固定回線OCNを解約する方法 個人用途で固定回線は不要?

特に賃貸物件に住んでいる人や、動画は見ずWebサイトしか閲覧しないという人を中心に昨今の物価高騰で生活が成り立たない事から固定回線を解約する人が増えているようだ。1500円程度の固定回線であれば維持できるという人もいるかもしれないがADSL時代はそうだったが今は4000円程度が殆どであり、そして最近は携帯のテザリング機能を使えば30GB等の縛りはあるがパソコンをネットにつなげる事はできる訳で、数人程度しか接続しない場合は常時接続のメリットも薄いのが現状である。

解約画面はこのような感じになっており、なるべく解約させないような画面になっているので注意。

解約手続きに進むを選択し、現在契約しているサービスを選ぶと解約となる。NTTからレンタルしている機器等は後日郵送で返却となる。テザリングの速度も実測30Mbps程度は出ており、各キャリアの料金プランによるが月30GBという容量制限はあるが日々サイトを見る程度であれば困る事はないのが現状であり、固定回線業界も工事したくない、家に人を入れたくない、価格が高すぎるというニーズを踏まえ新規契約はキャッシュバックとして半年や一年後に現金を返しますではなく月々の価格を下げる商品設計が必要と言えるだろう。