コンビニ700円クジの実態激白 必勝法・当たる確率はウソ!

コンビニでは「スピードくじ」「ファミマフェスタ」「セブンイレブンフェア」など700円以上買うとクジが引ける企画がありますが、この裏側について説明したいと思います。
内部を知らないくせにウソをコロコロ書いているサイトを多く見かけますが、本ページでは事実を書きたいのできちんと否定させて頂きます。
大事なことを先に言っておきますが、裏技も必勝法もコツもありません。

・なぜ700円なのか 開催期間は?
コンビニではほとんどの店が、客単価650円前後となっており(駅ナカなどは除く)
もう一品買ってもらうことで見た目の売上、客数、客単価を上げようという取り組みです。実際200円くらい上がります。
※くじの引換だけの場合でも売上、客数、単価に計上されます!
そういうわけで店員には何のメリットもありません。本部のプレスリリースで常に前年比超えを達成するための客寄せパンダでしかありません。「700円ごと」になっているのは売上を客数で割ると1,400円が1人と700円が2人は数字上は同じになるから認めています。
タバコを700円以上買うとクジを引けますが、本来タバコの値引は禁止されています。(たばこ2箱で菓子プレゼントも実質値引です)
ただ必ず当たるわけではなく外れもありますので、行政は目をつぶっているだけに過ぎません。
収納代行やPOSAカードやチケット類は、チェーンにもよりますがプレスリリースの日販に含んでいないためクジ金額のカウントにはなりません。

クジ開催期間はいつ?というサイトも多くありますが、だいたい春夏秋冬、年に3~4回あります。数日前になると店頭に予告POPが掲出されます。
いつ開催するかは本部が決めることで、消費者側での予想は不可能です。一般的に本部にとって数字が欲しい時期に開催されます。
必勝法は?というサイトもありますが、これもウソ。必勝法など存在せず、当たるかどうかはぶっちゃけ運です。
クレームするという方法もありますが、おそらく必ずもらえると思いますが、たかが数百円の商品と考えると割に合わない方法。もちろん店長のビデオ確認がないともらえないと思いますが。
箱の手前でごにょごにょすれば、と書いているサイトもありますが、頭の固い店員にバレると超めんどくさいことになるので自己責任で。唯一客ができることは1回ごとにシャッフルすること・指示された枚数より多く引いて「間違えちゃいました~どうすればいいですか?」ってやるのが自然かと。無言で勝手に多く引いて当たりだけ抜き取る客がほとんどですけどね。やはり腹黒い。そこまでしたらもはやクジではないというのが私の考えです。
一応大手チェーン同士ではその効果の測定が厳密にできるよう、クジ実施期間をあえてずらしています。(談合ではないのか?)
また、「客単価が700円を超えている店は実施していない」というサイトもありますが、これはウソです。
700円クジは店の裁量で実施している物ではなく、本部の施策であるため全店強制です。駅ナカなど特殊立地は免除されるかもしれませんが、通常の店で実施しませんということはできません。オーナー裁量で実施しない選択をすると、店は指導対象となります。

≪このページは分割されています。続きを読む≫

“コンビニ700円クジの実態激白 必勝法・当たる確率はウソ!” への21件の返信

  1. ローソンのくじは当たっても訳分らん錠剤2個とかいらない商品30%引きとかろくなのしかないから開けずに捨ててる。店員が可哀そうだから引いてるだけ。
    7はよく当たるし貰った商品で良かった物は次から買うようになる。

コメント