福田知事、快速ラビット半減で要望活動示唆 JR東を口説けるか?


栃木県の福田知事が、今春のダイヤ改正で快速ラビットが半減され通勤通学等に甚大な影響が出ているとして、JRに要望する可能性を示唆した。

快速ラビットは宇都宮線を走るその名の通りウサギであるが、本数が減らされたようである。新幹線や特急をご利用下さいと言われればそれまでであるが、JRも一応利潤を追求する民間企業なので「何もしなければ廃止にします。何かしてくれたら考えますよ?」が本音であり復活の鍵になるのはやはり観光だ。例えば宇都宮はビジネス・観光どっちつかずといった街であるが、観光部分で言えば宇都宮駅の新幹線改札から出てきた人にとちおとめ・とちあいかを1口食べてもらうとか、ギョーザを食べてもらう、県内全駅をいちごポスターでジャック、自動車ではなく列車に乗っていちご・ギョーザを食べよう等の宣伝、いちごの食べ比べ、いちご観光列車を走らせる等、シャイな県民が集まる行政だとしても様々な施策を打つ事はできるはずだ。東海のリニア問題とまさに逆の事が起きており、もはや東も観光会社であり行政が観光施策を打った規模や数に応じてダイヤ改正の方向性を決めるのが東のスタイルなので、ただ文句を言うだけではなく何が出来るのか、いちごのように甘い福田知事の腕の見せ所と言えるだろう。