アマゾンすら太刀打ちできない出版業界の再販制度

アマゾンは雑誌や書籍を値引き販売したいと考えているようだが、雑誌や書籍は日本国内では定価販売が原則である。日本では日販とトーハンという二つの取次業者が牛耳っており、アマゾンはそれに入り込む隙がないということだ。彼らが作り上げた定価販売・返本制度によって日本の出版業界は良くも悪くも発展してきたわけだが、アマゾンにとってこれらの業者は気に入らないわけである。

そこで出版社と直接交渉することで一括買い切りシステムを作るということが報道された。要は取次を介さず出版社と直接取引すれば定価販売や返本などに縛られずに済む。売れないと自宅にどっさり本が返ってくるのは著者にとっては困るわけだ。値引きしてでも売れればいいと考える著者もいるだろう。現に電子書籍では値引きが行われているわけで、何もアナログの雑誌や書籍は値引きしてはいけないという法律はどこにもない。取次および業界が勝手に決めているだけである。

アマゾンは一般商品について革命をもたらし、雑誌についても定価やそれに近い価格での販売は行ってきたが、もう一歩さらに踏み込む形になるわけで取次は恐々としているはずだ。ある意味今の制度はガラパゴスというか閉鎖的な気もするので、アマゾンがこの現状をどう変えていくのか今後の動向を見守りたい。