Windows Vistaは失敗作なのか 革新的な機能3つ

2007年1月30日、Windows Vistaが一般小売向けに発売された。私は予約して当日にパッケージを買った。
あのプラスチックのパッケージにドキドキワクワク、そして感動した覚えがある。
Beta2は当時無料で配布されたが、パッケージを持っている人は少ないだろう。2つのパッケージは今も大事に保管している。
もう11年前のOSになるが、改めて話をしてみたい。
 
華やかなデビューの一方、新機能を山盛りにし高いスペックが求められた影響で大きな批判を浴びた。一番大きいのはメモリだろう。XPでは128MB以上が推奨だが、Vista Premiumでは1GB以上が推奨されている。パソコン業界は新しいOSが出てこない限りは原則スペックアップをしない。特に日本製のパソコンはメモリやCPUなどをケチり、画面の美しさやテレビが見れるなどを売りにしてきた。このような業界構造があるので、2001年から2007年の間に劇的なブレークスルーがあったとはいえず、このメモリ要件の差が大きな批判につながった可能性は高い。

また、私はウインドウが透明になるという点も感動した。Windows Aeroはマイクロソフトとしては開発者の作りたいものをそのまま形にしたという点では素晴らしいのかもしれないが、一般消費者としてはあまり受けなかったようだ。ウインドウが透明になろうが3Dフリップで表示されようが、まずは旧OS同様サクサク動くか。今のアプリがちゃんと動くか。テレビが見れるか、録画できるかという点で、OSが変わるのでテレビチューナーのドライバが非対応、またAeroのためにオーバーレイ表示をしていたテレビ視聴ソフトが動かないという点にユーザーは不便だと思ったようだ。

それからよく批判になるのがユーザーアカウント制御(UAC)のために使いたいソフトがインストールできなかったり管理者権限云々といわれてアプリが使えなかったりする点だ。Vistaからは管理者権限を必要とするすべての操作に確認画面を導入することで不正なソフト等の実行を阻止しようと考えたが、ユーザーにとっては使いづらい結果となった。企業のパソコンでは管理者権限が与えられないケースも多い。管理者権限があるのは自宅で使うパソコンぐらいだ。これらの批判を受け7からは感度を調整できるようになったが、UACは最新版の10でも残っている。

また地味すぎて皆さん気づいていない機能が、検索のインデックスを作成して検索結果を素早く表示する機能だ。Vistaから導入されているが、これも現在の10まで脈々と引き継がれている。もちろんユーザー側でオフにすることも可能であるが、これはVista開発前は瞬時にすべてのファイルを検索できる新しいファイルシステムを作ると豪語していたがファイルシステムはNTFS継続で、後付けに縮小になった経緯がある。

このようにVistaは重いとか失敗作と批判されているが、現在の最新版の10につながる機能を搭載していた点で私は失敗作ではないと考える。ただ時代を先取りしすぎたのは事実。どの製品も時代を先取りしすぎると失敗する。Vistaが音頭を取ったおかげで今のパソコンがハイスペックになっているのかもしれないが、Vistaはそのために犠牲になったといっても過言ではない。
日本市場で売るには日本市場の現状を徹底的にリサーチする必要があるだろう。日本のパソコンを買うユーザーは決してパソコン知識が高いわけではないので世界の市場とは違う変わったニーズがある(例えばパソコンは会社で使うものであって家では使わない。家のパソコンはゲームと年賀状とテレビのために使うぐらい)ということだ。

Windows 10 無駄なタスク57個無効にしてPCをサクサクに!

Windowsといえばサービスを無効化すれば軽くなるのは知られていますが、それと同じぐらいに軽くなる方法があります。それは「タスクを無効化すること」です。タスクというのはサービスのように裏で常駐して動いているものですが、デフォルトの状態ではこれがかなり多いのでバッサリと無効化していきましょう。ただしこれはサービスよりも重要でシステム寄りなのでむやみに無効化すると起動しなくなりますのでご注意下さい。

コントロールパネル→管理ツール→タスクスケジューラとたどっていくと起動します。

まずは手はじめに一番左のフォルダを全て展開します。すると項目がズラズラと出てきます。
そして面倒ではありますが一個ずつフォルダを開き、中に出てくる項目で下にある物は無効化していきます。
右クリックで無効化を選択すると無効にできます。
*バージョン1803の執筆時点での情報です。環境によってはないタスクもあります
*いつも通り自己責任でお願いします

.NET Framework NGEN v4.0.30319
.NET Framework NGEN v4.0.30319 64
.NET Framework NGEN v4.0.30319 64 Critical
.NET Framework NGEN v4.0.30319 Critical
EDP Policy Manager
SmartScreenSpecific
Microsoft Compatibility Appraiser
ProgramDataUpdater
StartupAppTask
Proxy
BthSQM
Consolidator
UsbCeip
ScheduledDefrag
Device
SilentCleanup
Microsoft-Windows-DiskDiagnosticDataCollector
Microsoft-Windows-DiskDiagnosticResolver
Diagnostics
EnableErrorDetailsUpdate
DmClient
DmClientOnScenarioDownload
File History (maintenance mode)
FODCleanupTask
SQM data sender
Installation
ReconcileLanguageResources
Uninstallation
Notifications
WindowsActionDialog
WinSAT ←無効にしても復活する場合はタスクごと削除
MapsToastTask
MNO Metadata Parser
SystemSoundsService
GatherNetworkInfo
BackgroundConfigSurveyor
AnalyzeSystem ←これ無効でかなりサクサクに
MobilityManager
StartComponentCleanup
FamilySafetyMonitor
FamilySafetyRefreshTask
FamilySafetyUpload
IndexerAutomaticMaintenance
GadgetManager
Idle Sync Maintenance Task
Routine Maintenance Task
MusUx_UpdateInterval
Reboot
UPnPHostConfig
Windows Defender Cache Maintenance
Windows Defender Cleanup
Windows Defender Scheduled Scan
Windows Defender Scheduled Scan
QueueReporting
Extractor Definitions Update Task
XblGameSaveTask
XblGameSaveTaskLogon

これらを全て無効にすると、新しいパソコンになったかというぐらい見違えるぐらいサクサクになっていると思います。タスク一個ずつの説明は省きますが、無効にしたタスクの中にはマイクロソフトに自動で情報を送るタスクや自動で性能を計測するタスク、キャッシュの掃除や電源ポリシーを自動でhtmlに吐き出すタスクなど無駄というかお節介なタスクがたくさんあります。いいCPUを積んでいるのに重くて困る、SSDにしたのになんか重いという人はぜひ試してみて下さい。

不要なWindowsサービスを完全に削除する方法

Windows サービスは通常サービスのUI画面から削除しますが、マイクロソフトにとって消されたら困るサービスは消せないようになっています。
そのようなサービスで、明らかに自分にとって不必要なサービスはコマンドプロンプトから根こそぎ消してしまった方が気が楽です。
例えばXboxやNFC、赤外線など絶対使わないサービスは削除してしまっても良いでしょう。


1.コマンドプロンプトを管理者権限で実行
2.sc.exe delete [サービス名]と打ち込む
サービス名はサービスのUI画面からダブルクリックすると分かります
3.エンターを押すと削除される
※一度削除してしまうと絶対に元に戻せないので、ミスのないようサービス名は二度三度必ずチェックして下さい
ちなみに無効にしたい場合はsc.exe config [サービス名] start= disabledとなります。

予想以上にサクッと消えてしまうのが逆に怖いです。一部のサービスは管理者権限でコマンドを叩いても「アクセスが拒否されました」「パラメータが間違っています」などとエラーが出て消せない物もあります。それは仕様です。
いくつかサービスを消すとパソコン操作が気持ち軽くなりました。まずは要らないサービスを無効化していき、一ヶ月程度経過して不具合が起きないと分かったら絶対に不要なサービスを中心に消していくことをお勧めします。