静岡知事選、知名度ゼロでも65万票の奇跡 ステルス自民が奏功?

静岡県知事選について、岸田総理は「結果を分析して国政に生かす」とコメントしているようだが、今頃本部で色々分析しているだろうが本音は「知名度のない候補かつ自民があれだけ批判され相手候補に大きな差を付けて負けると思われていた割には良く取れた」と思っているはずだ。自民側も大村氏が厳しい戦いになる事は薄々分かっていたはずであろうが、ここまで県民に爪痕を残すのは予想していなかったはずで相乗りしても面白くないので、あえて違う人を推薦したのだろう。
自民は選挙戦において、極力自民色を隠す「ステルス自民」の選挙戦を展開した。幹部クラスを投入せず、自民というワードも極力言わずに候補の応援弁士に徹したのである。静岡知事選で大きな効果があったと判断し、おそらく都知事選でもこの技を使うのだろう。知事選は一般的に無所属の候補が多いのでこの技が使えるが、国政選挙では政党名の投票なのでどうするかは工夫の必要があると言えるだろう。自民は選挙のプロと言っても過言ではない訳で最近は政治もエンタメに傾きつつあるが、いかに若者等に投票に行かせて投票率を上げられるかが問われていると言えるだろう。