JR東など鉄道8社、磁気乗車券廃止しQR移行発表 新体系運賃も可能に?

JR東など主に都内で鉄道を運営する8社は、共同で2026年度からQR乗車券を開始すると発表した。

磁気乗車券の廃棄等が手間という部分や、改札による紙詰まりが起きるのが主な理由としており、入出場実績は8社が共同で運営するサーバーで管理する事で、仮に会社を跨いで乗車しても有効なフリーきっぷ等も運用可能になるとしている。特に駅の多い都内では、将来的には会社を跨いで乗車しても発駅から着駅までの距離または一定の範囲内は定額といった形で運賃が計算されるのが望ましい。また、QRは作る側・読み取る側共に大幅なコストダウンが見込めるのが大きな特徴である。例えばえきねっと等で購入後そのまま表示といったように客がスマホでQRを生成する事も可能になり、無人駅等では乗務員が業務用スマホでQRを読み取ったりする事も可能になり、コストカットが求められている中、浮いたコストを他に使う事ができるようになる技術と言えるだろう。8社に続く他社の参画も募集中という事で、どういう運用になるのか今後に期待したい。