都内セブン灰皿撤去 時代の流れ?

セブンイレブンが、都内の加盟店について灰皿を撤去するよう要請したという報道があった。あくまで要請で強制力はないということだが、タバコを売るコンビニがこのような決断を下すのはゴミ箱撤去に続き大英断、画期的だ。店長が非喫煙者なら撤去、喫煙者なら存続の方向になるだろう。「売るだけ売っておいて灰皿がないのはどういうことだ」というコメントもあるが、スーパーやドラッグストアでもタバコは売っているがなぜ灰皿がないのかという話になる。コンビニにあれもこれも求める時代はもう終わりなのだ。コンビニエンスの終焉と言っても過言ではないだろう。
都内ではロードサイドというよりも住宅立地で上にマンションがあったり住宅が近いなど人が密集している場所が多い。こういう場所に灰皿を設置すると煙で非喫煙者の客のみならず店員にも不快感を与えているという判断になったのだろう。非喫煙者が不快になり揚げ物を買うのをあきらめて帰っていたとしたらかなりのロスだ。現実に、外で吸っていて店内に煙が入ってきても非喫煙者は敏感なのでその匂いにすぐ気づく。喫煙者からすれば外だからいいだろうという話なのかもしれないが、きちんと決められた場所(室内で換気設備のある場所)で吸うか、平成の終わりをいい機会にきっぱりと禁煙していただきたい。

他社が追随してくるかという話だが、コンビニはたばこメーカーとズブズブの関係である。毎月売価で300万円以上のタバコを発注してくれる上得意様だ。店内の広告もJTや各種たばこメーカーと契約して広告を置いてくれたら数千円払いますよという契約になっている。そのため今回はセブンとたばこメーカーで協議して決めたのかもしれないが、それを全国に拡大するか、はてまた他社がどうなるかはたばこメーカー次第というところかもしれない。