洗濯してしまった千円札、一万円札は日銀へ!

洗濯したお札は、縮みます。程度にもよりますが、1mmからひどいと1cmに及ぶ場合もあり、硬くなり透かしや凹凸印刷も判別しにくくなります。縮んだ幅が1mm程度なら受付できますが、1cmにもなると人間であっても偽札のように感じます。アイロンを掛けたり干したりしても回復効果は微々たるものです。
自販機で使えないのでスーパーやコンビニの人間のレジに持ち込みましょうと書いているサイトが多いですが、偽札判定の余計な手間が増えるのでおやめください。お札は大切に、綺麗に扱うのが基本というか常識なわけですから洗濯してしまったものは洗濯した人に責任があります。最寄りの銀行に相談するか、日銀に行けば交換してくれます。交番や警察に相談するのもよいでしょう。

洗濯したお札が価値がないと言うわけではありませんが、縮むという点で誤解を与える可能性、また自動釣り銭機詰まりやトラブル、ATM売上の送金や取引の支障になりますので、基本的に一度洗濯したお札は店では使わないようにしましょう。