セルフスタンドでタイヤの空気圧補充してみた 無料で簡単!

車は走ればいいや程度にしか考えていない人が多いと思いますが、実は車のタイヤの空気は自然に抜けていきます。
タイヤの空気を定期的に補充しないと最後はパンクしてしまいます。

「タイヤの空気はディーラー行くんでしょ?また車買えとか言われそうで嫌だ」「スタンドでしょ?給油しないとダメなんでしょ?」と思う人も多いと思いますが、車の空気補充程度であればスタンドで無料でできます。給油しなくても文句は言われません。
ただ無駄なやりとりをせずに済むのでセルフスタンドをオススメします。その中でもessoのスタンドはデジタル式の空気入れを採用しているので初心者にも分かりやすいです。
「ディーラーの点検パック入ってるけどダメなの?」と思う人もいるかもしれませんが、点検パックは半年に一回で半年全く補充しないとおそらくパンクするでしょう。タイヤメーカーは月に1回を推奨していますので、点検パックに入っていれば何もしなくていいという物ではありません。

今回はessoのデジタル式空気入れを実際に操作してみましたので参考にして下さい。

まずはマシンに空気圧をセットします。原則はメーカーの指定値で指定値は運転席のドアの柱部分に書いてありますのでそれを入力して下さい。例えば2.2とあればマシンには220と入力します。低すぎても高すぎてもダメですが、±1割程度であればOKだと思います。少し柔らかめにしたい、少し固めにしたいなど好みで調整できるのがセルフのいい所です。


次にタイヤのホイールをよく観察し、虫ゴムを回して外します。虫ゴムを落とすと大変!と思うかもしれませんがJAF曰く大したことないそうです。虫ゴムを外したら芯が出てくるので、マシンのノズルを垂直にセットします。垂直にセットしないと側面から空気が漏れるので注意して下さい。またスタンドによってはノズルが古くどうセットしても漏れる物もあります。その場合は新しいノズルに変えてもらうよう意見するか、ノズルの綺麗なスタンドで補充しましょう。
補充中、補充完了はマシンの音のパターンで分かります。詳しくはマシンに説明が書かれています。

補充してから運転すると車内のオーディオが聞こえやすくなったり、凸凹をあまり拾わなくなったり運転しやすくなったと思います。これがタイヤの長寿命化につながるので空気圧を維持することはとても大切なのです。

やり方は一度覚えればそれほど難しいものではないので、小学生でもできます。
パンクすると全く身動き取れなくなるほか、その後の行動にも支障が出たり事故の危険もあります。
そうならないように月に1回、特に季節の変わり目は必ずタイヤの空気圧を点検・補充しましょう。

寒い日はカップヌードルキングでお腹も心も大満足!

急に肌寒くなり関東では8年ぶり・10月下旬並みの気温などと言われておりますがそういう時こそ食べたいのがカップ麺ですね。
ドラッグストアでカップ麺を探していたらスーパー、コンビニでも取扱が少なくネットでしか売っていないようなKINGを見つけたので購入。
この時期にKINGは懸けに出たというか発注担当者のセンスを感じましたね。価格は247円でした。


KINGの高さは成人男性の手と同じぐらいですね。
カロリーは537kcalという表示がされています。普通サイズやBIGサイズとは包装が異なり、分厚いビニールで包装されており重厚感を感じます。
他のカップ麺と異なり添付のソース等はありませんのでお湯を注ぐだけで簡単です。


早速お湯を投入し、3分少々待つと出来上がりました。一瞬野菜しかないように思いますが、箸で取るときちんと麺が出てきます。単純にカップヌードルを大きくしただけのように見えますが、麺だけでなくシーフードの量もKINGになっており野菜好き、女性でも気軽に召し上がれると思います。
前半は順調に食べれますが、後半になってくるとなかなかしんどいというか味に飽きてくるので量としてはこれぐらいがちょうどいいのではないかと思いました。カップ麺は膨らむのでカロリーだけでは計算できませんね。
と考えるとペヤングの特大バージョン(2,142kcal)がいかに凄いかがよく分かります。
コスパというよりはおいしさにもこだわっているこの製品。あの味食べたいなと思ったらぜひお試し下さい。

キャリアは教えない!Android 8.0 通知切れば電池長持ち?!

Android 8.0は7.0と概ね変わらない電池持ちになっていますが、8.0では細かいパターンごとにさらに細かい通知の設定ができるようになりました。8.0で片っ端からシステムアプリも含めて通知を無効にしていった所、2割程度のサクサクと電池持ち向上が見られましたので記載します。
通知を切った程度で不具合が起きるとは思いませんが、いつも通り自己責任でお願いします。

Galaxy S8のAndroid 8.0を例に解説します。
1.設定→通知→詳細設定→「…」→システムアプリを表示
2.上から順に通知を切りたいアプリをタップしていくと表示が二通りに分かれると思います。
ONまたはOFFが選択できる場合:OFFにする
サウンドを許可しかない場合:サウンドを許可を外す
このアプリは通知を送信しませんと出てくる場合は対処は不要です。
3.設定が完了したら戻るキーを押して2に戻る
時間がかかり疲れると思いますが、地道に一個ずつチェックを外していきます。
LINEやTwitterなどどうしても通知が必要なアプリはいじらずに次に進みます。
無効にしているアプリの通知がONになっている場合はOFFにしておきましょう。

システムに関しては特殊な設定ができますが以下のようにほとんど無効にしてしまいましょう。
○システムUI
通知:サウンドなし
ストレージ:サウンドや画面表示なし
一般メッセージ:サウンドや画面表示なし
バッテリー残量不足:(編集不可)
進行状態:サウンドや画面表示なし
スクリーンショット:サウンドや画面表示なし

○ダウンロードマネージャ
処理中:サウンドや画面表示なし
完了:サウンドや画面表示なし
キューに追加済み:サウンドや画面表示なし
全てオフにするとブラウザ等でファイルダウンロード中に通知領域に状況が出なくなります

○パッケージインストーラ
エラーになったアンインストール:サウンドや画面表示なし
実行中のアンインストール:サウンドや画面表示なし

○印刷スプーラ
エラーが発生した印刷ジョブ:サウンドや画面表示なし
アクティブな印刷ジョブ:サウンドや画面表示なし

○Androidシステム
アカウントのステータス:サウンドや画面表示なし
通知:サウンドなし
自分の端末:サウンドや画面表示なし
運転モード、デベロッパーメッセージ、端末管理、ハイブリッドダウンロード、エンタープライズビリングステータス、イーサネットケーブルが接続されました、バックグラウンドで実行中のアプリ(OFF)、ネットワーク通知、ネットワークを利用できます、ネットワークのステータス、物理キーボード、販売店デモ、セキュリティ、アップデート、USB接続、仮想キーボード、VPNステータスも同様に「サウンドや画面表示なし」にします。
※一部アプリでスクロールがカクつくなど不具合が起きた場合はアカウントのステータス、通知、自分の端末、デベロッパーメッセージは「サウンドなし」にしましょう

原理は不明ですが、裏で動いているサービス系のアプリも含めて全て通知をオフにすることでシステムリソースに余裕が生まれ、サクサクになり、結果電池持ちも向上するのかと思われます。このようなかなり奥の設定項目については携帯ショップの店員も知らない可能性が高いので教えてくれないでしょう。重い、端末交換、修理、という前にぜひ一度お試し下さい。