スマホのアプリが他業界を壊滅させる理由

「この1年でコンビニで雑誌が売れなくなった」という記事が出ていますが、
理由は単純です。

スマホで何でもできるから。

誰が悪いと言われれば、iPhoneおよびそれを一括0円でばらまいたキャリアでしょう。
※ちょっと前は乗換で7万円現金でもらえたり(乗り換えまくれば金が稼げる)
他社の解約金もらえたりしてたが、総務省が指導し今は三社とも辞めている。また一括0円の表現も禁止された

ジョブズはタッチ機能付iPod touchでとどめておけば良かったのに、電話機能を追加して携帯にしてしまった。あらゆる業界を崩壊させる毒薬を世に出してしまったのだ。
そしてAppleの導入条件(ノルマ)達成のためにCMを大量投入し、0円でばらまかざるを得なかった。
今各キャリアの店舗にはiPhoneの相談客が殺到し、大行列となっているのが現状だ。

ファッションが見たければ、ファッションのアプリ。
偉い人が書いた記事が見たければ、ニュースのアプリ。
マンガなら、マンガのアプリ。
小説を読みたければ、amazon kindle。
日経デジタル版もある。

しかも、そのほとんどが無料で使える。

ガラケーの頃とは段違いの性能と情報量(手のひらに収まるノートPCともいわれる)である。
そしてガラケーの頃は、キャリアが認めた一部企業しかアプリを作れなかったが、
iOSとAndroidは、一般人、つまり誰でもアプリを作れる。
一般人でも、審査に通過すればマーケットに掲載してくれる。
*マーケットに掲載できないアプリは「野良アプリ」と呼ばれる

キャリアを通さずアプリを作るため、ユーザーの声を反映しやすく、週1や月1で更新されるアプリも多くある。
スマホの人気は、この更新頻度の高さにもあるだろう。
*OSは滅多にアップデートされないが、一般層はそんなこと気にしない

Perfumeがスマホ時代を見据えてmy colorで「手のひらが世界中 つながるウィンドウ」と
歌っているが、ついにその時代が到来してしまった。
歩きスマホとかいう言葉も、つい3年前にはなかった言葉だ。

なぜスマホが普及してPCが普及しなかったかというと、
買ってからの設定が面倒だということ

これに尽きるでしょう。
買ってからのユーザアカウントの設定????
メールアカウントの設定??? exe形式??? 一般人には理解不能。
マウスは触れるけどキーボード打てない。苦手。
スマホなら販売店が使える状態にしてくれて、買ってからもサポートしてくれる。
買ってすぐに動画が見れる、ネットが見れる。文字もタッチすればいい。
おかげでパソコンも売れなくなった。VAIO売却はその象徴だろう。

とにかくアプリで手に入る情報を、雑誌が後追いしたところで、売れないのは当然。

唯一雑誌が売れてるとすれば、週刊文春ぐらいでしょう(笑)
あとはジャンプ・マガジンといったところだが、こちらも部数減少に歯止めがかからない。

スマホのアプリでは手に入らない独自のスクープなど、金を払いたいと思うコンテンツを揃えていかないと、雑誌業界は確実に終焉を迎える。
その点をうまく見据え、集団リンチが大好きな日本人の習性を利用し、
この半年で有名芸能人や議員、都知事など6人以上をぶった切った週刊文春は、素晴らしい。
文春は「factを伝えたいだけ」としているが、必ず世論はどちらかに傾く

Core i7を買わない理由

円高の影響で、PCパーツの多くは値上がりしているが、
CPUも例外ではない。

価格.comで6700Kが一位だったので、?と思い、記事を書かせて頂く。

i7というだけで37,000円前後はしてしまう。Kなしでも33,000円。

i5(6600K)であれば、26,000円前後である。(2016/7/16現在)

為替の影響よりも、プロセス微細化の影響・内蔵GPU強化で
CPUそのものの本体設定価格(ドル)が上昇し続けているのだ。
※タブレット向けには安く卸さないといけないため、個数が売れない自作ユーザー向け製品は高く設定しているとも考えられる

i5自体も性能向上を続けており、(もちろん同世代のi7とは比較にならないが)
2世代前や3世代前のi7とほぼ同等の性能となっている。

そして、i7といえば4コア8スレッドということで「タスクマネージャで8個のグラフが見れる」ということで自己満足に浸ることができるが、
8個のコアをフル稼働させるといえば動画エンコード以外に用途が思いつかず、
24時間動画エンコードをする人など一部のプロ以外に存在しない(まず電気代がヤバいことになる)
そして一つランクを下げたところで、その本命の動画エンコードも数秒遅くなるだけである。
8個コアのグラフが見れるタスクマネージャーもwin10ではCPUのグラフが統合されてしまい、意義が薄まった(設定で変更可能)
i5でも、あの悪名高いPen4の10倍という途方もない、一般用途では十分すぎる性能を持つ。
一般人がメールやネット、ちょっとしたオンラインゲーム、たまに動画エンコードをする程度であれば、i5で十分ではないだろうか。

消費電力も、6700k(4GHz)は最大150Wに達するようだが、6600k(3.5GHz)は最大102Wに留まり、3割減となる。
同時に性能(CINEBENCH)も3割減とほぼ比例しているが、ベンチマークはあくまで最大負荷時の性能を数字で表したもの。
インターネットやメールはCPUの5%程度しか負荷がなく、下手にこだわってi7にしたところで、そもそもの代金と金の無駄である。
評判の悪かったダブルグリスバーガーが解消され、OC耐性の高い子もいるらしい。水冷やガス冷などせず、ライトにOCしたい方にもi5はおすすめだ。(多少失敗してもマージンがあるので)

もしHDDを使っているのならば、CPUはほどほどにして、SSDも勧めたい。
体感で5倍?10倍?の速度向上効果がある。
Windowsの起動ロゴ、ワードの起動ロゴを見ることすらできないぐらい速くなる。
ただし構造上、お亡くなりになる時はいきなり死んでしまうので注意。(所詮フラッシュメモリなので)

そして意外と皆さんが知らないのが、GPUの存在である。
Intel HD Graphicsという内蔵グラフィックチップが昔はマザーボード上に実装されていたが、今ではCPU内に内蔵されており、
下手なグラフィックボードよりは高性能。ネットのオンラインゲームぐらいはできるようになってきた。
(余談)
・・というのがまぁあるわけですが、その浮いた金でGPUに金使いましょうよ、と言う話。
ネットやメールなどの画面、YouTubeなどという画面切り替えをよく行う場合には、
GPUが生きてくる。ゲームをしなくてもなるべく高性能な物を積んでおいて損はない。
*しかもCPUスロットはコロコロ変わるが、PCI E規格はそうそう変わらないので、次のPCに使い回しができる

体感とはさほど関係ないベンチマークの点数を追い求めて、見栄張ってi7にしますか?
i5で十分じゃないですか?
ネットでCPUを買う人なんてそういう人だ、と言われそうですが、
一定数目的に見合ってないオーバースペックな種類を選んでる人もいそうです。
ただの電気の無駄(宝の持ち腐れ)です。

現実的に電気代を節約する8つの方法

いろいろなサイトで、電気代を節約する方法が書いてあるが、私なりに効果的な節約方法を書いておく。
下のような非現実的なちょうちんな事は書いてませんので^^
エアコンの温度を調整して省エネ → いや、無理して節電はしたくないし。暑い時は暑い、寒い時は寒い。人間とはそういうもの
冷蔵庫にモノを詰め込むと電気がかさむ → 毎日整理できたら苦労しない
上位機種に買い換えれば省エネ → 消費電力の表示方法の基準がコロコロ変わってるから新しい機種が省エネに見えるだけで、技術は完成されておりほぼ省エネの余地はない
*最新の基準では、小さい冷蔵庫も大きい冷蔵庫も消費電力は大差ない。ファン式か直冷式かだと差が出るが、詳細は割愛
液晶テレビの待機電力は0.1Wだが一時的に30Wぐらいになるので主電源から切る → それテレビじゃなくて文鎮。

1.白熱電球はLEDに取り替える


2011年頃までの新築の場合、トイレや洗面所などに白熱電球が使われていることが多い。
特に家族が多いと点灯時間も長く、電気代がかかる。
白熱電球は記載のワット数がそのまま消費電力となるが、LEDの場合60W相当の明るさを7Wで実現(東芝の電球)できる。
相当と書いたのは、光の広がり方が違うためである。LEDは全方向に広がりにくい性質を持っている点には注意が必要。
シーリングライト等、蛍光灯からLEDは、月200円程度の節約になり一年使って元が取れるぐらいのもので大きな削減効果はないが、熱が出ない・紫外線が出ない・長寿命などメリットも大きい。詳しくはこちらのページで好みの製品を探してみるとよいだろう。

2.暖房便座は瞬間暖房の機種を
暖房便座は冬に便利なアイテムだが、廉価機種だと通電中はずっと温めたままになり、電気代がかさむ。トイレは一日の中で大して使われていないことに着目し、座った一瞬だけは冷たいものの、ほんの数秒で温めることができる「瞬間暖房」の機種にすれば、電気代は4分の1になる。便座が自動で閉まるタイプのものだと、保温効果もあり、尚良い。

3.パソコンのほこり掃除、ノートPCへの移行
ファンの部分には、必ずほこりがたまる。ほこりを掃除しないと排熱されず、性能が下がったり、故障やフリーズの原因になる。
専門知識がない人にはお勧めできないが、分解してCPUファンと電源ファン、ケースファンを見ておくと良いだろう。
環境にもよるが、1~3ヶ月に1回程度でよい。
またパソコンを最新に買い換えると、初期投資はかかるが結果的に節電になる。
ネットサーフィン程度しかしないなら、デスクトップをやめてノートに移行するのも手だ。
こちらのサイトではノートに移行すると電気代が3分の1になるというデータもある。

4.換気扇

3に関連するが、ファンのあるものにはほこりがたまる。
この原理に基づいて、トイレや洗面所、風呂の換気扇のほこりを分解できるところまで分解して、掃除しよう。
特に最近の住宅では24時間換気が義務化され、24時間換気扇をデフォルトで回している家も少なくない。
換気扇はそんなに電力を消費しないので24時間つけっぱでOK!
という提灯記事があるが、それはそれでいいのだが、ほこりでつまっていると定格消費電力を超えて消費し、電気代1,000円の化け物になっている可能性も。

5.冷蔵庫

パナソニックの冷蔵庫を使っているが、冷蔵庫といえば半分ぐらいはおとなしくいるものだと思っているが、ずっとうぃーんと言っていて電気代の高い月があった。ぶっ壊れてるのかと思い、コンセントを抜き差ししたら直った。
特に冷蔵庫はスイッチもなく24時間連続稼働を強いられるので、停電等で内蔵コンピュータがバグり、高消費電力になることがある。
1年に一回はコンセントを抜き差しする
また、冷蔵庫は左右・上下から排熱する。特に下にごみやほこりがある場合、排熱の妨げになるので掃除しておく。背面は最近の機種は0cmが可能になったため、背面を開けろという記事は古い。
一人暮らしで冷凍食品を使わない場合は、いっそのことホテルにあるような冷蔵機能だけの冷蔵庫に買替えを検討する。冷蔵よりも冷凍のほうが電気代がかかる上に、単純に小さければ冷やす面積も減るため、電気代も減る。
パッキンを掃除する
のではなく、パッキンの接触面(本体側とパッキン側)を掃除する
たったひとつのほこりや汚れから冷気が外部に放出され、冷えなくなる
冷えなくなると、常に冷却しなければいけなくなり電気代が上がる原因になる。

6.エアコン

24時間付けていたいと思うと思いますが、家庭用のモデルでは、24時間365日稼働は想定されていないので厳禁。平日は1日8時間程度の使用にして、それ以外は電源を切ること。マイコンがおかしくなります。
春や秋など、エアコンが不要な季節は電源を切ること。曜日タイマーや時間帯タイマーのある機種は、有効に活用する。
フィルターは、2週間に1回が推奨されているが、最低1ヶ月に1回でもいいので、定期的に掃除すること。
風が止まったりと一番効率よい動作をしてくれるので「自動」で使っているが、冷房なのにほとんど風が止まっていてお話にならない。温度センサーがぶっ壊れてるのではないかと思い、ブレーカーを上げ下げしたら直った。
家庭用エアコンを24時間連続稼働で、1週間放置していると内部コンピュータ(マイコン)が誤作動して風が出ない等、通常の1.5倍程度電気代浪費の原因となる。
1日に一回は電源を入切する
1ヶ月に一回はコンセントを抜き差しする(ブレーカーを上げ下げする)

実はというか当たり前だがエアコンにも「シロッコファン」というファンがあり、当然ほこりがたまるので掃除すると節電になるのだが、エアコン清掃業者の利権を守るためか取説では一切触れられていない。
また窓にプチプチを付けたり、ドアの隙間や窓の1mm単位の隙間を塞ぐのも有効だ。


7.扇風機は微風ならACよりDC式

扇風機と言えば昭和の時代からある家電だが、今までの扇風機はアナログというかボタンで電流の強弱を調整していた。
DC式扇風機は、変換機構が必要なため、本体がずっしりしているのが特徴。
ACはずっと電気を使うが、DCは電磁石の極を入れ替える時だけ電気を使う。さらに回転数をデジタルで管理することで、きめ細やかな風を送り出すことが可能になり、そよ風程度の風がほしい場合には、ACに比べると省エネになる(ACの弱を10分割したような感覚)。強い風で使っている場合は、DCではロスが増えるため、ACをおすすめする。

8.パソコンを最新式に買い換える
最新のパソコンの方が、省エネです。
また、デスクトップよりノートの方が省エネです。もっといえばノートよりタブレットの方が省エネです。
特にSSD搭載モデルはお勧めです。
もしゲームをせずネットを見る程度や文章を作る程度ということであれば、ノート・タブレットをオススメします。
最初は5~10万円などお金がかかりますが、5年10年で見ると電気代で取り返せるかもしれません。