熊本路線バス等、交通系IC廃止で世間波紋 更新には費用出ない体質露呈

熊本県内の路線バス等で、交通系ICに対応したはずが更新費用がネックとなり廃止となる問題が世間を騒がせている。更新費用12億が事業者負担となり更新を断念したのが理由であり、新規設置には補助が出るが、更新には補助が出ない国や自治体の体質が露呈したと言えるだろう。クレカタッチの機器を導入するようであるが、こちらは新規扱いという事で補助が出るようだ。
対応して便利になったはずがかえって不便というのは住民目線からして混乱を生む話であり、新規だとカネが出るが更新にはカネを出さない理屈もイマイチ理解不能である。民間は新規も更新も同じぐらいリソースを投入するが、行政は新規の時だけ一生懸命道路を作って一回開通したら後は知らんと言わんばかりに新規ばかり力を入れている印象を受ける。今回の件は広域的な観光客減少につながる可能性もある訳で、カネ出せないので廃止しますという事で事業者が更新費用を捻出できないのであれば県や市が補助する等、柔軟な対応を期待したいものである。