電動キックボード、免許不要で事故増加 モペットは免許必要

電動キックボードにおいて、キックボード事業者からの要請で免許不要にしたはいいものの事故が増加しているという報道があった。
事業者からすれば料金収入、すなわち多くの人に長い距離乗ってもらえればそれだけ売上増加になるので免許不要の方が良く仮に登録ユーザーが事故を起こしても基本的に本人の責任となり賠償等は保険で補われ事業者は当該アカウントを消すだけで痛くも痒くもないのかもしれないが、警察からすれば「やはり懸念していた事が起こった」「免許は事故減少に有意義だ」と思っているに違いない。
なぜ従来原付免許が必要と言われていた電動キックボードが突如免許不要になったのかその経緯は全くもって不明で総理等の重鎮が指示を出したのかもしれないが、事故増加傾向が続くようであれば再び免許が必要な事態に戻るのかもしれない。
一方、ネット上ではモペット(電動自転車)が気軽に購入出来るようになっているが、これを公道で走らせるには種類に応じて原付・自動二輪免許が必要なのは勿論だが、原付同様のブレーキ・ヘッドライトやナンバー等を装着しなければ走らせる事はできず、装着せずに走らせた場合は整備不良等として警告を受けたり切符を切られる事になるので十分に注意してもらいたい。