自動認識するセブンのコーヒーマシンが本社にあった

以前カップを置くと自動で認識するセブンのコーヒーマシンが報道され本部は12月以降の新店や改装店に順次設置と言っていますが、本社ビル内のセブン(東京都千代田区二番町8−8)には「テスト目的だ」としつつも既に設置されています。

こちらが噂の自動認識マシン。見た目は変わりませんがレジでカップを購入し、マシンにセットしてボタンを押すだけで自動で抽出されます。
自分で考えてボタンを押す手間が省けるので朝の忙しい時には良いかもしれませんね。そもそもコーヒーは頭がぼーっとしている時に買うのでどのボタンを押すか判断といわれても間違う人も多いはず。コンビニ来店客は機械に疎い素人も多くマシンの操作が分からないなどとつきっきりで教えているのが実情でミスの返金など無駄な店舗側の手間も省けるほか、意図的に大きいサイズを選択して飲んでいくトラブルも無くなります。ロジック的にはカメラや重さで判定している物と思われます。

実際に試してみると現在はホットコーヒーとアイスコーヒーのみの適用で、カフェラテなどは別マシンをご利用下さいとなっていました。セブン本部に聞いてみた所新マシンの味は以前と変更ないとのことでした。本部はこの店に設置した事実は認めているもののテスト目的という事もあって意図的に公表していないようです。セブン社員でない一般人も利用できますので、セブン本社に訪れる機会があれば試してみて下さい。

何となくだるい時はライフガード!

何となくだるい時にリポビタンDなどの栄養ドリンクを飲む人は多いかと思いますが、もう少し量が欲しい人はライフガードがお勧めです。最近オロナミンCが人気なようでよく欠品していますが、ライフガードであれば比較的どのコンビニやスーパーでも入手することができます。価格は定価だと150円台と少し高めですが500mlの容量を考えるとコスパは十分でしょう。デカビタCでもいいですが、デカビタよりもライフガードの方が効き目があるように思います。ビタミンやローヤルゼリーなど栄養が豊富にあるのも理由の一つです。ドリンク自体は緑色ですがあえて緑色にしているだけで怪しいものではありません。

そして味はいわゆる炭酸入りの栄養ドリンクの味なのですが、炭酸も控えめになっていて何かリピートしたくなる味です。味のブレンドが絶妙で飲みやすいように上手く調整しているのはグッドです。

あとは見た目の問題ですね。迷彩柄のような模様をしていますので、見た目が気になる職場などでは買うのは難しいかもしれません。
長時間勤務などで頭が回らない、ぼーっとしているという人はぜひお試し下さい。

コンビニで常連客になるメリット6つ

コンビニで常連客というイメージはないかもしれませんが、意外と毎日来る常連は多いです。最もコンビニが身近すぎて常連客自身が自分を常連と思っていない節もあるのかもしれません。今回はコンビニで常連客になるとどんないい事があるのかまとめてみました。
※22時から6時までの時間帯はワンオペで人手不足のため、週1程度ならいいですが、毎日来店はご遠慮下さい。

1.欲しいタバコを先に用意
毎日同じタバコを買っている場合、店員に覚えてもらうと毎日同じ番号を言わなくて済むので楽です。店員側も顔パスでその客が入店した時にタバコを準備、もっといえば入店するより前にタバコを準備しておけるので無駄な往復をせずに済みます。
タバコのみならず雑誌の取り置きや新聞の取り置きも常連ならば許される場合があります。
2.あたため聞かずに温め
通常であれば「あたためますか?」「少し」などやりとりがありますが、店員が覚えてくれると温めるか否か、どれくらい温めるか(秒数)と客の好みに合わせた温め具合にしてくれます。
3.支払い方法
電子マネーであればSuicaやWAONなどありますが、これは逐一レジで指定しています。常連が電子マネーを使う場合は店員が覚えてくれると言葉のやりとりがないため、かなり速い速度で会計することができます。
4.レシート不要なら最初から渡さない
レシート不要と手ではねのける客がいますがこれらは店員の脳裏に記憶されています。レシート拒絶反応リストみたいな感じで。拒絶した客は二度と渡さない店員が多いでしょう。
5.おはしやおてふきの有無
いつもこの人はお手ふきが必要とか、お箸が2膳必要とか、フォークやスプーンが必要とか、最初に言われると覚えておく店員も多いです。
6.雑談
あついさむいの天気の話から「他チェーンの商品の方が美味しいですよね」みたいな自虐ネタまで、店員も一人の人間ですから話し相手が一人増えるようなものでしょうか。ロボットの接客やAIの議論も増えていますが、雑談ができない点では人間の方が勝っているでしょう。

せいぜい店員としてできるのはここまでで、車のディーラーのように常連だから商品を値引きしてくれるとか、何か特別なサービスがあるとか、商品がもらえるなど、そういうことはできません。あくまで「接客」という部分でどう臨機応変に対応していくかという話になります。ただし、常連だからといって偉そうな態度は厳禁です。カードやレシートを投げつけるような客もいますが、横暴な態度を取って店員が精神的なストレスを被った場合、警備会社や警察に通報などの対応を取ることがあります。(特に22-6時は厳しい運用で対応しています)

このようにコンビニには意外と常連が多いと言うこと、週に2~3回など中途半端な来店回数ならばむしろ振り切って店員に覚えてもらうぐらいの勢いで毎日来た方が潔いかもしれません。(ただし、深夜はワンオペが多いので毎日来る常連が一人増えると週5勤務者は月22回レジの回数が増えて苦痛になります。常連が10人増えたら220回増えることになります)店員が迷惑そうな顔をしていたら、あるいは疲れた顔をしていたら頻度を減らすことも必要ですが、店員が覚えたとしても接客態度が変わったり店員から話しかけることは少ないのでためらわず利用してもらいたい所ですね。