているが、本格的なプログラミングは専門高校でのみ扱う内容とされ、普通高校ではほとんど扱われない。やはり情報というものは実習あってこそ身につくもので、体育と同じようなものである。

私であれば教科書の枠を超えて、世の中の情報基盤を支える実例を挙げ、「YouTubeでテレビ局はなくなる」「Suicaとはなにか」「iPhoneの使い方」など、オフィスソフトを使うという平成初期の考えではなく、近年普及したアイテムをタイムリーに取り上げる。そうすることで興味を持ってもらい、嫌いという意識をなくす。その上で、使うのはいいがこういう点に注意しましょうとして一コマが終わる。面白いと思われる授業にしなければいけない。情報とは世の中の入り口なのである。

2進数の変換や1byte=8bitなどの考え方は、今では知らなくても使えるようになっているので、特段教える必要もないように思うが、計算こそさせなくても選択式として知識を問うぐらいのことは必要なように思う。
「便利と引替えに何かを失う」とはよくいったものだが、iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及は、大容量の情報を簡単に扱うことができる麻薬のような存在であり、本当は危ないものだが、誰もその危険性を指摘しない。

既にコンビニと同じように世の中のインフラとして普及した情報。
他教科への時間の振替えの問題、指導内容が時代に追いついていない問題も含め、抜本的な議論が求められている。

iPhoneは爆薬だった

iPhoneというスマートフォンが日本でAppleのノルマやかなりの販促費を掛けて売り出され、一般市民に浸透したわけであるが、(日本ではだいたいのものはTVCMを出せば売れる)
「0円0円」「今はスマホの時代」なんて言われたら、ガラケーから乗り換えたくなるユーザーも多いだろう。今では0円は禁止されたが、実質40円とか80円とかそんな感じで、実質激安で端末を買うことができる。
スマートフォンが音楽番組を終わらせたという記事があったので、それを踏まえて話をしていきたい。

はじめはiOSがほとんどのシェアを握っていたが、今ではAndroidがシェアを逆転。スティーブ・ジョブズの逝去以来、魅力的な製品を生み出せていないAppleは窮地に立たされている。
スマートフォンも広く一般市民に普及し、今や会社・電車の中・街中でスマートフォンを使っていない人を見かけない。ガラケーがあるとしたら業務や一部のコレクターのみである。

そしてこのように普及したスマートフォンであるが、「小型PC」と言われるように、殆どの機能が凝縮されている。写真や動画の撮影はもちろん、それを編集し、保存することもできる。サーバーのファイルを編集したり、名前の変更もできる。オフィス文書の閲覧・編集や画像の加工もできる。
Bluetoothでマウスやキーボードを接続し、操作性の向上を図ることもできる。
ガラケー時代はキャリアが機能を制限し、アプリの開発も独自仕様でPCで使われているソフトウェアの移植は皆無だった。
「パソコンは嫌いだけど携帯はほしい」という日本人のパソコン嫌いにちょうどマッチしたデバイスなのである。

私がスマホに乗り換えて初めてやったことは、
・YouTubeを見る
  あれだけ大きな画面で高精細な動画を閲覧できることは感動であった
・マップを見る
  ガラケーでは不可能だった縮小、拡大操作や不安定だったGPSの即位もスムーズで、ナビもできる。
スマホの先駆けとよばれる2012年に乗り換えたが、4年でインフラのように普及したのは、キャリアが何億何兆単位で販促費を投入したからに他ならない。
当時は「動きが遅い」「ガラケーに戻る」なんていった意見も聞かれたが、スマホ自体も性能が向上し、ノートPC並のスペックを持っていることは殆どの人が知らない。

ガラケー時代には到底考えられないような、新しいビジネスが考え出され、それは当然として旧態のビジネスを縮小させることになるのである。

新しいビジネスとは、今目の前にいる人間を映して動画を投稿したり、生中継を行うしくみだ。
カメラが内蔵されているのでWebカメラを買う必要が無く、敷居が低い。(USBとか面倒な規格を考えなくて済む)そしてパソコンを用意する必要も無いし、ブラウザとか考える必要もない。
また、登録などの必要も無く、無料で簡単に動画をアップロードできるため、日常のちょっとした動画を増やすことに成功した。
つまりこれは従来オーディションを受けてテレビ番組に出る、という仕組みそのものだ。
「笑っていいとも」「ごきげんよう」などの長寿番組が終了した今、テレビ局はYouTubeなどの動画投稿サービスに打って変わられているという現実に気づくべきである。

これだけなら従来からあったのだが、これに「収益モデル」を付加し、あなたの動画に広告をつけると儲かりますよ、と言いだしたのである。つい数年前の話。
これに若者が飛びついた。スマホで撮影すれば儲かる。
そうした途端、動画コンテンツが中身のないものになり、当然今行われているスマートフォンユーザーによる動画投稿や生中継も中身の無いものが殆どであり、その多くは広告費を稼ぐことが目的だろう。
どう中身がないかというと、ただニュース原稿を合成音声で読み上げるだけの動画・使ってみました楽しかったです、というブログ感覚の動画・ゲーム実況の動画、などである。
そこそこ有名になると、月何十万と稼ぐことも可能らしい。
稼ぎ方は人それぞれだと言われればそれまでだが、果たしてこれが動画投稿サイトの望む姿なのか。ちょっと違う気がする。

アーティストのプロモーションも、今や完全にYouTubeに移行した。
ニコニコ動画もあるが、全世界に発信できるインフラという点ではまだ弱い。日本国内限定でゲームに特化したというイメージがまだ根強い。
一昔前はPVは1分弱で終了し、あとは音楽を買ってね、というスタイルだったのだが、AKBがPVをフルで制作し「恋のフォーチュンクッキー」あたりから、フルで音楽を聴いてもらって納得して買って頂く、というスタイルが多くのアーティストに定着した。
Perfumeは昔からこの未来を予測していたのか、音楽業界ではタブーと言われたYouTubeに凝ったフルPVをアップし、常識を変えた。今では国民的アーティストと言われるほど成長している。
こうした中で、TV音楽番組では尺の関係でフルで歌えなかったり、スタジオのセットも大がかりなものは難しかったりするが、自分で作れば好きなようにできる。
そして、YouTubeという大きなプラットフォームにアップロードすれば、放送時間に関係なくいつでもどこでもみんなに見てもらえる。
TwitterやFacebook、LINEなどといったコミュニティを通して、存在が広まる。
完全に音楽番組がなくても今のアーティストは困らない、むしろYouTubeの方がメリットが大きい、というのが結論である。

動画サイト自体はPCの時代からあったが、動画編集ソフトも含め敷居が高く、玄人向けだった物を、スマートフォンがそれを変えた。広告収益モデルが構築され、TVを潰しにかかっているがこれにはコンテンツの質低下というデメリットもあり、今実際そうなっているが、異論を叫ぶ者は少ない。
「自撮り棒」などといわれる新しい撮影方法も広まり、街中で生中継がされていき、もうテレビ局はいらなくなるんじゃないかという所まで来ている。少し偏った番組を放送するとスポンサーが離れ、「電波停止」と言われ、テレビ局の肩身は苦しい状況だ。
インフラという点ではテレビもネットも同じだ。
ネットも電波だ、規制だという時代が来るのかもしれない。

Windows10 自動更新再起動を阻止する方法

Windows 10では、厄介な事にWindows Updateインストール後、ご丁寧に自動再起動してくれる機能があります。
8までは自動更新をオフにしてだましだまし使えていたのですが、10ではオフにする機能がUI上は存在せず、更新率を上げたいというMSの思惑がすけすけで
ユーザーの同意なくアイドル時に勝手に再起動するとは
もはやパーソナルコンピュータではなくMSの遠隔操作マシンではないかと思えてしまうほどです。

Chromeなどの異常終了時にタブを戻してくれるソフトウェアであれば良いのですが、
そうでないソフトウェアの場合は、作りかけのドキュメントがパーになってしまいます。
タイムラグのない作業環境を実現するために当方では常時PCをオンにしており、再起動されてデータが吹っ飛ぶのは一番困るわけです。(もっとも停電でも同じですが…)

UIとしては提供されていませんが、高度な知識を持つユーザー向けに方法が公開されていますので教授します。
なお、もともとこの設定は先ほど述べたように高度な設定である事から、この操作はWindows 10 Pro版でのみ実行できます。

「ファイル名を指定して実行」あるいは「検索」から
gpedit.msc
と打ち込む。

コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→Windows Update
と開く。

以下の設定は無効にします。
・Windows Updateの電源管理を有効にして、システムのスリープ状態が自動的に解除され、スケジュールされた更新がインストールされるようにする
・スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する
・自動更新を構成する
・自動更新を直ちにインストールすることを許可する
・推奨される更新の自動更新を有効にする
これらはとにかく「更新を自動的にぶっこむ」「スリープ状態を解除して更新を自動的にぶっこむ」「ぶっこんだら勝手に再起動する」といううざい機能の塊です。

以下の設定は有効にします。
・スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない
ログイン中で操作していても勝手に再起動するクソ機能です。こちらは表現が否定形になっているので有効にします。

そして再起動すると設定が反映されます。
目には見えませんが、自動再起動から解放されることと思います。
*1ヶ月に一度ほどは作業環境を終了して手動更新されることをおすすめします(その場合でもインストールするまでは再起動は要求されません)

追記ですが、Windows 10では既定の設定ではかなりのデータを自動送信するように設定されています。そのために圧縮などの作業がアイドル時に行われ、無駄な電力を消費します。
スタート→設定→フィードバックと診断から、
・フィードバックを求められる頻度「しない」
・デバイスのデータをMicrosoftに送信する「基本」を選択します。
また、「ストア」アプリの「設定」にて「アプリの自動更新」をオフにします。
この設定を行うと、通常時の作業も若干軽くなります。