ファミマ、国内最強のカスハラ対策実施 他企業に広まるか?

現時点で公式サイトに公開されていない施策でオーナーと称するXアカウントでのポストを見かけたが、ファミマにおいて国内最強のカスハラ対策を実施したようだ。それは「名札のハンドルネームを認める」というものである。カスハラ対策をどうするかと悩んでいる企業は多いはずであるが、客にとって角が立つ部分で名札廃止ともいかない訳で、これ以上ない結論に行き着いたと言えるだろう。

ただし「どうするかは店舗判断」「何かあった時は店舗責任」「不快な名前等は不可」という条件が付いているが、例えば本来の名前が高橋さんだとしてそれが田中さんに変わった所で実害は何もない上、名札をわざわざジロジロ見て読み上げようとするシニア世代にとっては大きな抵抗力になり得るのは間違いない。9割以上の健全な客からすればわざわざジロジロ名札を見る事は無い訳で、将来的に名札廃止になり得るのか今後に期待したい。