コンビニ 新コーヒーマシン導入をあらかじめ知る方法

コンビニの新コーヒーマシンといえば発表されるたびに話題になりますが、発表されても全店導入には1年ぐらいかかります。基本的には「売れている店」「設備が古い店」などを優先にし、そのあと各オーナーに交渉して導入を了承すれば導入が決定します。契約によっては追加料金がかかる場合があるので導入を渋るオーナーもいます。なので隣の店は新しいマシンなのに、この店はいつまでも古いマシンということもあり得ます。

さて、新しいマシンの導入は導入後に旗などで宣伝することはあっても、導入前は基本的に客に予告されることはまずありません。しかし、店には1か月前には導入交渉、交換確定1週間前には少なくとも通知がいっています。アルバイト店員に聞いても知らないと言われると思いますので、店長やオーナー、あるいはそれに匹敵する主婦等に聞いてみてください。電話をかけて後日店長経由で折り返しという形にしてもらうのもよいでしょう。

毎日利用している常連客からすればマシンが変わると操作方法ややり方(オペレーション)も変わるので迷惑かもしれませんが、毎日支払ったコーヒー代でマシンが作られたと考えると納得のいく部分もあるでしょうからそう考えて受け入れていくしかないでしょう。