JR東、東京駅再開発も新幹線⇔在来線シームレス乗換を推進すべき


JR東が東京駅を再開発して魅力的な駅にすると表明したが、駅付近で仕事をしているという人もいるかもしれないが東京駅の利用目的の半分ぐらいは在来線・東北/上越/北陸新幹線・東海道新幹線の乗換需要である事は明らかだろう。

現状迷路みたいな駅になっているので、東・東海の敷地を一旦全部統合して全国どこの誰が来ても分かりやすい駅にすべきである。例えば上野東京ラインから東海道新幹線に乗りたい客はどう歩けば良いか、東海道新幹線から東北新幹線に行きたい客はどう歩けば良いか、現状はかなり分かりづらいのが現状で案内窓口もどこにあるか分からず路頭に迷う鉄道初心者は多いはずである。みどりの窓口も東京駅に関しては両社統合して、新幹線改札口・乗換改札も現在の倍ぐらいの量に増やすべきである。もちろん駅ナカ整備も重要であるが、柔軟に対応していくという事であれば基礎の基礎である乗換部分についてハード面での改善を進めてもらいたいものである。