スマートICはETC専用 誤進入したら?ネクスコ東に聞いてみた

スマートインター(スマートIC)の増加に伴い、誤進入する人が増えている。費用や場所等の関係でフルICを設置できないが立地の便利な場所にどんどん作られ始めているのが実態で、高速のインターはどこも一緒という思い込みで間違える人がいても不思議ではない。スマートICはETC車載器装着車専用であり、現金車は利用できない。もちろんクレジットカードしか持たない人も利用できないし、ETCカードを持っていても車載器が無いと利用できない。もし誤進入したらどうなるのか、ネクスコ東日本に聞いてみた。

Q:スマートICとは?
ETC車載器を搭載している車両のみご利用頂けるインターです。
Q:誤侵入したら?
誤って意図せず進入してしまった場合は、備え付けの呼び出しボタンかインターホンでご連絡下さい。料金所は無人です。本線や料金所でのバックやUターンは危険ですので絶対にしないで下さい。
Q:誤進入したら追突されるのでは?
車が停止した状態で、車載器と道路側のアンテナが相互に通信を行い、やりとりをした上で開閉バーが開く仕組みです。
そのため開閉バーの手前で「一旦停止」をお願い致します。

スマートIC(SIC)は基本的にETC専用とすることでこれまで料金所を作ることができなかった狭いスペースでのインター設置を可能にし、さらにETCにより無人での運用が可能になり人件費の多大な削減になっている。地元のインター設置要望も最近はほとんどスマートICになっている。これからスマートICが全国に増殖していく、あるいは今後通常ICがスマートICに置き換わっていくことを考えるとネクスコはスマートICに対しての周知徹底を図っていく必要があるだろう。