JR貨物、制止振り切り標識破壊で販売会中止 アニメ運営の列形成参考にすべき

JR貨物において、先着50人が部品の販売会に参加できるとしていたイベントに、運営側の制止を振り切り走って入場してコーン等の標識を破壊したとしてイベントの一部が中止となる騒ぎがあった。列形成に対して素人の組織はこの辺結構適当であるが、意外とアニメ運営の方がしっかりしていると思った所であり、多くの人の参加が見込まれる場合はアニメ運営のやり方を参考にすると良いだろう。
1.並ばせない
無条件で並んだ人が入れますという風にすると混乱が起きるので、その場で「この時刻に来てね」と時刻を書いた整理券だけ配って一旦退散させる。整理券を持っていない人は会場に入れさせない。
2.指定時刻の5分前に並ばせて入場
券を持っている人だけを5分前に並ばせて、指定時刻ピッタリに入場させる。
☆webで抽選
事前にwebで入力する方式にすれば、事前にどれくらい来るか人数が読める。
コンビニのレジですら割り込みが起きている時代、特に部品販売のようなファンが興奮しやすい案件でその場に来て並んだ人を定義として特典が得られる先着順という性善説はもはや崩壊していると言わざるを得ず、整理券等の物理的な方法が必要になった時代と言えるだろう。