ガソリン129円 3か月連続安値水準か

車にとって欠かせないガソリン価格が3か月連続で値下げとなり、現金払いで120円台の店も現れつつある。春にかなり高い水準になっていたが最近は落ち着きつつあり8か月ぶりの水準となる。

ガソリンは原油価格に左右されやすく、ここ最近は原油価格の高騰が落ち着いている局面に入っているといえるだろう。電力やガス各社も値下げを発表している。ガソリンが安くなる事は市民生活にとって大きな助けとなるのは間違いない。仮に一か月40リットル使う家庭であれば10円安くなればその差額は月400円にもなるから無視できない金額と言えるだろう。

さてガソリン価格自体は2016年から値上がりし続けており、これが家計の重しとなっているのは間違いない。2016年2月のレギュラー価格は113.4円(資源エネルギー庁発表)であるから、この頃と比べればかなり上がっているのだ。昔はもっと安かったという意見もあるが、ガソリンは100~120円程度が妥当だろう。あまりに高すぎると誰もどこにも出かけなくなるし消費にも影響が出る。ガソリンが高い現状、毎日の生活はギリギリであり国民が消費増税に賛成できかねるのは言うまでもない。国が関与してガソリンを1リットル100円の定額制にするのもよいかもしれない。もちろん税金投入は不公平など様々な意見があるかもしれないが、会社員の自動車通勤での交通費は距離数で計算されるだけで、ガソリン代の上下は考慮されない。同じ距離乗るのにその時の情勢で経費が変わるのはあまり頂けるものではない。これからもどんどん下がって100円台を目指してもらいたい。