都民の常識?山手線・京浜東北線はほぼ並走で停車駅が同じな件

乗換案内を使うと山手線に乗れと表示される事が多いが、朝から晩まで混んでいて利用しづらい路線として有名である。しかし、山手線のうちの半分程度は京浜東北線と停車駅は同じであり、両駅完結の利用で普通のsuica利用であれば気分に応じて使い分ける事が可能である。ただし京浜東北線は日中は快速運用がされており、一部駅を通過するので注意。ホームを隣り合うように設計していたりJR東も例えば山手線が輸送障害を起こすと「京浜東北線をご利用下さい」と言ってたりするので相互補完的な利用は織り込み済みなのだろう。

具体的には田端~品川間が並走区間であり、この駅間相互で完結する利用であればどちらの路線に乗っても同じ停車駅・停車時間となる。観光客はアプリの案内に従って山手線に乗る人が多い一方、都民は両路線が隣に並んでいるホームでは来た列車に乗るとか空いている方に乗る等の動きが見られる訳で、山手線の混雑緩和に向けた方策を検討してもらいたいものである。

JR東海はネクスコ中日本を見習うべき 全国キー局マスコミも協力?

川勝知事はネクスコの事業には許可を出すが、JR東海の新規事業には現時点で許可を出していない。それでも以前と比べて表情はかなり柔和になり本日給与返上の条例案も提出したようで県政が着々と動いているような感じがするが、これまで東京・神奈川・北海道・沖縄・名古屋・大阪のグルメ等ばかりを紹介して静岡の事をあまり紹介してこなかったキー局マスコミもしれっと沼津を映していたりして変わってきたように感じる。マスコミからすればJR東海は大スポンサー様であり、沼津ゲキ押しならばその意向に従わざるを得ないだろう。

鈍感なJR東海前社長は気づかず今の社長はこの伏線に気づくかもしれないが、知事がいつも背中に敷いているクッションはネクスコ中日本のクッションである。言い換えれば県内の観光資産向上に資する事業を展開しない限り許可は出しませんという意味で、そしてネクスコ中日本の新東名動画を見るとほぼどれも富士山から始まり富士山で終わる観光重視の内容となっている。GOTO・全国旅行支援等で一番乗り気だったのも静岡県であり、クーポンを店舗に提示しても嫌味一つ言われる事もなく参加店舗数も多く外から来た旅行者がふらっと来て使いやすい構成になっていると感じた。
とはいえ、JRとネクスコは営業内容が違うので全てをそのままコピペできるとは限らない。前社長時代の経営方針であった「静岡をいかに高速通過するか」「ビジネス重視なので県内には投資しない」「単体で利益が出ない事業には投資しない」「何もしないのが一番」という保守的な思考は改め、東海道線全駅にコンビニ設置等の駅ナカ事業を推進してお茶一個パン一個でもバンバン売り込み、県内での日本一や日本初の施策を次々と打ち、有名アニメは勿論であるが県内の観光資源やコンテンツを盛り上げていく会社に変化する必要があると言えるだろう。

デニーズ「BEEFハンバーグステーキ200g」肉本来の味凝縮で美味

デニーズの「BEEFハンバーグステーキ200g」がウーバーで半額になっていたので頼んでみました。とはいえウーバーは元々が高いので、半額と言っても結局店頭で注文するのと同じぐらいになりますが。半額なのは店舗限定・時間限定なのか詳細は不明です。

ライスは別料金です。ソースも付いているので、ソースを掛けて食べるとよいでしょう。ハンバーグステーキという事ですがデニーズらしい穏やかな味付けで、肉は比較的柔らかめで小学生でも食べられるぐらいであり、ソースは甘めで食べやすい一品に仕上がっていると感じました。興味のある人はぜひ食べてみて下さい。