なぜおでん70円セールは終わったのか

この秋から多くのコンビニチェーンでは、おでん70円セールを取りやめ、1割引やおでん100円など、値引き額を抑えたセールに移行しました。※2017年度からホトボリが冷めたのか徐々に70円を復活させてます
なぜこのような事態になったのでしょうか。

理由は簡単で、2016年8月25日に公正取引委員会が、ファミリーマートに対して以下の勧告をしたからです。

(2) ファミリーマートは,次のアからオまでの行為により,下請事業者の責めに帰すべき理由がないのに,下請代金の額を減じていた。減額した金額は,総額約6億5000万円である(下請事業者20名)。
ア ファミリーマートは,平成26年7月から平成28年6月までの間,「開店時販促費」を支払わせていた。
イ ファミリーマートは,平成26年7月から平成28年6月までの間,「カラー写真台帳制作費」を支払わせていた。
ウ ファミリーマートは,平成26年7月から平成28年6月までの間,「売価引き」を支払わせていた。
エ ファミリーマートは,下請事業者に前記アの「開店時販促費」,前記イの「カラー写真台帳制作費」又は前記ウの「売価引き」を自社の指定する金融機関口座に振り込ませる方法で支払わせた際に,振込手数料を支払わせていた。
オ ファミリーマートは,平成26年7月から平成27年9月までの間,下請代金を下請事業者の金融機関口座に振り込む際に,下請代金の額から自社が実際に金融機関に支払う振込手数料を超える額を差し引いていた。

開店時販促費・・・・開店時3日間の廃棄ロスを店長には「本部負担」として大量に発注するよう命じておきながら、実際には製造業者に負担させていた
カラー写真台帳制作費・・・いわゆるなんとでも言えそうな項目。商品の写真撮影およびそれらの管理費、といったところか。
売価引き・・・つまり「セール」のこと。

 

これは、本部が「700円クジ」や「週替わりセール」「おでん70円セール」などを行う施策の原資として、
「日々のつきあいだから」「原価下げてくれないと取引やめるよ」など脅しをかけ、取引先業者から金銭を奪っていたということを意味します。
ファミリーマートは差額6億5000万円を納付したと説明していますが、納付したからいいという問題ではありません。
つまり、本部は自分の出費を最小限にして、取引先業者に値引き原資を払わせて(全部ではないんでしょうが)、セールを行っていたということです。
売価は下がっても利益率はそのまま。セールを大々的に宣伝して、現場にレジをさせて、本部にはガッポリチャージが入る。寝てるだけで金になる。
この発表は驚きだという人も多いと思いますが、基本的にコンビニ本部は自分に痛みのないことしかやりませんので、
内部を知っている人からすればいつもの事というか当たり前というか、むしろ他にも疑惑があるのではと思ってしまいます。

 

指導を受けたのはファミリーマートですが、コンビニチェーン本部は「チェーンイメージの維持」を最も大切にしており、これが傷つくと顔を真っ赤にして怒ります。
要はホワイトだということを一生懸命宣伝しており、国によってブラックである事がばらされることを一番嫌うわけです。
これが加盟店相手だと、本部の凄腕弁護士を使って法的措置も辞さない等強気に出てきますが、公正取引委員会が相手だとだんまりです。ざまあ。
他のチェーンも「公取から警告を受けたらチェーンイメージが崩れる」ということで、各社セールを縮小したのです。携帯0円と似たような構図ですね。
携帯業界やコンビニを取り締まっているのは「公正取引委員会」です。
国の一機関であり、ここで出された決定は、全世界に公開される上に、最高裁の判断にも影響してきます。
なので、ここから警告を受けるといろいろヤバいわけです。
※今年サークルKを買収したファミリーマートは、特に目をつけられています
過去にセブンイレブンの「見切り販売」に関しても、公取が判断を出し、双方引かないまま最高裁までもつれ込み本部が敗訴したという判決があります。

オーナーは使用者なのか労働者なのかという裁判等も出てはいますが、各社リリースを読んでも近年これに対しての具体的な対応はされていません。
前例がなく判断が難しい物は時間がかかりますが、今回のような「下請けいじめ」は前例があるため素早く対応できたのです。
(2年あいていますが、それまでは誰からも告発が無かったのでしょう)

公取はじめ国の組織は、既にチャージを50%以上とる違法モデルを知ってはいますが、双方が合意して契約した以上はよそ者は何も言えないので
消費税増税や最低賃金の上昇など、利益のないビジネスを追い払うよう、つまりコンビニが成り立たなくするように周りの壁を固めてきています。
そうした中、本部が別の手段で儲けようとした場合には、公取が警告する。
ガラケー時代は大人しかった総務省が、スマホではうるさいことからもわかるように、親会社が外資系で、業界が発展しても日本が潤わない企業は徹底的に叩きます。

 

「国はコンビニが嫌いなんだ」
このことを基本として、本部は施策を考えて欲しいものです。
そして国はもっと、コンビニのブラックな部分をあぶり出して欲しいと思います。
加盟店から違法チャージを取り、ホワイトなCMを流して国民を洗脳しようとしても、今はネットの時代で国民もうっすら気づいています。

今の非健全なモデルをどんどん締め上げて、健全なビジネスモデルで純国産のチェーンを作ることが国のやって欲しいことなのだと思います。

Windows 10をアップグレードインストールする方法

Windowsの調子が悪くなった時、
1.システムの復元をする  ・・・といわれても起動時や更新プログラム入れる時に時間かかるのが嫌いなのでオフにしている。しかも容量食うし
2.別ユーザーを作成する   ・・・はっきりいって面倒
3.セーフモードで起動する  ・・・それで直ったらすごいわ
4.リカバリする  ・・・ファイルが失われると一番困るんですけど。何百GBもあるし。あくまでもファイルを消さずに解決する方法を探したい
5.設定の「回復」オプション
1.ユーザーデータを保持してOSのみ入れ替える
2.ユーザーデータを削除する
3.工場出荷時の設定に戻す(対応PCのみ)
という機能を紹介しているサイトは多いですが、「1」でもアプリとドライバー、設定は削除されるというデメリットがあり、二度手間になります。

 

今回は、それらの手間なく、win10からwin10にアップグレードインストールする裏技を紹介します。

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
このサイトから「ツールを今すぐダウンロード」にて
USBなどにツールを吐き出せるほか、今動作中のPCをそのままアップグレード(設定、アプリ、ユーザデータ等は保持してOSのみ入れ直し)することができます。
インストールの前にオプションを聞いてきますので、必ず「ユーザデータ・アプリを保持」というオプションになっていることを確認してください。
しかもネットに接続しておけば、2~3時間放置しておくだけでその他の潜在的な不具合もリセットされるという画期的な方法です。無料で、ライセンスキーの入力も必要ありません。
レジストリいじったり面倒なことしなくても、寝てるだけで直るとか最高じゃないですか。
当方では以前、スタートメニューやタスクバー、IE、Edge、などが時々応答停止し、1~2秒ほどは使えるものの、また応答停止してほとんど使い物にならない問題がありました。
イベントビューアーでは応答停止の度に

Microsoft.Windows.Cortana_1.7.0.14393_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy+CortanaUIは、中断するのに時間がかかりすぎたため、停止されました。

というログが残っており、テーマの変更、「タスクバーを透明にする」チェックのオフ、sfc /scannowやDISM、ストアアプリのトラブルシューティングでも直りませんでした。

 

しかし、上記の方法でアップグレードインストールしたところ、直りました。
そして心なしか、パソコン動作も速くなりました。
アニバーサリーアップデートも、インターネットに接続していれば自動で取得してそのまま上書きインストールするため、windows updateで待たされる心配も無用です。
PCの調子が悪くなり、再インストールしかないのか?リカバリしかないのか?修理しかないのか?と思っている人は、ぜひお試しください。

女子力を上げる10の方法

どうやったら女子力を上げられるか?についてですが、自分では分からないという人も多いと思います。
とりあえず書いておきましたので、参考までに。

1.明るい靴を履く
白がいいですね。茶色や黒は男っぽいという印象を与えます。

2.小さい時計をつける
つけないほうがいいのですが、仕事柄どうしても必要だと言うことであれば、細いベルトで小さい時計にしましょう。
また時計に限らずすべての道具は、小さい物にします。ボールペンやシャーペン、消しゴム、筆箱、バッグ、スマホ、財布、自動車、・・・
その他いろいろなものを「小さい」ものにするだけで、女子力を上げることにつながります。
大きいものを持つことは権力を誇示したいという心理的な現れですので、これを逆手に取り小さい物を持つことでけなげな人だと思われるようになります。

3.髪は染めない
明るくしたいから染めたい!という人も多いと思いますが、男子受けは圧倒的に黒髪の方がいいです。
黒髪はナチュラルで、素朴な印象を与えます。
日光などに当たって日焼けして茶色くなったのは仕方ありませんが。
マニキュアやつけま、ピアスなどもそれほど良い印象は与えません。男も同じ物をしていれば趣味でわかり合えると思いますが、純粋な性格であれば純粋なスタイルにして損はありません。
我流、過度なメイクや化粧は、かえって女子力を下げますので、女性誌を読んでほどよいメイクを心がけましょう。

4.たばこ・酒は控える
たばこ・酒をガンガン飲む人で清楚な人を見かけたことがありません。偏見かもしれませんが。
たばこは吸わない、酒はほどほどが健康を保つ秘訣です。

5.首の後ろのむだ毛処理
目に見えるところは処理できても、ここだけは目に見えないため、見過ごしている&知らない人が多いと思います。
しかし、後ろ姿で見えてしまいます!
人にうるさく言うくせに自分はこれかよ?!ということで、反感を買ってしまいますので注意。

6.ストレスをためない、甘いものはほどほどに
男と同じような食生活をしていると、ホルモンの影響で太ってしまいます。
そして、男には理解されないのが、脂肪分のあるものを食べなくてもストレスで太ると言うこと。要は脂肪を消化しなくなっていくのです。
逆に言えば、ストレスをためられない女性は痩せている。
一般的に少しふっくらした女性はおおらかで、痩せている女性は無愛想だなんて言われますが、ストレスに耐えられるか耐えられないかがそのまま体格として現れるのではないでしょうか。痩せすぎも不安になりますが、ほどほどが一番です。

7.菓子やメモ、ハンカチの常備
女子力の高い女子は、バッグにいろいろな物を持ち歩いています。何かしら持っていることで人に貸すことができ、それが人脈形成につながる女社会特有のものでしょう。
よく「自分で食べるために持ってたんだ」などと菓子をくれたりしますが、「本当に?!」と突っ込みたくなりますが、たしかにこれで不機嫌になる人はいません。
折りたたみ傘やスマホ充電器、鏡が出てくる人もいます。
またメモやハンカチも、必要な場面では必要とされます。自分のためにいつ必要か分からないものを持ち歩くことが、女子力向上にも役立っているのです。

8.ズボンよりスカート
自転車に巻き込まれたり着こなすのが大変なスカートですが、ズボン・ジーンズよりもポイントは高いです。ここぞという場面ではスカートにして女子をアピールしましょう。

9.短い髪より長い髪
重かったり手入れが大変ですが、長い髪の方が「それだけ手入れをしている」ということで評価されます。ドライヤーなどで乾かすことで、美しい髪を維持できます。

10.漢字の練習、ひらがなをきれいに書く
漢字を間違っている女子も多いですが、これは減点要因となります。話し言葉であれば修正も効きますが、書面に残る漢字は、直しようがありません。
また社会人としての常識も疑われてしまいます。難しい漢字は仕方ありませんが、中学で習う程度の漢字を間違えるようではダメです。漢字検定を勉強してみるなど、工夫してみてください。
また、ひらがなをきれいに書くことでポイントがアップします。ペン字とか講座があると思いますので、調べてみてください。
デジタルの時代ですが、まだまだアナログで文字を書く機会もあります。ここで真の人間性が問われます。

女子力は、何か一つ書けていた時点で「終了」となります。要は、スタイルからも字のきれいさまで、萎えるポイントがあった場合はその時点でこの人はダメだという烙印を押されてしまいます。
料理ができる・家事ができるというのは昭和の考え方で、今は通用しません。代わりに、字のきれいさや言葉の上品さなどが問われる時代になっています。
「強制されるのは嫌だ」という人もいるかもしれませんが、それほど小難しいことは書いていないので、誰でも実践できます。
そして、女子力のある人はもう既にやっている内容となっています。(まぁ本人は女子力ないと否定するでしょうけど)

女子力を実践し、楽しい人生を送りましょう。