政府「LRTは儲かる訳無い」→年間利益5700万 TXに続き判断ミス露呈

政府・行政がこぞって「LRTは儲かる訳がない」等と赤字の可能性があるとして輸送容量等の引き下げが行われた栃木LRTであるが、結果として5700万の黒字経営であったと発表した。TXも儲かる訳がないとか鼻で笑っていたが、政府が鼻で笑う路線こそ蓋を開けてみるとボロ儲けというのが実態でTXに続いての判断ミスであり国交省は大いに反省するべきで鉄道路線としては歴史に残る希有な成功例と言えるだろう。
開業当初は「ホンダ従業員だけが使う路線になるのでは」と言われていたが、車線を削って既存のバスルートと統合して作られた経緯もありさらなる渋滞を避けようとする地域住民等に使われた結果であり、幸いなのはTXと違って地上路線なので改造や延伸が容易な所であり、もっと言えば車両の増結も簡単にできるのは大きなメリットと言えるだろう。LRTと言えども鉄道路線の新規開業という事で、開業日は地域の店舗等が一斉に祭り上げていたのは感慨深い部分であり、今後地域と共に客のみならず地域の想いを乗せてどのような成長を遂げるのか見守っていきたい所である。