この10年でPC-DEPOTはアップルストアになった

PC-DEPOTといえば有名なPCショップとして有名だったが、今ではアップル製品がメインになっており通信屋、総合家電量販店みたいな位置づけになってしまっている。アップル製品を取り扱うことで多くの客が来ることが期待されるが、これは私の想像だがアップル製品の取り扱いとロゴの使用を認める代わりに多額のロイヤリティ支払いと「入り口に大きなポスターを掲示すること」「売り場の50%はアップル製品にすること」などの要求をのんだに違いない。
これらの要求をのんだのか、最近のPC-DEPOTは一般人には受けるがマニアにはつまらない店になってしまっている。昔は変わった海外のデジモノなどを扱っていたりワゴンで安売りもしていたが、最近はそういうものは撤去。Windows Vistaや7が出てきた頃の10年前のDEPOTのほうがワクワク感はあった。ドンキのようなワクワク感がない。

以前に報道されたように最近は修理サービスで儲けているのが現状だ。PCが売れないので通信に手を出し、アップル製品に手を出し、修理や中古の再販など、昔の概念から離れて儲かるものには何にでも手を出している印象だ。確かに時代に合わせて方向性を変えていくのは重要だろうが、ここまで変えてしまうと昔ながらのファンも離れてしまうだろう。PCパーツはアマゾン等の通販の台頭で簡単に手に入れられるようになってしまった現在、対面商売で契約を取る昔ながらのスタイルに回帰したのかもしれないがドンキのようなワクワク感を望んでいる客もいるに違いない。