スマホのような薄型信号機 埼玉県にあった!

まるでスマホのような薄い信号機の報道が出ていますが、埼玉県内で見つけました。

今青になっているのがお分かりいただけますでしょうか。角度を付けて設置しているという報道がありましたが、確かに角度が付けられています。
まるでスマホをそのまま信号機にしているような圧倒的なフラットさに感動。
とにかくフラットなので一発でわかると思います。自動車運転中はわからないかもしれませんが、街を歩いているとすぐに見分けがつきます。
このようなスマホ型信号機が普及することで輸送コストや設置コスト、メンテナンスコストも削減できます。運転手の多くは究極な話壊れずに24時間いつでも赤や青が分かって交通事故にならなければいいわけですが、とにかくコストを削減して信号を管理することが今の時代求められています。
通常の豆球、LEDなどと信号は進化してきましたが、今度は薄型の方向に進化。警察としては管理する信号を減らしたいはずですから、超将来的には電波を配信してスマホや対応カーナビなどで信号を表示するようなシステムが出てくるかもしれません。

イケアは家具だけではなく食事もできる?!

イケアはオードリー春日のチェアの件で有名ですが、実は家具だけを売っているわけではありません。イケア店舗に入ると、まず食品のコーナーがあります。日本では扱っていない外国にしかないような多彩な食品を購入できます。購入は現金の他、各種クレジットカードが使えます。
会員カードを作ることはできますが、カードがなくても誰でも入れます。

2階に行くと、家具売り場とは別にフードコートやイートインのようなコーナーがあり、そこで夕飯を済ませる人も多いようです。様々なメニューがありカレーなどを購入することもできます。

このように学食のようにすでに冷えている食品を各自でとっていくセルフ形式となっています。カレーなどはその場で作るのでカウンターのおばちゃんに注文すると受け取れます。これらを合計し、レジに持参して代金を支払う形です。

 
もちろん机やいすはイケアで扱っている商品を使用。イケアの商品に触れてもらうことで買ってもらうという戦略のようです。本革張りの高いソファもありますが高いだけにまずほかの客に陣取られているケースが多いです。


ドリンクバーは100円で購入することができます。稼働しているマシンは人が多かったのであえてCLOSEDのマシンを撮りましたが。カップを捨てるまで何度でも飲むことができます。今回我々は上のような商品を買いましたが、これらで800円程度。外食のように見た目のボリュームがあるわけではないですがリーズナブルに済ませたい人にはぜひおすすめです。客層もコストコとは違い大人しいというか静かな客が多いので、パソコンで書類作成もよし、ちょっとした会議をするにもよし、一日待ったりと過ごすことができます。まだ行ったことがないという人はぜひ行ってみて下さい。

仕事の年収を上げる最も簡単な方法

それはズバリ、上司に直談判することだ。

一般的に日本企業の場合、出世すればするほど給与も上がる。自然に出世するケースもあるが、自分から言わないと出世できない企業も多い。
出世を希望していないケースでも、昇給自体は言えば簡単にしてくれる場合もある。
もちろん勤務態度が良好で遅刻や無断欠勤がなく会社にある程度貢献していることも条件にはなり得るだろう。

例えば今が手取り15万円で、20万円にして欲しい場合は「20万円にしてくれ」などと上司に直談判するのだ。
理由を聞かれたら生活の圧迫を挙げ、様々な物が値上げしているので生活できない、ライフラインも上がっており生活が大変だ、等と主張するのがよいだろう。何となく上げてくれとだけしか言わないと「じゃあ16万円にしたわ」などとなり大して効果がないこともあり得るので注意。
交渉ごとが好きな人は家計の支出一覧を作って提出してみたり、他の会社に勤める同じ年齢の同僚に聞いてきた数字を掲載したりするのもよいだろう。「あっちのほうが高ければあっちに転職します」という一種の圧力にもなる。今の時代、同じ企業で死ぬまで働き続けるという年功序列型ではなくなってきている。

水面下でネチネチと部下に圧力を掛けて辞めさせるような人もいるが、結局自分の仕事が増えるだけで逆効果だ。
くれぐれもお金が欲しいならお金が欲しいと上司にズバリ言うことがとても重要だ。
人間ボランティアで仕事をしているわけではない、生きるために仕事をしているので上司もある程度理解はしてくれるだろう。
万が一交渉に失敗してもクビになることはないので物は試しに一度聞いてみるのがお勧めだ。