Android バッテリー性能を調べる方法

Androidで電池持ちが悪いという人もいるかもしれないが、もしそれが中古端末や3年以上使っている端末であればバッテリーが劣化している可能性がある。バッテリー寿命の劣化とはどういうことかというと、容量が減る現象で例えば最初は3,000mAhだった容量がだんだん充電できなくなり2,000mAhなど容量が落ちてしまう。すなわち同じ使い方をしていてもバッテリーの容量そのものが減ってしまうのだから電池持ち時間が減るのは当然だろう。こうなると買い替えか交換サービスを使って交換するしか方法はない。

さて今回は素人でも簡単にバッテリー寿命を知る方法を書いておくので参考にしてもらいたい。一部機種で操作方法が異なる場合があるがその場合は似たような項目で画面遷移するとよいだろう。
設定→端末情報→バッテリー情報 と遷移するとバッテリー性能の欄がありリスト表示またはポップアップ表示で知ることができる。
内蔵電池の充電能力は良好です(80%以上)と書かれていれば正常だ。70%、60%となることもあるがこれも正常の範囲になるようだが、数字が80でなくなったら買い替えを検討した方がよいだろう。なお一部のキャリアでは%部分を表示させないカスタマイズがされている場合があるが、良好と出ていれば60%以上と判断して差し支えないだろう。
ちなみに内蔵電池が劣化しています(50%以下)と表示されるケースもあるらしい。こうなった場合でも使用に支障は無いが、バッテリー的にはすぐにでも買い換えた方がよいだろう。
なぜこのような診断ができるかというと、バッテリー内部に工場出荷時の容量を記憶させておき充電を繰り返す中で工場出荷時の基準を満たさなくなると70、60、50と数値が落ちていく仕組みになっているようだ。スマホを買い換えようか迷っているという人はバッテリーの性能劣化を一つの目安にするのもよいかもしれない。