コンビニで値札がない5の理由

皆さんがよく使うコンビニ。しかしお財布に厳しい女性客が来ないのには理由がある。
それは「値札が違う」「値札がない」などといった値札に関する意識が低いこと。
108円の商品かと思って持っていったら実は216円。返品します!という客も多い。
コンビニ全ての商品の値札が綺麗に完璧に揃っている店はほとんど見たことがない。
なぜこのような事が起きているのか原因をまとめてみた。

1.店長のミス
値札はまとめて本部から送られてくるが、それを一つ一つ切り離すのは店長の仕事。
商品名もものすごく小さく老眼だと読めない。しかも「ポテトC 抹茶W」など暗号のように略され理解不能な値札もある。
その作業の中で似たような名前の商品があればそれを間違えて付けてしまう可能性がある。

2.一時的に品切れになって裏返しや捨てる
コンビニには意識の高い主婦が在籍しており、数時間ごとに売り場を見て回っては在庫のない商品の値札を裏返したり捨てたりする人がいる。このように裏返したり捨てたりされると、次その商品が入ってきた時に値段が分からないという事態になる。

3.カットしたのに値札を捨てない
発注担当者は商品しか目がなく値札に意識がないため、その商品の取り扱いを辞める(いわゆるカット)を決断しても、商品の値札を捨てないのでそのまま鎮座し、違う時間の納品担当者はその商品の代わりに新たな商品が入ってきても置き場がないので適当に空いている場所に置く。そうすると商品と値札が違う事態が起こる。

4.商品の回転が速い
コンビニ商品の回転は、スーパーより速い。毎週新商品が出てきて、3週間もあれば棚半分のラインナップが変わってしまう。スーパーの10分の1程度の人手で回しているのにスーパーの10倍回転が速いとしたら管理が追いつかずこのようになるのも理解できるだろう。

5.忙しく見てられない
コンビニはスーパーのように「品出し担当」「レジ担当」と明確に分かれているわけではなく、コンビニ店員は全ての業務をこなせるスーパーマンでなければならない。レジをしながら品出しをし、フェイスアップをして掃除もしながら揚げ物も揚げる。こう考えただけで無茶だと思う人もいると思うが、無茶なのでどうしても優先順位の低い値札の件は後回しになってしまうのだ。ちょっと意識の高い深夜アルバイトが見ているか程度で、他の時間帯で気を配ることはまず無理。

○値札のない商品の値段を買う前に知る方法は?
店員を呼び、「これいくらですか?」と聞くとレジやハンディ端末で値段を調べてくれる。レジに持っていってやっぱ取り消し、とするよりは全然スムーズな方法だ。

わざと値札を付けず買わせようとしているのではないか、コンビニは値札を気にしない人が来店するから別にいいのではないか、という意見もあるが、コンビニ本部は適切な値札を付けることを指導している。店長や店長クラスの主婦等であれば理解しているはずだ。しかし、忙しすぎて管理が追いつかないのが現状なのだ。二人体制で1,000種類の商品を店に置きながら一日800人の客を捌く。管理したくてもしきれない実態があるのだ。

圏央道菖蒲PAは関東広域土産が揃う穴場スポット!

圏央道といえばサービスエリアが少ない事で有名ですが、その中でも菖蒲(しょうぶ)PAはサービスエリア並みの規模を誇ります。
一応PAでパーキングエリア扱いですが、規模はサービスエリアと同等です。
住所 〒346-0113 埼玉県久喜市菖蒲町下栢間859-3
電話 0480-85-1313

ネクスコのコストカットのために上下線兼用で建設されましたが、上の位置関係を見て頂ければ分かるようにそれゆえに客がどこに行くかが読めないので、あらゆる地域のお土産を扱っています。東北道、関越道、外環、常磐道、首都高すべてにアクセス可能で良好な立地だと言えます。

確認した限りで東京(東京ばな奈)、東北、群馬、茨城など各地のお土産がありました。
お土産というのは私はその場所で買ってこそのお土産だと思いますが、中には買い忘れたという人も多いと思いますので買い忘れ需要を狙っているのでしょう。試食コーナーもありました。
また名前をかけて勝負、勝つなどをもじった商品も多いです。「しょうぶ」って何かと思ったら自分の名前をもじっているのに気づくまで数分かかりました。

日曜日の少し遅めの時間に訪れましたがテレビで紹介されたこともあってか客が多く、圏央道唯一のガソリンスタンドも備えていますので、圏央道を使った際はぜひ立ち寄ってみて下さい。

ワークマンプラス ららぽーと立川立飛に行ってみた

一週間前にオープンし初日の売上が既存店初日の売上高の3倍を記録したというワークマンプラス(ららぽーと立川立飛)に行ってみた。
まるで某ユニクロのように配置された店内は、9割がワークマンの商品。なのに絶対普通の店では見かけないであろう女性の姿が。女性がワークマン商品を手に取る光景には驚愕だが、夫に連れられてなのかもしれない。
ショッピングモールは男女比が半々ぐらいなので普段来ない客に来てもらうには絶好の場所なのである。

ららぽーと立川立飛自体は、とても上品な客層で20~30代の若い男女が多いようだった。ギャーギャー騒ぐ子どもも少ない。
一階や二階もふらふら見て回ったが、客はほとんど何も買っていなかった。ふらっと遊びに来た、見に来ただけ?
三階には空きテナントも見られららぽーと自体の売上としては厳しいのかもしれない。
その起爆剤としてららぽーと側も普通の店ではない変わったテナントを求めている節もあるのだろう。
「30分で都心に出れるのにここに来る理由」を提案していく必要があるだろう。子連れは電車に乗りたくない、なら車で。だがそこで駐車料がネックになってくる。平日は終日無料だが、休日は三井のカードを持っていない人は最初の1時間は500円、それ以降は30分250円という比較的高めの設定となっており集客に影響を及ぼしている可能性が高い。1,000円以上買えば1時間無料、2,000円以上買えば2時間無料、3,000円以上買えば3時間無料にはなるが、都心郊外のショッピングモールにしては駐車料が本当に高い。
「昔のイオン」という感想もあった。メイン広場が端、吹き抜けが少なく通路が狭いので非日常感を演出できていないようだ。

社会学に詳しい友人と話しての結論は「ワークマンの試みはいいがららぽーと自体がちょっとねぇ」ということで駐車料の値下げを含め対策を検討していく必要があるだろう。駐車料全面無料の田舎のショッピングモールは土日はここより客が多く建物内も前に進めないぐらい混雑するからだ。田舎以上に客が来てくれないと高い賃料・高い人件費でテナントは逃げてしまうのだ。