コンビニ売上低下の理由と対策5つ

ほとんどのコンビニ店ではここ最近、売上が前年比5%下がっている所が多いと思います。ドミナントなど特殊な理由があればもっと大きな下げ率となっているところも多いです。

さてこれについてSVに相談しても「個店販促打ちましょう」「たくさん発注しましょう」しか言わずあてになりませんので、なぜ売り上げが下がるのか、その理由と対策をまとめました。
・なぜ下がる?
昨今のコンビニ問題の報道の影響も大きいですが、やはりドラッグストアやスーパーの24時間営業が増えた、通販など多様な買い方ができるようになった、景気が悪くなりコンビニで買う人が減った、どの店も外国人しかいない、注文や支払い方法が上手く伝わらない、というのが大きいでしょう。ジュースならドラッグストアで箱買いしたほうが圧倒的に安いですからね。コカ・コーラの500やクーリッシュはコンビニで買ってもドラッグストアで買っても味は変わりませんから。今の時代、売上が常に上がり続けるというのはあり得ませんので、バブル期の考えは捨て、オーナー側も思考を改める必要があります。

・対策は?
SVのお花畑な大量発注しましょうという提案以外で、できることをまとめました。
1.質の高いスタッフを置く
頭が冴えている高学歴な、スタバにいるような賢いスタッフを置きましょう。もちろんそのようなスタッフはどこでも働けて、他からもオファーがありますから高い時給を出すのは必須です。高い給与を望む人は辞めていき、最低賃金でもよいという人だけが働いている現状はコンビニの衰退を早めるだけでよくありません。特に若い男女が有利ですね。大体そのような店員には常連がつくようになるので売上低下を食い止めることができます。シニアや外国人を取るなというわけではありませんが、客から見えないウォークインや洗い物をさせるなど最適配置は重要です。
2.外ゴミ箱を定期的に確認
外ゴミ箱のある店舗では、せめて燃えるゴミだけでいいのであふれていないか定期的に確認しましょう。外ゴミがあふれていると客は減ります。
3.ほどほどのクリンリネス
客はそれほどは求めていませんので、客が求める最低限でいいです。床のホコリを取る暇があるならむしろ臭いに着目し、フライヤー周りの掃除、排水口付近のカビヌメリや、あるいはトイレットペーパーが切れていないかを確認するほうが重要です。棚掃除する暇があるならプライスカードがきちんとついているか値引POPは期限内か確認するほうが重要です。
4.雰囲気をよくする
職場の雰囲気をよくすると、それが接客にも表れ、客と雑談する気持ちの余裕が生まれ、この店はいい店だ、となり客も集まり、従業員も集まります。例えば店長と従業員が怒鳴りあっているような店には客も行きたくはありません。ノートにぐちぐち書いている店も多いですが、一人ひとりが意識をちょっと変えるだけで雰囲気は大きく変わります。
5.納品はすぐに片付ける
検品など適当でいいので、納品はすぐに品出しして空きケースをすぐに片付けることを心がけましょう。深夜ワンオペで片付けられない場合は、少なくとも客の通らない場所に避けましょう。売り場が散らかっていると客は何となく買い物を避けようとします。
スーパーやドラッグストア、他のコンビニと同じ商品を置いている以上、あとは誰から買うかという話になります。是非参考にしてみてください。