高速の暫定二車線問題 安全性低く危険で事故多発?!

暫定2車線とも呼ばれる片側1車線の高速は、以下の点で問題がある。
・前の車が遅いと追い抜けない
所々に追い越し車線があるが、前に遅い車がいると長時間我慢するハメになる。車線が増えたり減ったりも面倒くさい。追い越し車線は警察の絶好のねずみ取りスポット。
・制限速度が70km/hに制限される
片側1車線の高速道路は機械的に制限速度が70km/hに制限される。
・そもそも事故が起こりやすい
開通を急ぐために簡単なポールでしか仕切られていない区間も多く、それが事故を誘発する。
・事故が起きた時の渋滞の長さや影響時間の長さ
ひとたび事故が起きると事故が起きた車線は封鎖される。しかも1車線なので事故が起きたということはその方面行きの車は一切シャットアウトということになってしまう。影響が甚大だ。
また反対車線にも事故が絡んでいた場合は上下線共に封鎖となりかなり大規模な影響となる。

これでも高速道路だ。

ネクスコや役所の言い分としては「お金がない」ということで、とりあえず片側1車線で開通して交通量が増えてきたら横に橋梁をもう一本立てて片側2車線にした方がお金が安く済むということらしいが、なら最初からそうしろよという意見も当然あるだろう。ここ数年の新規開通の高速は照明すらなかったり、キロポストも車線の真ん中に置いたりボードを貼り付けるだけなどコストカットが著しくお金がないのがしみじみ伝わってくる。ただ役所は理由・根拠がないと動かないので、「開通後年々車両数は増加し、今では片側2車線の基準である1日1万台を突破しようとしている」などという数値でのデータが必要だ。ふたは開けてみないと分からないのでまずは開通させてデータを取るというのが最近のやり方なのだろう。

有料道路で金を取ってるのにポールの分離帯はどうなんだという世論の批判の高まりを受けて、分離帯をワイヤーなど頑丈なものにしますとか4車線工事をしますとか発表しているが、実現は2年後や3年後だ。それまでにも事故はバンバン起きる。片側1車線の高速はなるべく回避し、どうしても走らなければならない場合は心して走ることが重要だろう。極論として片側1車線の高速は高速ではないと考える人も多い。ネクスコは早急に片側1車線は2車線にし、地方など必要のない部分はせめてポールではなくワイヤー式の中央分離帯にすべきだろう。