ローソンのメガアイスカフェラテが巨大すぎて衝撃を受けた件

最近マクドナルドも倍バーガー、吉野家が大容量高価格戦略で成功したなどと報道が出ているが、ローソンもMサイズの2倍となる「メガアイス」シリーズを全国で発売した。メガ自体は2017年から試験的に出しているようであるが、ここ最近は本格的に全国展開しさらに宣伝を強化しているようでいくつか種類があるので注文の際間違えないように注意されたい。
メガアイスコーヒー 税込270円
メガアイスカフェラテ 税込310円
メガアイスミルクティ 税込390円
メガアイスアールグレイティ 税込330円
メガアイスシトラスティ 税込330円

今回はメガアイスカフェラテを注文し通常のカップと並べてみた。店員がレジの合間に製造するので少し待ち時間はかかるが、このようにコンビニコーヒーではあり得ない衝撃サイズの商品でありスタバの最も大きいサイズであるベンティサイズに匹敵すると言っても過言ではない。なぜローソンが大容量戦略ができるかというと店員が手作りして氷も店員が入れるため、マシン寸法の制約を受けずどのようなサイズや形状であっても提供する事が可能だからだ。コンビニコーヒーの質は年々向上してはいるが、まだまだ専門店には及ばないと考える人も多い。それならば好きで飲んでくれている人、若者向けにあえて量で勝負!という戦略もあながち間違いではないだろう。コンビニコーヒーは100円では利益が出ないが、300円程度になってくると利益が出てくる。本部としても客単価を上げるために100円よりも300円の商品をプッシュしていくのは間違いないだろう。今後メガの2倍とかいってギガサイズも出てくるかもしれない。
夏でたっぷりコーヒーを飲みたいという人の需要に応える商品となっているので気になる方は是非頼んでみてもらいたい。