不要なWindowsサービスを完全に削除する方法

Windows サービスは通常サービスのUI画面から削除しますが、マイクロソフトにとって消されたら困るサービスは消せないようになっています。
そのようなサービスで、明らかに自分にとって不必要なサービスはコマンドプロンプトから根こそぎ消してしまった方が気が楽です。
例えばXboxやNFC、赤外線など絶対使わないサービスは削除してしまっても良いでしょう。


1.コマンドプロンプトを管理者権限で実行
2.sc.exe delete [サービス名]と打ち込む
サービス名はサービスのUI画面からダブルクリックすると分かります
3.エンターを押すと削除される
※一度削除してしまうと絶対に元に戻せないので、ミスのないようサービス名は二度三度必ずチェックして下さい
ちなみに無効にしたい場合はsc.exe config [サービス名] start= disabledとなります。

予想以上にサクッと消えてしまうのが逆に怖いです。一部のサービスは管理者権限でコマンドを叩いても「アクセスが拒否されました」「パラメータが間違っています」などとエラーが出て消せない物もあります。それは仕様です。
いくつかサービスを消すとパソコン操作が気持ち軽くなりました。まずは要らないサービスを無効化していき、一ヶ月程度経過して不具合が起きないと分かったら絶対に不要なサービスを中心に消していくことをお勧めします。

sirocaの電気ケトル3分で沸騰!カップ麺作ってみた

ガスを湯沸かしのためにしか使っていないのでガスコンロを売りに出したはいいものの、湯を沸かす手段がなくなったので西友でsirocaのSEK-208を3,000円で購入しましたのでレビューします。


箱を開けるとまず取説が出てきます。当たり前ですね。sirocaというメーカーで中国製、単に沸かすだけで保温機能はありませんが、日本のニーズを踏まえた安全機能を搭載しているのは素晴らしいです。


本体と充電器は別包装になっています。本体を取り出すとチャイルドロックのボタンが見えます。注意表記もきちんと日本語の表記で違和感もありませんでした。
側面には電源ボタンがあります。チャイルドロックを変化させてみましたが、蓋は開くので蓋のロックではないようです。日本のユーザー向けに注意や警告書きのラベルがしっかり貼られているのも日本製かと思ってしまうほどです。

 
早速水を入れてみました。左右のつまみを押して蓋を外して水を入れ、また蓋を戻すだけの簡単操作です。側面に200ml単位で目盛りがあるので毎日のコーヒーにも使えそうですね。


水を入れたらチャイルドロックをして、電源ボタンを押します。チャイルドロックをしないと沸き上がるのがかなり遅くなるので注意して下さい。チャイルドロックをした状態ですと500mlの水であれば3分もかからずに沸き上がります。もしかするとガスより速いかもしれません。
特にメロディ等は鳴りませんがランプが消えてパチッという大きめの音がして自動でオフになります。
匂い等が気になる人は一度沸かした水は捨てて二回目以降から飲用に使うと良いそうです。

 
お湯はチャイルドロックを解除し手動で傾けると出てきます。安全性やコーヒー等の飲用を考慮してかドバドバとは出ないようになっています。
さてこれで沸いたお湯で明星一平ちゃんを作ってみましたが、美味しく完成しました。ガスより劣ると思う人もいるかもしれませんが、むしろガスより熱いお湯ですので美味しい感じがします。ガスに比べてダイレクトに加熱できるのでその点でおいしさが変わってきたのかもしれません。3,000円にしてはコスパが良くアマゾンでも高評価です。もしまだ電気ケトルを持っていないという人は入門用としてこの製品ご検討下さい。

Androidスマホで無料ナビ?! グーグルマップを有効活用しよう

スマホを持っているのに道を尋ねてくる人がいます。
あの、あなたのお持ちのAndroidスマホでナビできますけど?
キャリアは教えてくれない、むしろキャリアの店員すら知らない可能性が高いAndroid端末での無料ナビの方法をご説明します。

1.GPSをオンにした状態でまずはグーグルマップを起動します。
「マップ」という名前のアプリがあらかじめ入っていると思います。
現在位置が今の場所でない場合は経路の上の測位ボタンを押します。

2.上の検索バーに目的地を入力します。

3.「経路」をタップします。

4.GPSをオンにしていると自動で経路が計算されます。
オンにしていない場合は手動で現在地を入力します。
自動車、電車、徒歩の種類を選択します。「…」の経路オプションを選択すると詳しい内容を設定できます。
自動車…高速道路を使わない、有料道路を使わない、フェリーを利用しない
電車…出発、到着、最終、利用する交通手段(バス、地下鉄、鉄道、電車) ルート(最適、乗り換えが少ない、徒歩が少ない、車いす対応)
徒歩…フェリーを利用しない
経由地の追加もできます。

5.全ての設定が完了したら、右下の「↑開始」を押すとナビが起動します。
検索マークを押すと経路上の施設等を検索できます。例えばコンビニやガソリンスタンド。
音声マークを押すと音声を出すか、重要な音声のみ出すか、オフにするかを選択できます。
方角マークを押すと北を上にするか、端末の向きに合わせて地図を回転するか選択できます。
下の時間の部分を押すと詳しい経路や設定ができます。
その横のルートのマークを押すと複数ルートから選択できます。
ナビを終了する時は端末のクリアキーを押すと終了できます。

5年前はグーグルマップの機能が貧弱で単なるナビしかできませんでしたが、機能が向上し、市販ナビとほぼ同等の機能、レスポンスを実現できています。しかもビックリなのがこれほどの機能を全て無料で使える点。さすがグーグルですね。初心者でも簡単に操作できるのでもはやカーナビが不要の時代になっています。バッテリー持ちも良くなっており一日中ナビさせても電池が切れることはありません。
キャリアは端末購入時にグーグルマップの使い方のような簡単なパンフレットを制作し配布すべきです。まぁグーグルマップの地図の規約が厳しいのでなかなか難しい面もあるかもしれませんが。今初めて知った、今まで人に道を聞いていたという人はぜひ使ってみてください。