バーガーキング5月末で大量閉店 閉まる理由を本社に聞いてみた

バーガーキングの国内99店舗のうち、22店舗が5月末に大量閉店するという情報がネット上で話題になっている。早い所は5月24日で閉店する。ある閉店するバーガーキング店舗に18日の午前中に寄ってみたが、閉店の情報を耳にしたのか既に大行列になっていた。普段はすぐに提供されるバーガーが30分並んでようやくレジ、かつその後も受け取れるまで30分待ち、なんと合計1時間待ちになっていたぐらいである。

(写真)閉店する店で食べたダブルワッパーチーズセット2人分 各1,160円
理由は?と煽っておきながら分かりませんでしたというサイトも多いが当方ちょうど数ヶ月前にバーガーキングに問い合わせをしており、その流れで今回理由を聞いたところ以下のような実のある答えが返ってきた。
長きに渡りご贔屓頂いております大切なお客様を残念なお気持ちにさせてしまい、本当に申し訳なく思っております。
今回の大規模な閉店理由としては、日本国内におけるバーガーキングの成長戦略を加速していくために、検討を重ねたうえ決定したものです。今後は新規出店を積極的に行っていく予定であり、新たな出店を予定しております。引き続き、お客様に気持ちよくご利用頂けますよう、従業員一同、努めて参ります。何卒、変らぬご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

その他にもこれは当方の推測だが、大きく理由は三つあるのではないかと考える。
・売上の低い店舗
純粋に売上が前年比でかなり落ちているなど、人件費や地代を考えると赤字になる店舗は経営側としても当然閉めるべきという判断になってしまう。今年の秋には増税も噂されており、最低賃金が3%以上上がるのは確実だ。特に外食業は持ち帰りか店内で飲食か聞くというオペレーションも増える。人手が十分でなくこれらの負担に将来耐えられない店舗は閉店という判断は妥当だろう。
・マクドナルドなど競合と被る店舗
ある閉店するバーガーキングの店舗は、車で入りづらい、マクドナルドに徒歩で行けるというような店舗や、コンビニに挟まれている店舗もあった。あるいは同じショッピングモール内にマクドナルドがある、というケースもあった。戦略的にマクドナルドの近くに出店した、一種のドミナント戦略と言えるのかもしれないが、このようなドミナントはお互いにとっていい事は無い。マクドナルドを崩せなかったということだろう。
・全体として売上を伸ばせなかった
これはチェーン全体の問題だが、メニューが分かりづらいという点がある。セットを頼むとドリンクを聞かれるが、ドリンク一覧の文字が小さくて読みづらいなど。とにかくメニューはシンプルにしないといけない。「安い」「早い」「うまい」を求める日本人にとって、時間はかかるが高くて高品質、というのがバーガーを食べる客に求められていたかというのは考える必要がある。少なくともマクドナルドはそこまでこだわってはいないし、マクドナルドのバーガーは効率重視のためぐちゃぐちゃであることもよくあるが、我慢して食べるか文句を言うかは別として、なんだかんだ結局安いから皆利用している側面はある。またテレビCMなどを中心としたブランドの宣伝、ハッピーセットなど子ども向けの宣伝が弱かったのではないかとも考える。

当方JAF会員であるが、バーガーキングのJAF特典がこの春からワッパージュニア100円引きから全品5%引きに変更されていた。金額によっては5%引きの方が使いやすい人もいるかもしれないのでこれをどう捉えるかは個人の解釈によるが、私は縮小と考えている。今回は閉店第一弾であって、大規模な閉店が今後起こりうるかもしれないので引き続き注視すると共に、閉店する店の近隣地域の人はその場所では二度と食べられないことになるので閉店前にガッツリと食べておくことをお勧めしたい。