岐阜水枯れ問題で住民「水返せ・対話足りない」静岡よりカオス?

リニアの水問題は、もしかしたら岐阜の方がカオスかもしれない。川勝前知事も「水返せ」「水を守れ」と言っていたが、東海が「全量返します」と言っても納得せず「ラブライブコラボやります!」と言ったら「じゃあ辞めます」となり観光部門が完全に主導権を握りリニア部門は完全に振り回された形で、どうやら答えはラブライブだったようだが今の鈴木知事はこれまでの観光の取組を前提とした上で空港新駅の主張になったようだ。
現在の岐阜の説明会でも住民の「水返せ」という主張に対してリニア担当者が理論的にああします、こうしますと言っているようだが、その場所が戻らないなら他の場所で、あるいは手っ取り早く上水道を引いてしまったほうが早いと考える人は多いはずだ。国やネクスコが良くやっている他の場所で何とかする代償措置という考え方は東海はあまり持っていないようだが、高速のようにルート変更が効かないので交渉も難航が予想される。「対話が足りない」というのも大企業あるあるであり、リニアは未来のために絶対必要だ、何か起きても理屈を押し通せば何とかなるという精神で今まで進めてきた会社なので急にキャラ変するのは難しいかもしれないが、理論・理屈で動かないなら感情論という部分を理解すべきであり、嘘をつかず、隠さず例え悪いデータであっても何が起きても正直かつ速やかに公表するという部分を川勝前知事は言いたかったはずで困った時は彼の過去の発言を漁れば解決のヒントが多数隠れているはずであり、リニア部門の現場担当者までその意識を浸透できるかが今後の課題と言えるだろう。