「家庭ゴミはご遠慮ください」コンビニゴミ箱の現実

コンビニやスーパーなどでゴミ箱に「家庭ゴミはご遠慮ください」とあるが、家庭ゴミとは家で出た生ゴミなどの持ち込みの事を指していると考えている人が多いだろう。
実はこれは、その店で買ったもの以外のゴミすべてが家庭ゴミという定義なのだ。本当は「他店のゴミ禁止」と書きたいところだがそう書くと角が立ち客が減ってしまうので、あえてぼかした表現にしている。「カメラ監視中、不法投棄は警察に通報します」ぐらいガツンと書かないと今の時代は効果がないだろう。

例えばコンビニにおいても、マナーを守らずマックやスタバ、ジャンプや新聞、軍手、他社コンビニのゴミを堂々と捨てている客が多い。その後店内で何か買えばまだ話はわかるが、何も買わず立ち去る客も多い。店員は見ていないと思われがちだが、客数の少ない時間帯であれば客の行動は大体把握できる。「あの客また…」などと店員の話題になっているに違いない。

またカップ麺や汁物など、きちんと蓋をしていないがために交換時に店員の手やズボンが汚れることもある。中食など蓋ができるものは蓋をする、蓋ができないものはせめて買ったときのレジ袋でくくるなど、捨てるなら捨てるで最大限の配慮はすべきだろう。
ゴミ処理の代金は各店が負担している。契約によるが、一袋いくらとなっている店もある。こういう事情も踏まえた上で、家庭ゴミは各自で家まで持ち帰り、その店で買った商品を捨てる場合でも気軽にポイと捨てているかもしれないがその後誰が処理するかまで考えて行動するとよいのかもしれない。