結果にコミットできず ライザップ赤字に転落

「結果にコミット」で有名なライザップが70億の赤字に転落したと社長が発表した。
内訳を見てみると、どうやら将来成長する見込みのない赤字企業を次々買収しているようだ。買収価格より資産が多い、つまり10億の資産がある赤字企業を1億で買うという具合に帳簿上は安く買えて利益が出ることになるが、次の年からはその企業は赤字を垂れ流すのでごまかしは効かない。社長はこの内容を上手くごまかそうと考えたが、積極的な買収に反対の元カルビー松本会長と議論を重ねて正直に公表する事にしたようだ。
また雑貨の会社などダイエットと関係ない会社の買収も批判の的となっている。本体は黒字だが、このような関連企業の赤字が影響した。

さて本業だが、一番最安のシェイプアッププログラムでも298,000円とかなり高額でさらに入会費が50,000円かかるので合計348,000円だ。話を聞きに行った人もいるようだが内容を簡単に要約すると、トレーニングよりは個別室で面談等の指導が中心になるようだ。店は高級感があってスタッフの対応もよいようであるが、個別室では高額サプリの購入を迫られる。毎日何を食べたか専属のスタッフに送信してアドバイスをもらうことで信頼感を持たせる。一度加入して専属スタッフに依存してしまうとサプリを断れなくなり購入してしまう一種の洗脳商法といっても過言ではないだろう。ライザップには30日以内であれば入会費や会費等すべて含めて全額返金の制度があるが、物品は対象外である。つまり購入したサプリ等の金額は返ってこない。初心者でもとっつきやすいように運動やマシンで痩せるよりはサプリや食事療法で痩せるとアピールしているがサプリも他社より5倍高く、ノウハウも独自の物は皆無に近く、似たような内容はYouTubeで見る事が可能。それで30万円近く取るのは私の主観だがぼったくりとしか言いようがない。
支払いもクレジットカードは対応せず、現金振込またはデビットカードのみの対応だ。現金を速やかに手に入れ、金利の安い所で契約されたくない思惑があるのだろう。
「月1万円」と宣伝しているが、分割で支払う際の金利もジャパネットのように無料ではなくきっちり取られる。年利19.8%は10~100万円の法定金利18.0%を超えており違法の疑いがある。クレジットカードのリボより高く、まるで布団やマッサージ器を買わされているかのようだ。車のローンでもここまで高い金利にはならない。

株主も売りに動いておりストップ安の報道も出ている。赤字で株価も急落すれば今後の経営も難しくなるだろう。急成長する企業は慎重な見る目が必要だ。ネット上ではライザップは素晴らしいなどという意見も見かけるが、もし今ライザップに通っている人は本当に必要か家族等と話し合い、必要に応じて解約等の手続きを取ってほしい。太っていても生きることはできるし困ることは少ないのだ。

わずか3分!ブックオフの商品買取手順まとめ

買取って面倒なのでは?時間かかるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、今のブックオフはシステム化されていてスムーズに買取する事ができます。今回はオークションに出して値が付かなかった商品を大規模店のブックオフに出して店舗での買取をしてみました。
※小さいブックオフだとオペレーションが異なるかもしれません

1.買取カウンターに買取る商品を提示する
商品を提示するとすぐに番号札が渡されます。どこで買ったとかどういう商品とか詳細を書かされる事はありませんし商品点数に制限もありません。番号札には完了予定時刻が書かれていて、大体30分程度、物によっては長くかかる場合もあるようです。私の場合は30分ジャストで放送が入りました。精算が完了すると店内で「○○番の方は精算が完了しましたのでカウンターまでお越し下さい」というアナウンスがありますので、それまでは店内の商品を物色するとよいでしょう。

2.買い取り価格の提示
「○○円ですがどうされますか?」と聞かれますので、価格がOKなら買取、不満なら返却という形になります。
今回の私の商品は7点合計で70円ということでゴミ同然ですがまぁ仕方ないでしょうということで同意しました。

3.身分確認証の提示・撮影
古物営業法上本人確認(身分証の番号を控える等)が義務づけられていますので、買取に同意する場合免許証等の身分証を提示し、その場で店員が身分証をタブレット端末で撮影します。番号を控える時間よりも撮影したほうが早いしミスもないのはさすがの発想だなと思いました。
身分証の数字を自動で読み取り年齢を算出し、電話番号を入力し、職業を選択します。会社員や学生、自営業などがありました。

4.本人署名で精算、完了
タブレット端末に本人の署名をして、金額分の現金をその場で渡されて完了となります。

精算までの待ち時間は30分かかりましたが、カウンターでのやりとりはわずか3分。コンビニ感覚で商品を売る事ができます。メルカリやヤフオクよりは値は低くなるかもしれませんが、リアル店舗で迅速な手続きですぐお金がもらえるという事でネットで値がつかなかったり思うように売れない商品はゴミとして捨てる前にブックオフで売るのもよいかもしれません。

場所や時期を偽装?イッテQヤラセ騒動の本質とは

日テレの人気番組、イッテQが文春砲を浴びている。今回はイッテQ内の一企画に問題があったというもので「ヤラセの果てまでイッテQ」や「ヤラセQ」などと揶揄されているが、テレビの世界では一般的に演出はよく見られるようである。
しかし演出とヤラセは性質が違う。演出というのは1を2にするようなもので、例えば料理をアップでおいしく見せるとか照明とかそういう類のものだ。既にあるものをどう加工するか、という視点である。
ただ今回文春の報道によると、0を1にした疑惑が強いのだ。実在していない祭りを海外に提案して、セットや賞金まで渡して実施させたというのだからタチが悪い。日本国内だけでなく海外に迷惑が掛かっていて、海外からの日本のイメージに関わる由々しき事態なのだ。実態は海外に提案したにもかかわらず、あたかもそこで伝統的に実施されている祭りのように仕立て上げたことは問題だ。また場所や時期を恣意的に変えたり祭りでない地域の集まりのようなものも祭りとしていたようである。

イッテQ関係者も望んでこのようなことをしたわけではないだろう。視聴率競争やノルマがあって、その中で仕方なくこういう道を選んだに違いない。放送法では「報道は事実を曲げないですること」という条文があり、この報道とは報道番組のみならずバラエティなども含まれる。要は嘘をつかず事実でまじめな番組を作りましょうということだ。バラエティにはヤラセはつきものだ、笑って見れればそれでいいなどという擁護意見もあるようだが、今回は度を過ぎていたということで今後どうするかが重要だ。競争はあるのかもしれないが正しいコンテンツで競争するのが本来の競争だろう。

日テレ側も当初は「ヤラセはない。制作会社側でそういう判断はあったかもしれない」などと微妙なニュアンスでかわしつつ事態の鎮静化を図ったが、文春第二砲を受けて全面降伏せざるを得なくなった。あまりに強気で責任を認めずにいるとスポンサー収入が減ったり番組打ち切りなどさらに傷口を広げるという判断からだろう。番組打ち切りまで行くかは不明だが、当分祭り企画自粛は避けられないはずだ。文春はベッキー問題の時もそうであったように、3~4週にわたって小出しで新しい事実を書いてくる。文春砲のターゲットにされた有名人や番組等は逃げることができないと考えたほうがよいだろう。ベッキー以来の国民的文春砲。裏付けや取材自体は半年や一年前から進めていて、じっくり温めていたネタを人気絶好調の今年のうちに、という文春側の意向があったに違いない。今後視聴率がどうなるかは未知数だが、視聴者も今までと同じような思いで見られないのは確かだろう。