圏央道随一!ETC2.0限定で一時退出可能 道の駅ごか

「道の駅ごか」は茨城県五霞町にある道の駅ですが、ETC2.0の賢い料金(一時退出)に指定されているので圏央道・五霞ICから一時退出できます。
賢い料金とは指定のICで降り、ETC2.0を装着していて道の駅に一度立ち寄り、かつ1時間以内であれば、一般道にいても連続して高速道路を走行したものとして料金計算がされるシステムです。国はこれをPA/SAの補完になると考えていて休憩所が25km程度ない、かつICから道の駅までの距離が1km程度の場所を目安に「賢い料金」対応の道の駅を選定しています。

入り口付近にETCのアンテナが設置されていてこれで立ち寄ったかどうかを判断しているようです。
駐車場もかなり広く、大型車も余裕で止める事ができます。コンビニの3倍ぐらいあると考えて良いでしょう。

ファーストフードコーナーや野菜直売所、宝くじまでありまさになんでもありの道の駅です。道の駅の中でも旗やポスターなどカラフルで大々的に、派手に宣伝している印象です。

トイレや自販機もこのように設置されています。道路情報館は自治体のポスターを貼る体の建物となっていますが、空調が効いていてテレビもあり地域の子ども達の入選した絵などが展示されていました。お堅い外観ですが、くつろぎ館に近い感じですね。

一度立ち寄りさえすればいいのであとはコンビニに行こうがガソリンスタンドに行こうが自由ですが、画一的でつまらないと言われるPA/SAとは異なり道の駅は地域の商品等の発信、販売拠点となっています。またその地域で土産物を買えばその地域の活性化につながります。PA/SAにはないユニークな商品が道の駅なら見つかるかもしれません。地域活性化の起爆剤となる事を期待しつつ、ETC2.0をつけている人はこの制度を賢く利用したいですね。