粗大ゴミの捨て方 持ち込みなら無料?

粗大ゴミを処分する時に売ったり、業者に頼むなど色々な方法があると思いますが、値段がつかないほどぼろぼろであったりすると売れませんし、業者に頼むにしても一回呼ぶと1万円ぐらい取られるような業者もあります。
そういう時は自治体のゴミ処理場(クリーンセンター)に直接持ち込むのがよいでしょう。持ち込みに対応している所とそうでないところがあると思いますが、今回は実際に持ち込んだ流れを書きますので参考にして下さい。
1.受付に申し出て用紙に記入
住所や氏名、ゴミの内容などを記入します。一般的には粗大ゴミは数百円取られることが多いですが、一辺が1m以内やトランクに積める程度など、一般家庭レベルのちょっとした粗大ゴミであれば点数問わず無料になることもあります。指定のゴミ袋に入れたり処理券を買う必要はありません。

2.受付者がゴミを確認
どういうゴミなのかを確認します。パソコンや家電などのリサイクル法に定められたゴミは捨てることができません。またどういう手順で捨てるのか、構内の簡単な説明などを受けます。

3.計量
クリーンセンターを通る車は、受付で書いた用紙を提示し、必ず計量を通過しなければなりません。

4.自分でゴミを取り出し捨てる
専用の捨てる場所に案内されますので、そこで自分で車を開けて、ゴミを取り出して捨てます。可燃、不燃などと分類され、それぞれに10m×3mほどの巨大なコンテナがありその中に捨てるスタイルでした。ここでもゴミの内容がパソコンや家電などでないか確認されます。

5.再度計量
ゴミを持ち出していないか、きちんと捨てたかなどの確認のために、退出時ももう一度計量を受けて、OKが出れば帰れます。

粗大ゴミはシールを貼ったり手続きが面倒なのかと思いましたが、直接持ち込めばすぐ捨てられて手続きも迅速でしたので、粗大ゴミを今すぐ処分したい、安く処分したい、という人はクリーンセンターへの直接持ち込みもお試し下さい。