非常時通報は高速の非常電話より携帯の方が安全?!

高速道路には1km間隔で非常電話が設置されていますが、非常電話は本線路肩に設置されており近年高速道路上での二次災害も多いことから、ネクスコ各社は車外に出ることを推奨していません。なので非常電話についてネクスコは積極的な宣伝をしていません。「法律でそうしろ」と言われているから仕方なくといったスタンスです。

 
非常電話の中身はネクスコ中日本の見学で見せてもらったものですが、その際に使い方の簡単な説明も受けました。
・通話料は無料。24時間稼働している。1km間隔の設置なので歩く距離は最大500mとなる。
・ボタンがあるが、押さずに受話器を取ればつながるので簡単。ボタンはあくまでしゃべれない人や外国人向けのものである。
・非常時に何が起きているか文章を組み立てられない人もボタンを押すと良い。
・受話器を取るとネクスコの管制塔につながるので用件を話す。ネクスコのパトロールカーが現場に向かい救護する。

とはいえ私も経験がありますが、例えば保険会社経由で「高速で事故しました」といえば保険会社が警察やネクスコなど全てに連絡を入れてくれます。保険会社でなく警察に通報しても「高速で」ということであれば警察がネクスコに連絡を入れてくれます。JAFも同様にネクスコとのネットワークを持っています。
なので、パンク等の軽い事故や故障であれば非常電話がなくても携帯電話から通報できると思います。しかし車両が炎上したとか事故して携帯が吹っ飛んでいった、すぐに見つからないなどの場合には非常電話は役立ちます。
車内で携帯から通報する方が安全、一方携帯が無い場合は非常電話から速やかに通報。
状況等に応じて一番安全かつ速やかに通報できる方法を選択すると良いでしょう。

コンビニのシフトの決め方は?現場の実態を暴露

皆さんが便利に使っているコンビニ。そのほとんどは24時間交代制で回しています。あまり明かされることのないコンビニのシフト。
数ヶ月間コンビニのシフトを作っていたこともある筆者が、コンビニシフトの現状を大暴露します。
以下に書いてある情報は一応ほとんどの店に当てはまると思いますが、細かいルールは異なりますので店に確認して下さい。

・面接時に打ち合わせ
どういう勤務にするかは最初の面接で打ち合わせます。例えば「月曜と水曜 17-21で」「時間は自由だが5万稼ぎたい」「普段は週1だが夏休みは稼ぎたい」「夜のみ」など。人がいる所は入れてもらえませんが、いない所ならば希望通りになると思います。
3ヶ月ぐらいして業務に慣れてきたと判断されるとそれ以外の曜日を打診されることも多いです。

・学生は週0も可能
例えば「テスト期間で」「文化祭の準備で」など、一週間連続で休むことも可能。当然給与は出ませんが。

・シフトは週シフト、月シフトがある
シフトは店によって毎週決めている「週シフト」・月単位で決めている「月シフト」のいずれかになり、全く決めていない店やシフト表が無い店はほとんどありません。週シフトなら3日前、月シフトなら1週間前ぐらいに次の物が掲示されます。

・主婦は土日休みが基本(扶養の範囲で)
主婦は平日の9-17を基本とし、土日は休みます。長時間は大変なので9-14や9-15などにしている人もいました。
扶養の範囲や希望の月収なども伝えれば配慮してくれます。

・学生は土日出勤必須
特に男子で土日休むと使えないと思われます。女子は休めることもあるかもしれません。

・人手不足の時以外は稼げない
稼ぎたいという人がたまに来ますが、よっぽどの人手不足の時以外はそんなに稼げません。稼ぎたくても週1休み・月に4日休まないと法律違反ですし、一日8時間・週40時間を超えると残業代を出さなければなりません。さらに週30時間だかを超えると社会保険にも入れないといけません。余計な人件費負担は店を苦しめるので、せいぜい稼げても月8万円程度がいい所です。

・ドタキャンはクビ候補
コンビニは「決めたシフトにきちんと出てもらうこと」を最重要視していますので、シフトに出てこない人やドタキャンや遅刻が多い人はクビ候補になるので注意しましょう。店長からシフトを減らす圧力がかかっていき最終的には辞める選択をすることになります。

・有休は取りづらい
人件費がギリギリで運営されているので、有休を取ると冷ややかな目で見られます。なのであまり有休を取る人はいません。

・社員にはなれない
コンビニのバイトから社員になるのは10%以下のものすごい低い確率です。なぜなら人件費がギリギリなので固定給の社員を雇うよりもバイトで回した方が人件費が浮くからです。要は代わりがいくらでも効く仕事ということです。

○どのように提出?
紙に書き込む、直接口頭で伝える、電話やメールで伝える、机にメモ貼って伝える、専用のシフト投入口に入れて伝えるなどがあるでしょう。
土日などは店長がいない場合もあるので紙に書いて伝えるのが確実です。
しかし希望が通る保証はなく、シフトはシフト作成者が最終決定します。シフトの取り合いで喧嘩にならないよう、優先順位は入った順に決定されます。例えば一名入る枠を二年前に入ったAさんと一ヶ月前に入ったBさんが同じ時間入りたいと希望を出せば、Aさんを優先します。Aさんが辞めてCさんが入ってきたらBさんを優先します。

他の業種に比べると固定という概念がないので、突発的な休みにも対応しやすく学生でも働きやすいフレキシブルな環境ではあるでしょう。
ただし突発的に休んだり遅刻を繰り返すとクビ候補ですので、真面目に決められたとおり出ることが重要です。

有名IT企業をかたった詐欺SMSに注意!

いつの時代も詐欺は絶えないが、新たな手法で詐欺をしているというニュースが入ってきた。法務局をかたったハガキが届くことは警察が情報を公開したため淘汰されたが、今度は大手のグーグルやアマゾンなどをかたり、メールやSMSで料金の請求をしてくる詐欺が横行している。「会員登録料が未納」「法的手続きに移行」などと記載されており、そこに記載の番号に電話するとコンビニでプリペイドカードが必要などと言うようだ。

私も10年以上ネットの世界にいてアマゾンやグーグルを利用しているが、アマゾンやグーグルから「法的手続きに移行」などというメールは一度も受け取ったことがない。ましてやいきなり法的手続きなど色々と論理が破綻している。これらのメール等は無視するのが正解で、無視しても法的手続きに移行することは絶対にない。

基本的に両社ともSMSは番号の認証程度で使うもので、このような支払いのメールを送ってくることは絶対にあり得ない。
ハガキという物を残すと警察が捜査してしまうのでメールにしたのだろうが、キャリアは通信記録などを持っているので実質変わらない。

基本的にIT企業は日本で店舗をあまり構えていないので消費者がコミュニケーションを取りづらいという点を突いてのことである。
もし「料金が未納」「法的手続きに移行」などのSMSやメールが届いた場合、受け取った本人はパニックになっていて詐欺と思わないかもしれないが、明らかに詐欺である。弁護士や警察に連絡するか、キャリアに連絡するか、最悪コンビニ店員に判断を仰いでも良い。必ず一人で支払いの判断をせず第三者の判断を仰いで欲しい。現状の日本の司法では取り返すのは大変難しいので、大事な自分の金を溶かさないようにして頂きたい。