YouTube運営「切り抜き動画は収益停止」バブル終了で界隈激震

YouTube「切り抜き動画」について、グーグル側が収益化停止をバンバン通告しているようだ。投稿者側が「公式の許可は取っている」と言ってもグーグル側は「公式許可を取っていても再利用コンテンツ」と反論して判定は変えなかったようだ。切り抜きというと聞こえが良いかもしれないが、切り抜く側がそういうイメージで言い出しただけであり、実際の中身は多少の編集があったとしても他人が汗水垂らして苦労して制作した動画をコピペしているだけで、楽して数字を回したい、あるいは人の褌で相撲を取る行為である事に違いはない。

投稿者は「意味不明」と言っているようだが、公式の許可は(事前に申請していれば)著作権違反等の権利違反をその人に対しては主張しませんという意味であり、グーグル側の判定はそのコンテンツ自体に価値があるのかないのかという点でそもそも判定基準が異なる訳で、公式の許可があっても収益化が永久に継続される保証は一切無いのである。
YouTube及びwebの本来の趣旨・使命は価値あるコンテンツを世に届ける事であり、動画収益化サービスが始まった事で(勿論優秀なクリエーターを世に送り出したのも事実であるが)このような本来の趣旨から外れて他人のコンテンツをコピペする文化が生まれそれで稼げるという触れ込みで多くの人に広まったのは大いに残念な事であり、グーグルはより一層取締りを強化してもらいたいものである。