こんなものも?! コンビニで予約注文する方法

コンビニのほぼすべての商品は、電話あるいは対面で無料で「予約」をすることができます。
予約とは、取り置きと似たようなものですが「○○日に○○個欲しいのですが」という、いわゆる特注のようなものです。
本部は公式に宣伝していませんがこれももちろん売上になるので、ギフトと同じぐらい重要な物です。
従業員にとっては忙しくなるだけで何の得もありませんが近年増えています。

例えばこんな時に。
・入学式や卒業式のお祝いに
・地域や町内会の集まりやイベントに
・ちょっとしたパーティーに
・職場での会合に
・部下へのお祝いやプレゼントに

予約商品として多いのは以下のようなものです
・弁当、おにぎり30個 ペットボトル飲料30本 サンドイッチ30個
・パン30個
・PBのビスケットやドーナツ
・アイス取り置き(夏)
・QUOカード50枚(支払いは現金のみ)

そして、大量注文すると以下のようなサービスを受けられる場合もあります(店長との交渉による)
・職場、学校、あるいはイベント先への指定日指定時刻の配送
・この商品とこの商品をこの袋に、などといった個包装
・商品代金端数分のカット

○申し込むならどの時間がいい?
コンビニで一番暇な時間で店長クラスの人がいる時間帯は平日8~10時、13~16時です。この間に申し込みしましょう。土日や深夜は学生がいるので聞き間違えや申し込みをうやむやにされる可能性があります。
○申し込んだが数量や種類を変更したい
時間が経ちすぎると既に発注が確定されてしまい変更が効かなくなる可能性があります。なるべく早めに店舗に連絡して下さい。
○今日欲しいんだけど。
コンビニの発注は午前10時前後に締めたものを午後10時以降配送します。よって当日の予約はできません。
○何でも予約できるの?
弁当に限らずタバコや酒、テレホンカードなどコンビニにある全ての商品は予約可能です。ただ「アイス100個」とか言われるとそれを保管する冷凍設備がないので厳しいですが。冷蔵も40ケース程度であれば保管できますが、100ケースは厳しいです。
○領収証は出せる?
レジの領収証のほか、手書きの領収証も対応します。

申し込みは基本的には早いほうがいいです。弁当類などのいわゆるデイリー品は毎日発注ですが、物によっては2日前のものもありますので、余裕を持って3日前までにしてください。
菓子やQUOカードなどの商品は、週3日配送が基本ですので、1週間前までに申し込むことをオススメします。

基本的には後払い(届き次第レジでその場で会計するので多彩な決済方法が可能)ですが、1万円を超える高額注文の場合は前払い、あるいは店長指定口座への振り込みが必要な場合もありますので詳しくは店舗に相談してみてください。担保(?)として名前と電話番号を聞く店舗がほとんどです。特にクオカード30万円分などの支払いの場合はバイトにやらせるとリスクが高いので必ず店長が出勤し対面で手渡しします。
本部のサイトから購入できる物もありますが、絶対に前払いで配送もクロネコ等の配送業者がやりますので時間も数時間単位です。それに対して地元の店であれば融通が利くので、ツケ払いで最終日に現金で払ったり、配送も地元に熟知した店のスタッフ及び店長がやることで指定時刻までに届けたりすることが可能です。
皆様もリアル店舗の強みを生かしてコンビニの予約制度をぜひ活用しましょう。

ディーラーってどうやって行くの?アポ必要?予約は?

答えから先に言いますが、車の購入には段階がありますよね。
①カタログをもらう
②試乗する
③見積もりを出してもらう
④ローンの審査が通るかの確認、値引き交渉
⑤契約
⑥納車、と。

このうち①~③までは購入検討の段階なので、アポなしでOKです。電話連絡もなしで、土日とかにいきなり訪問しても構いません。何か聞かれたら「試乗したいんですが」などといえば、話を進めてくれます。コンビニなら入りやすいけど、あんなに大きな店舗に入るというのはすごく気が引くものです。
もちろんカタログをもらいに行くだけでも良いし、試乗するだけでも良いし、見積もりをもらうだけでもいいし。車は高い買い物ですから、イメージをつかむことが非常に大事なのです。これらの客を冷やかしだなんだというネットの意見もありますが、携帯みたいにコロコロ買える物ではありませんから、実物を見ながら時間をかけて慎重に比較することが必要です。中にはカタログをもらってから買うまでに数ヶ月かける人もいます。家族会議に通したり、いろいろありますからね。
医者の初診票じゃないですけどアンケートのような物に記入する店舗もあり、それに基づいて話を進めてくれます。
そして、その時初めて会う営業マンが、おそらく最後まで話につきあってくれることになります。長ければ数年、数十年のおつきあいになることも。車は人から買うものだってよく言いますけど、本当にその通りです。どの店でも同じ車なら同じ商品ですけど、人が違えば車も違うように見えるのです。
営業マンの話が聞きたければ暇な平日、購入で値引きを引き出したければキャンペーンやイベントのある土日をオススメします。値引きは無視してあなたの好みに合った、話が合う営業マンから買う、というのも手かもしれません。もしあとから営業マンが好きじゃないとなったら、全国どこのディーラーでもサポートしてくれます(申請が必要かもしれませんが)

④以降は後日改めてお電話しますという形であったり、明日はどうですか?と日にちを聞いてくる形で日取りが決まります。
もちろんむこうから提案してくることもありますが、客の休みや都合の良い時間に合わせてくれます。

じゃあ逆にディーラーに予約するのはどういうときなんだという話ですが、基本的に納車後のことです。
点検や修理の予約、車検の予約、などといったディーラーに付随している工場に入庫する時には、基本的に予約が必要です。
予約無しでもやってくれたりしますが、基本的に予約客が優先なので、長時間待つことになります。

とはいえディーラー側も人員配置の都合などから予約をしておいて欲しいのは事実のようで、Webサイトから店舗に見積もり予約や試乗予約ができるようには一応なっていますが、使っている人はほぼいないでしょう。