文科省、学校のお便りハンコレス化通知 デジタル化遅れる教育現場

文科省が学校のお便りをハンコレスにするように促す通知を発出したという報道があった。具体的には学校から配られる手紙はメールやオンラインフォームなどに、欠席や遅刻の連絡もオンラインフォーム等で行えるようにするという内容だ。ネット上では比較的賛成の声が多い。水泳に参加するかどうか、ボランティアの出欠程度の書類でも保護者の印鑑が必要など、契約のような書類でもないのに保護者の印鑑を必要とする書類がまだまだ教育現場には多数残っている。何よりアナログの書類を子どもたちが扱うのは極めて難しく、机の奥に押し込んだり、なくしたり落としたり忘れたりするのは日常茶飯事だ。何でもかんでもデジタル化は反対という人がいるが、デジタルは人々を助け、人々の負担を軽減する便利なツールなのである。当ブログではこれまで警察関係のデジタル化を主張してきたが、次なるターゲットとして教育業界のデジタル化、子どもたちや保護者がデジタル化によってもっと楽になるような施策を主張していきたい。

電子黒板導入:子どもたちにとって有害なチョークの粉を廃止でき、子どもたちの命を守れる。やたらうるさい黒板ふきクリーナーも廃止できるし、黒板消しをパタパタやって教室が粉だらけになるのも防げる。全国全学校で従来の黒板を廃止して全て電子黒板に置き換えるべきである。
教科書やノート電子化:子どもたちに一人一台タブレットを持たせて教科書は全部その中に入れる。そうすれば高精細な写真のみならず動画も扱えて教育効果が高まる。そして一番のメリットは、教科書を時間割に合わせて持ってきたりせずに済む事でランドセルが軽くなる事である。もっといえば教室で毎日タブレットを配布してID/パスログインでやれば手ぶら通学も可能となる。
電子ペーパー導入:タブレットを一日中見続けると目に悪いという話もあり、その事実は否定できない。それならば、目に殆ど影響を与えず紙と同じような感覚で利用できる電子ペーパーを導入すべきである。電子ペーパーは現在白黒のみだが、これのカラー表示ができるようになれば教育業界革命を引き起こすだろう。
全校集会廃止:子どもたちが毎週暑い中、寒い中体育館に集まって集会をする事に何の意味があるのだろうか。この時間、本当に必要なのだろうか。校長先生の無駄話を聞く事に何の意味があるのだろうか。子どもたちの負担を考えても教室での映像視聴で十分である。運動会や避難訓練などにも必ずと言っていいほど校長の話があり、ウザイと思った生徒は多いはずだ。
ペーパー試験廃止:ペーパー試験を廃止し、学校が配るタブレット、あるいはパソコン室でフォームを開いてテストする方式に変更すれば良い。全部選択式の質問にすればパソコンに採点させれば1秒足らずで採点が終わり、教師の負担が大幅に軽減される。
給食費クレジット払:公立の学校では給食費等は現金払いか口座引き落とししか対応していない学校が多い。クレジットカードで払えるようにすべきである。
成績表デジタル化:アナログの成績表を学期ごとに毎回配布して1・2・3・4・5のどれかに教師が○をするというような物は時代遅れであり、パソコンで処理して生徒に配布するか、パソコンやスマホで見られるようにすべきである。
ファイル廃止:多くの学校では教科ごとにファイルを配布して、それで管理するように求めている学校もある。そうなれば国語のファイル、算数のファイルなどファイルが増えまくって子どもたちも管理しきれない。ファイルがあると言う事は、それだけ無駄な書類、印刷物が多いという証拠でもあり、まずはファイルを廃止する事が重要だ。
生活ノート廃止:中学校等では教師と生徒が毎日やりとりする場として生活ノートがあるが、生徒も生徒で毎日日付を記入したり天気を記入したり面倒な茶番を繰り広げていた。毎日朝に預かって帰りには返却するルールなのに教師の怠慢で返却が遅れる教師もいた。生活ノートをデジタル化するか、それも負担というのであれば廃止すべきである。
情報免許の特例:基本情報か応用情報を持っていれば教員免許を取得したと見なして情報免許を授与する制度。普通に教員免許を取ろうとすると大学で100単位ぐらい取らなければならず大変だが、この制度が本当にできたとしたらそれをパスできるのはかなり大きい。普段は現場のICT担当として、授業はパソコンの授業のみ担当できるようにすればよいだろう。
話によれば教育委員会は改革に乗り気だとしても学校現場がそれに否定的だという声もある。アナログが必要な部分は残せば良いが、デジタルにできる部分はどんどんデジタルにすべきである。そうすればよりアナログの部分に力を注ぐ事が可能になるはずだ。現場の意識改革を期待したい。

車の防犯ブザーを誤って作動させた時の対処法 意外と単純!

車の防犯ブザーを誤って作動させた時の対処法について、単純に答えから言いますと
正規の鍵を持って車に戻りエンジンを掛ける 事です。
このブザーが鳴るのは鍵がない状態で内部から扉を開ける、あるいはキーレスエントリーで閉めたのに合鍵で開けたなど不審な操作をした場合に鳴りますが、本当に不審な人が操作して鳴るケースよりも家族等の身内が誤って操作して不審と判断されて鳴らしているケースが多いです。
ブザーが鳴り響くとパニックになって慌てふためく人が多いですが、一度冷静になってください。鍵を持っている人が外に行ってしまった場合はすぐに戻るように呼びかけて下さい。その上でエンジンを掛ければブザーは鳴り止みます。
例えば家族4人で出かけていて、高速のSA/PAで鍵を持つお父さんが先に車を離れてトイレに行きエンジンを止めて施錠し、中にいる子どもたちもやっぱりトイレに行きたくなったと思って内側から解錠してドアを開けた瞬間、ブザーが鳴り響きます。扉を開け閉めしたり、中から鍵の解錠を繰り返しても鳴り止みません。車外に出る場合でも車内に誰かいる時は鍵を残して出るようにしましょう。

ホテルニューオータニ東京宿泊記 政治家御用達 2棟構成で御三家の接客に圧倒

ホテルニューオータニ東京に宿泊した。29,000円程度であったが、GOTO利用で19,500円程度になり、さらに地域クーポン4,000円分も貰えた。このホテルの最大の魅力は、宿泊者は駐車場無料である事である。定価は30分500円で21時間止めて21,000円程度であったが、完全無料になった。
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4−1  03-3265-1111 チェックイン 14:00 アウト12:00

こちらがザ・メイン棟である。右がガーデンタワー棟であり、建物の古さ的にはどちらも同じであるがザ・メインの方が改修されていて綺麗なので泊まるならばザ・メインをお勧めする。

エレベーターは6台ぐらいあった。チェックインすると部屋まで案内してくれた。そしてこちらが実際の部屋。窓がかなり大きい。眺望の良い部屋と言ったところ、この部屋にしてくれた。確かにエレベーターから少し歩くが、眺めは抜群である。部屋も都内のホテルにしてはかなり広め。

幅4m近い窓から見る景色は、圧巻である。ビルの隙間から見えるのは東京タワーだろうか、感動である。

机の上にはサービスの飴やドリンク等が置かれていた。

窓は開ける事はできないが、換気する事は可能。この景色、なかなか素晴らしい。ホテル内に日本庭園もあり、晴れた日は散策もできる。

空調はホテル仕様になっていて強にしてもうるさくはないが、かつそれでいて数時間ぐらい経つと空調が効いているという不思議な空調だ。空気清浄機が欲しい人は予め申し出ておくとスムーズだ。

デスク周り、ベッド周りはこんな感じでなかなか高級感がある。ポケット型の消毒液が用意されていたのはさすがである。

水回りはこんな感じ。普通のホテルによくある標準的な構成であるが、空間自体は少し広めで、バスも少し広めである。

アメニティもなかなか充実していた。四ッ谷駅にも近いので特に苦労する事はないが、何も分からないという人はとりあえず隣のガーデンテラス(商業施設)に行くとよいだろう。参議院や衆議院など霞ヶ関にも近いので、政治家が利用するホテルというのも頷ける。

電子クーポンを使って成城石井で色々買いつつ、ケーキ屋でケーキも買った。

夜になると圧巻の光景に変わる。高層ビル群、首都高、東京タワーという東京の夜景を独り占めしたような感覚だ。

アメニティの置き方もなかなかセンスある置き方をしている。徒歩1分のセブンで電子クーポンを使って弁当などを買ってみた。1,400円ぐらいしたが、1,000円分適用で400円で買えた。

残りの電子クーポンは、館内で消費した。館内の飲食店の相場はご存知の通り滅茶苦茶高く政治家価格なのだが、比較的リーズナブルに利用できるのがガーデンラウンジ。コーヒーとオムレツ合計で2,500円程度であり、1,000円分のGOTO電子クーポンを使って、残りは部屋付けとした。コーヒーも料理も確かに美味であったが、一般庶民は中で食べずに外に出かけたり、コンビニで食事を済ませる事が多いのだろう。政治家が良く泊まるホテルもGOTOを使えば比較的安く泊まれるので、気になる人は是非利用してもらいたい。