浴槽のダニを一瞬で死滅させる方法

浴槽にもダニはいます。ダニは人間の垢や毛などを餌にします。ダニは湿気が好きですが、換気していれば湿気は飛んで乾燥します。よって換気している浴槽では繁殖する事は少ないですが住む事は可能です。ただし困った事にダニは40度程度では死にませんし水中でも生きる事ができます。特に湯船に浸かった時にゴミのような物がたくさん浮いてくる時は注意しましょう。
よくジャバを使っている人も多いですが、ジャバにはダニ等の虫を殺す殺虫成分は入っていませんので、別の方法をとる必要があります。

1.殺虫剤を噴霧する
キンチョールなどの殺虫剤は人体には悪影響を及ぼすと思う人もいるかもしれませんが、実は医薬部外品として国の認可がないと販売できないようになっています。ピレスロイド系の殺虫成分が入っている事が多いですが、このピレスロイドは選択毒性が非常に高い、つまり虫には非常によく効くが人体にはほぼ無害という画期的な成分なのです。厳密には人体に全く無害というわけではありませんがスプレー缶全てを一気に吸入とか非常識な量で無い限り問題ありません。体重1gの虫と50kgの成人を比べてもそれは明らかですね。ただしバルサンなどの強力な製品を使用する時は注意してください。またキンチョール等の普通のスプレーであっても身体機能が弱っている幼児あるいは高齢者では目の赤みやしびれなどが起きる可能性がありますので十分に注意してください。
という前置きの上で、風呂場全体にピレスロイド系殺虫スプレーを2~3回ほどスプレーしておくとよいでしょう。ただしスプレーした箇所は滑りやすくなるので場所は適宜工夫が必要です。

2.60度以上のお湯を出す
ダニは一般的に60度の熱で一瞬で死滅すると言われています。この習性を利用して、一般的な給湯器では60度のお湯が出せるようになっています。46、47、48と上げていきもう一度押すと60になります。機種によっては子どものいたずら防止のため上ボタンを5秒程度長押ししないとできない物もあります。60度と思われるぐらいの温度のお湯が出たらシャワーに切り替えて浴槽に噴射します。同じ場所が1~2秒ほど当たるようにするとよいでしょう。もちろんやけどには十分に注意して作業してください。普段60度で浴槽を洗う人はまずいないでしょうから、大幅な殺虫・殺菌効果が期待できます。

3.風呂に入ってどうか?
60度のシャワーで洗った後の浴槽はジャバと同じような効果が得られます。水がパリッとしている感じですね。また温度も熱く感じました。雑菌等の障害物がないから熱く感じたのかもしれません。60度のお湯はやけどのリスクはありますが、やけどさえしなければかなり大きな効果を得られる物です。浴槽のダニ等に困っている人は是非お試し下さい。