一泊一万円!仙台ロイヤルパークホテルに泊まってみた

一人一泊一万円する仙台ロイヤルパークホテル(宮城県仙台市泉区寺岡6丁目2−1 022-377-2111)に泊まってみました。

チェックイン時の待ち時間で、ふかふかの椅子に座れたり、ティーが出たりしました。チェックインはタブレット端末で行います。カードか現金の事前決済ですが、決済後は女性ホテルマンが部屋まで案内してくれたりと至れり尽くせりのサービスでした。プランにより異なる場合もありますが、チェックインは午後3時以降、チェックアウトは午前11時までです。

・居室は?

一番安いプランですのでものすごく広いというわけではありませんが、上質感は感じます。安いホテルにあるようなシーリングライトではなく、やんわりとした間接照明で部屋全体の照明を補っているのはさすがです。スイーツなど広いプランではベランダがあったり窓から庭園が見えるようですが、今回は安いプランのため窓の眺望は特に何もありませんでした。
・アクセスは?
仙台駅や泉駅からは離れていますが、一日5往復程度無料のシャトルバスが出ています。泉プレミアム・アウトレットが徒歩1分なので買い物もできます。大きい荷物があってもすべて運転手が出し入れしてくれます。車で直接横付け可能なのでタクシーでも安心です。駐車場は宿泊者は無料です。
・空気清浄機は?
加湿機能付きのプラズマクラスターが居室に完備されています。喫煙の部屋でしたが事前にメールにて空気清浄機フル稼働の要望をしておいたところ、その通りにされており、たばこのにおいは一切ありませんでした。加湿の要望も送っておくとなおよいでしょう。
・有線LANは?
居室に完備されています。無線LANもあります。ただし無線LANの速度は部屋によるのかもしれませんが1Mbps程度とあまり期待できません。メールのチェック程度であればできると思います。
・接客対応は?
昼間の女性の接客はよいですが、夕方以降は男性ホテルマンが増えてきます。男性の接客は満点というわけではありませんがここは目をつぶるしかありません。
・カギは?

今どきはカードキーや非接触式が多いですが、アナログのファンタジーなカギになっています。(セキュリティのためカギは一部写真を加工しています)裏返すと部屋の番号が書いてあります。スマホ一個分ぐらいかなり重さがあるので外出時はフロントに預けることをお勧めします。外出から戻ってきた時はフロントに部屋の番号と名前を言うと鍵を返してくれます。
・客層は?
比較的上品なホテルのため、騒がしい人や泣き叫ぶ子供などはおらず快適に過ごすことができました。
・部屋の中の飲食物は?

すべて有料ですのでご注意ください。お金持ちが泊まるホテルですから当然払えるよね、ということだと思います。使用した場合は紙に書いてチェックアウト時にフロントで精算します。周辺にコンビニがありませんからそれを考慮するとものすごく高い値段でもないようです。


テレビは観音式ですが扉はしまい込むことができるので隣の人もテレビを見ることができます。アメニティはこのようになっています。

掃除しなくていいなどのサインは電子式なので安心です。エアコンは個別空調で冷暖房の種類は選べませんが温度のみ1度単位で指定できます。


バス、風呂、トイレはよくあるビジネスホテルと同じようなものです。ただ洗面台の広さはスイートと同じものを採用していると思います。
全体的に概略を述べてみましたが、バスルームがビジネスホテルとあまり変わらないところと無線LANの遅さを除けば、全体的に質の高い構成となっていて「ビジネスホテルよりワンランク上のホテル」「普段泊まれないホテル」「少し背伸びしたい」という時にお勧めだと思います。仙台に旅行や出張だという時に是非活用してみて下さい。