バイトの履歴書不要はなぜ不要?嘘?気になる点や対策解説

今コンビニなどを中心に、面接時の履歴書を不要とするアルバイトが増えてきている。

人手不足のご時世、履歴書要求するなら行かない、個人情報を書きたくないという人が増えてきているためだ。外国人の場合、日本語は話せるが書けないという人も多い。つまり正社員ならともかくアルバイトレベルで履歴書を要求すること自体が時代遅れなのである。労基法などの法律でも履歴書が必要という文言はどこにもないので口約束で契約して勤務することも可能だ。
学生ならともかく一般の場合で職歴や学歴などを見ることは少なく、特にコンビニバイトレベルであれば中卒も高卒も大卒も関係無いし、とにかく求められるのは「シフトに遅刻せず出られるか」「金品を盗む等の不正をしないか」「レジが打てるか」これのみである。
また履歴書の顔写真を撮るのにもお金がかかる。受かるかどうか分からないのに数百円払うのは赤字と言うことだ。履歴書欄にある趣味などはもはや就労に関係が無いし職歴は面接で話せば事足りる話、さらに緊急連絡先も面接で聞けば事足りる話だ。

会社が直接運営する直営の場合は上司に稟議を出すため履歴書が必要というのは理解できるが、コンビニの場合は95%以上がフランチャイズ、つまりワンマン経営(個人事業主)で従業員の応募や採用は全て店長に任されている。もちろん緊急連絡先など最低限は保存すべきだろうが、その過程で履歴書があろうとなかろうとどうでもいい話なのだ。
履歴書を無くせばバイトをスムーズに採用できる。今のご時世個人情報にうるさく、少しでも逸脱したことをするとすぐツイッターに書かれる時代。地域の評判が売上を左右するコンビニのような小売業では時代を読む能力が求められる。
「履歴書不要」「週0日」など、これからの時代は柔軟な思考ができる経営者のみが生き残る時代なのかもしれない。