Windows 10をアップグレードインストールする方法

Windowsの調子が悪くなった時、
1.システムの復元をする  ・・・といわれても起動時や更新プログラム入れる時に時間かかるのが嫌いなのでオフにしている。しかも容量食うし
2.別ユーザーを作成する   ・・・はっきりいって面倒
3.セーフモードで起動する  ・・・それで直ったらすごいわ
4.リカバリする  ・・・ファイルが失われると一番困るんですけど。何百GBもあるし。あくまでもファイルを消さずに解決する方法を探したい
5.設定の「回復」オプション
1.ユーザーデータを保持してOSのみ入れ替える
2.ユーザーデータを削除する
3.工場出荷時の設定に戻す(対応PCのみ)
という機能を紹介しているサイトは多いですが、「1」でもアプリとドライバー、設定は削除されるというデメリットがあり、二度手間になります。

 

今回は、それらの手間なく、win10からwin10にアップグレードインストールする裏技を紹介します。

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
このサイトから「ツールを今すぐダウンロード」にて
USBなどにツールを吐き出せるほか、今動作中のPCをそのままアップグレード(設定、アプリ、ユーザデータ等は保持してOSのみ入れ直し)することができます。
インストールの前にオプションを聞いてきますので、必ず「ユーザデータ・アプリを保持」というオプションになっていることを確認してください。
しかもネットに接続しておけば、2~3時間放置しておくだけでその他の潜在的な不具合もリセットされるという画期的な方法です。無料で、ライセンスキーの入力も必要ありません。
レジストリいじったり面倒なことしなくても、寝てるだけで直るとか最高じゃないですか。
当方では以前、スタートメニューやタスクバー、IE、Edge、などが時々応答停止し、1~2秒ほどは使えるものの、また応答停止してほとんど使い物にならない問題がありました。
イベントビューアーでは応答停止の度に

Microsoft.Windows.Cortana_1.7.0.14393_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy+CortanaUIは、中断するのに時間がかかりすぎたため、停止されました。

というログが残っており、テーマの変更、「タスクバーを透明にする」チェックのオフ、sfc /scannowやDISM、ストアアプリのトラブルシューティングでも直りませんでした。

 

しかし、上記の方法でアップグレードインストールしたところ、直りました。
そして心なしか、パソコン動作も速くなりました。
アニバーサリーアップデートも、インターネットに接続していれば自動で取得してそのまま上書きインストールするため、windows updateで待たされる心配も無用です。
PCの調子が悪くなり、再インストールしかないのか?リカバリしかないのか?修理しかないのか?と思っている人は、ぜひお試しください。

女子力を上げる10の方法

どうやったら女子力を上げられるか?についてですが、自分では分からないという人も多いと思います。
とりあえず書いておきましたので、参考までに。

1.明るい靴を履く
白がいいですね。茶色や黒は男っぽいという印象を与えます。

2.小さい時計をつける
つけないほうがいいのですが、仕事柄どうしても必要だと言うことであれば、細いベルトで小さい時計にしましょう。
また時計に限らずすべての道具は、小さい物にします。ボールペンやシャーペン、消しゴム、筆箱、バッグ、スマホ、財布、自動車、・・・
その他いろいろなものを「小さい」ものにするだけで、女子力を上げることにつながります。
大きいものを持つことは権力を誇示したいという心理的な現れですので、これを逆手に取り小さい物を持つことでけなげな人だと思われるようになります。

3.髪は染めない
明るくしたいから染めたい!という人も多いと思いますが、男子受けは圧倒的に黒髪の方がいいです。
黒髪はナチュラルで、素朴な印象を与えます。
日光などに当たって日焼けして茶色くなったのは仕方ありませんが。
マニキュアやつけま、ピアスなどもそれほど良い印象は与えません。男も同じ物をしていれば趣味でわかり合えると思いますが、純粋な性格であれば純粋なスタイルにして損はありません。
我流、過度なメイクや化粧は、かえって女子力を下げますので、女性誌を読んでほどよいメイクを心がけましょう。

4.たばこ・酒は控える
たばこ・酒をガンガン飲む人で清楚な人を見かけたことがありません。偏見かもしれませんが。
たばこは吸わない、酒はほどほどが健康を保つ秘訣です。

5.首の後ろのむだ毛処理
目に見えるところは処理できても、ここだけは目に見えないため、見過ごしている&知らない人が多いと思います。
しかし、後ろ姿で見えてしまいます!
人にうるさく言うくせに自分はこれかよ?!ということで、反感を買ってしまいますので注意。

6.ストレスをためない、甘いものはほどほどに
男と同じような食生活をしていると、ホルモンの影響で太ってしまいます。
そして、男には理解されないのが、脂肪分のあるものを食べなくてもストレスで太ると言うこと。要は脂肪を消化しなくなっていくのです。
逆に言えば、ストレスをためられない女性は痩せている。
一般的に少しふっくらした女性はおおらかで、痩せている女性は無愛想だなんて言われますが、ストレスに耐えられるか耐えられないかがそのまま体格として現れるのではないでしょうか。痩せすぎも不安になりますが、ほどほどが一番です。

7.菓子やメモ、ハンカチの常備
女子力の高い女子は、バッグにいろいろな物を持ち歩いています。何かしら持っていることで人に貸すことができ、それが人脈形成につながる女社会特有のものでしょう。
よく「自分で食べるために持ってたんだ」などと菓子をくれたりしますが、「本当に?!」と突っ込みたくなりますが、たしかにこれで不機嫌になる人はいません。
折りたたみ傘やスマホ充電器、鏡が出てくる人もいます。
またメモやハンカチも、必要な場面では必要とされます。自分のためにいつ必要か分からないものを持ち歩くことが、女子力向上にも役立っているのです。

8.ズボンよりスカート
自転車に巻き込まれたり着こなすのが大変なスカートですが、ズボン・ジーンズよりもポイントは高いです。ここぞという場面ではスカートにして女子をアピールしましょう。

9.短い髪より長い髪
重かったり手入れが大変ですが、長い髪の方が「それだけ手入れをしている」ということで評価されます。ドライヤーなどで乾かすことで、美しい髪を維持できます。

10.漢字の練習、ひらがなをきれいに書く
漢字を間違っている女子も多いですが、これは減点要因となります。話し言葉であれば修正も効きますが、書面に残る漢字は、直しようがありません。
また社会人としての常識も疑われてしまいます。難しい漢字は仕方ありませんが、中学で習う程度の漢字を間違えるようではダメです。漢字検定を勉強してみるなど、工夫してみてください。
また、ひらがなをきれいに書くことでポイントがアップします。ペン字とか講座があると思いますので、調べてみてください。
デジタルの時代ですが、まだまだアナログで文字を書く機会もあります。ここで真の人間性が問われます。

女子力は、何か一つ書けていた時点で「終了」となります。要は、スタイルからも字のきれいさまで、萎えるポイントがあった場合はその時点でこの人はダメだという烙印を押されてしまいます。
料理ができる・家事ができるというのは昭和の考え方で、今は通用しません。代わりに、字のきれいさや言葉の上品さなどが問われる時代になっています。
「強制されるのは嫌だ」という人もいるかもしれませんが、それほど小難しいことは書いていないので、誰でも実践できます。
そして、女子力のある人はもう既にやっている内容となっています。(まぁ本人は女子力ないと否定するでしょうけど)

女子力を実践し、楽しい人生を送りましょう。

携帯は高い!を解決する8のアイデア

日本人は携帯が高いと叩きますが、いや、実は昔は安かったんです、という話。

昔は、携帯は分割なんて制度はなく、一括で買ってたんです。確かにその頃も4~5万円ぐらいしてましたけど、今よりは安かった。

そしてその頃も端末のスペックを上げる熾烈な戦いは続いていて、モノクロ液晶からカラー液晶になり、カメラが付き、指紋認証までつき、・・・と高機能になるにつれ端末価格も上昇。
それであまりに高すぎて売れないので、ソフトバンクが2年縛り(分割)を導入して、今に至るというわけです。

そしてなぜか、折りたたみ機能のない単なる液晶の板だけのスマホなのに、端末価格はあの頃と同じ。
なぜかというと、儲かった分は、販促費(CM)に投入されているからです。
駅前一等地のヨドバシに出店したり、何十億もかけてキー局CMを打つなど、アホくさい金の使い方をしています。
そして、さらに契約を取るために回線容量の拡大と回線高速化などのインフラ投資でよくなったとアピールするのです。

で、携帯関連のニュースがある度に付くコメントは「端末代を下げろ」「毎月の料金を下げろ」とばかり。
何をどう下げて欲しいのか、本質的な議論にはなっていません。
携帯会社の肩を持つわけではないですが、保険会社は叩かないくせに、携帯会社は叩く。保険が高い!なんてあまり叩かないですよね。
まぁ確かに電波使用料はテレビ局よりも圧倒的に安いのに、料金が高い、というのは分かりますけどね。

総務省もかなり踏み込んできてはいますが、携帯三社の利権があるので、深くは切り込めていない状態。

SIMフリーのように、回線速度などを制限して安く提供するということが、今の大手キャリアはできていません。LTEのデータ容量で値段を変えても、それは無意味です。

なので、こうすれば上手く行くんじゃないか、という理由を考えてみました。

1.一回三社とも潰して立て直す
携帯会社は儲かりすぎなので、国が各社に1兆円程度罰金を徴収して、潰して再建させれば良いでしょう
それか電波使用料を値上げするのも良いでしょう

2.カメラや画面のスペックを落とし、一括1万円のスマホを作る
作れるはずです。Androidは無料なんですから。地デジもなんだかんだでみんな使ってないです。おサイフケータイは使うけど。
1万円なら、防水非対応でも壊れたらまぁいいやで済むかな。

3.「容量」ではなく「速度」を制限する
100kbpsなんていうのは極端ですが、ライトユーザー向けに1Mbps(無制限・テザリング不可)のプランを出すなど、長く使ってもらえる工夫を

4.回線と端末を分離する
携帯屋は回線だけ売ってれば良いんです。端末はユーザーが調達しますので

5.回線速度を上げない
回線速度を上げると、単位時間あたりの通信容量が増え、それはサーバー等の管理費の増大につながり、結局青天井です
300Mbps!などと他社との競争も必要ですが、ユーザーのことを考えず身内の競争になっていないか?
ユーザーはLTEなど望んでいません。別に3Gで良かったんですけど

6.日本人はわがまま
根本的なところでこういう考え方もあるでしょう。

7.なぜ高いと叩く人はガラケーに戻らないの?
キャリアは今もガラケーを発売し続けています。スマホが高いなら戻ればいいじゃない。

8.そもそも携帯を手放す
スマホでやってることって、ノートパソコンでもできるはず。スマホの性能をフル活用する使い方をしなければ、高いとしか感じない
大手キャリアの癒着構造が改善されない限り、携帯端末を持ってるだけで搾取され続ける構造

契約する自由は保障されていますから、ならば契約しない自由を行使するという考え方もあるでしょうし、SIMフリーのように制限はあるけどもその枠の中でどう使っていくか考えていくやり方もありでしょうし、
現状や仕組みを叩いたところで改善の見込みはありません。
こちらから解約など、アクションを起こすことが一番効果があるのです。