トヨタ・スズキ・ホンダ等で不正発覚 自動車業界の闇炙り出す鉄オタ大臣

自動車メーカー側の申告により、トヨタ・スズキ・ホンダ等で不正があったと国交省が発表した。いずれも試験数値の偽装や書類の書き間違え等の軽微なものであり市場に出回る製品品質に直結する物では無いかもしれないが、間接的には安全に影響するだろう。
国産車は故障も少なく外車に比べて安価である一方、業界関係者からは「新車開発のスパンが短すぎる」「不正があっても言えない企業風土に問題」「ダイハツに限らずどの自動車メーカーも同じ」「いつか発覚すると思っていた」「製造は流れ作業で1分で取り付けろとか無理」「レーンを止める事は許されない」「止めても良いと言われているが止めたら怒鳴られるのが現実」といった意見もありこの部分の改善が求められるだろう。
当方もその友人も今回リストに上がったメーカーの車を所有しているが、本来工場で取り付けられるべきUSBソケットが1個付いていなかった。本社に確認して誤りであると判明して販売店側で無償で取り付けてもらったが、このように安全に支障の無い部分は異常と判断してもスルーして出荷するようなケースは多いのかもしれない。
自動車は国土・経済に大きな発展をもたらすという事で多少不正をしても大目に見られCM等が多数ある事からテレビ番組等でも悪いイメージで報道されずほぼ毎年のように成長を続けてきた自動車業界であるが、いつまでもそれは通用しない。現在の国交相はサンライズを止めると激怒するサンライズ好きの鉄オタ大臣でありビッグモーターの件も含めて自動車業界の闇を次々と炙り出しているように見えるが、少なくともリニア問題が動くまではこの人なので自動車業界は渋々我慢して粛々と処分を受け入れるしかないだろう。